Office 2016 でウォーターフォール図を作成する

Office 2016 でウォーターフォール図を作成する

ウォーターフォール図には、値の増減が示される累計が表示されます。これは、最初の値 (たとえば、純益) が、一連の正の値または負の値によって、どのように増減するのかを把握するのに役立ちます。

それぞれの縦棒は、正の値を示すか負の値かがわかるように、色分けされます。 最初と最後の値の縦棒は、多くの場合水平軸を基点として表示されますが、途中の縦棒は他の値を基点として (浮いて) 表示されます。 この外観から、ウォーターフォール図はブリッジ図と呼ばれることもあります。

Office 2016 for Windows のウォーターフォール図の画像

ウォーターフォール図の作成

  1. データを選択します。

    ウォーターフォール図のサンプルの作成に使用されるデータ
    上のウォーターフォール図の例を作成するために使用されたデータ
  2. [挿入]、[ウォーターフォール図または株価チャートの挿入]、[ウォーターフォール] の順にクリックします。

    ウォーターフォール図を挿入するリボン コマンドを示す画像

    [おすすめグラフ] の [すべてのグラフ] タブを使用して、ウォーターフォール図を作成することもできます。

ヒント: グラフの外観をカスタマイズするには、[デザイン] タブおよび [書式] タブを使用します。 これらのタブが表示されない場合は、ウォーターフォール図の任意の場所をクリックして、[グラフ ツール] をリボンに追加します。

[グラフ ツール] の [デザイン] タブと [書式設定] タブ

水平軸を基点に小計または合計を表示

データに小計または合計に相当する値 (たとえば、純益) が含まれている場合は、そのような値が水平軸 (値 0) を起点として (浮いた状態ではなく) 表示されるように設定できます。

  • データ ポイントをダブルクリックして [データ要素の書式設定] 作業ウィンドウを開き、[合計として設定] チェック ボックスをオンにします。

    Office 2016 for Windows で [合計として設定] オプションがオンになっている [データ要素の書式設定] 作業ウィンドウ

    注: 縦棒を 1 回クリックすると、データ ポイントではなくデータ系列が選択されます。

    縦棒を「浮いた」状態に戻すには、[合計として設定] チェック ボックスをオフにします。

    ヒント: データ ポイントを右クリックし、ショートカット メニューから [合計として設定] を選んで合計を設定することもできます。

コネクタの表示/非表示

コネクタは、それぞれの縦棒の終点とその次の縦棒の起点を接続して、図中のデータの流れをわかりやすく示します。

  • コネクタを非表示にするには、データ系列を右クリックして [データ系列の書式設定] 作業ウィンドウを開き、[コネクタを表示] チェック ボックスをオフにします。

    Office 2016 で [コネクタ ラインの表示] チェック ボックスがオフになっている [データ要素の書式設定] タスク ウィンドウ

    再びコネクタを表示する場合は、[コネクタを表示] チェック ボックスをオンにします。

ヒント: ウォーターフォール図の凡例では、データ ポイントが [増加]、[減少]、および [合計] というタイプごとにグループ化されます。 凡例のいずれかのエントリをクリックすると、そのグループに含まれるすべての縦棒が強調表示されます。

ウォーターフォール図とその使用法に関するその他の記事としては、Excel チームによるウォーターフォール図に関するブログ投稿を参照してください。 また、このブログ投稿で説明されているその他の新しいグラフの種類を学習すると役に立つ可能性もあります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×