Office 2010 のライセンス認証を行う

ほとんどの場合、Office 2010 のライセンス認証を行うにはプロダクト キーが必要です。 プロダクト キーの場所

オンラインで Office 2010 をライセンス認証する

  1. [ファイル]、[ヘルプ]、[ライセンス認証キー] の順にクリックします。

    [ライセンス認証キー] ボタンが表示されない場合、ソフトウェアは既にライセンス認証されているため何も行う必要はありません。

  2. ライセンス認証ウィザードの手順に従って操作します。

インターネット経由でライセンス認証を行うときに接続速度が遅い場合は、電話でライセンス認証することができます。

電話で Office 2010 をライセンス認証する

  1. ライセンス認証ウィザードで、[ソフトウェアのライセンス認証を電話で行う] を選びます。

  2. お住まいの国または地域を選び、お住まいの地域の電話番号を見つけます。

    耳の不自由な方のために、Microsoft テキスト電話 (TT/TTY) サービスが用意されています。米国内にお住まいの方は、TT/TTY モデムを使用して、電話番号 (800) 718-1599 におかけください。米国以外の国にお住まいの方は、TT/TTY モデムを使用して、電話番号 (716) 871-6859 におかけください。TT/TTY サービスは、英語でのみ提供されています。

  3. ライセンス認証専門窓口に連絡すると、インストール ID (画面に表示されます) と他の関連情報を尋ねられます。 インストール ID の確認ができると、確認 ID をお知らせします。

  4. ライセンス認証ウィザードで、画面下部の領域に確認 ID を入力し、Enter キーを押します。

ヒント: 引き続き Office をライセンス認証できない場合は、ライセンス認証窓口に電話をかけて、何も入力せず何も言わないようにします。 サポート担当者に転送されます。

別のコンピューターまたは復元されたコンピューターで Office 2010 をライセンス認証する

Office 2010 ライセンスを使用して、同じコンピューターに Office を再インストールすることができます。複数のコンピューターで Office をライセンス認証できるライセンスもあります。 しかし、Office をライセンス認証しようとしたときに、インストール回数の制限を超えていることを示すメッセージが表示された場合は、ライセンス認証ウィザードの電話オプションを使用して、サポート技術者にお問い合わせください。ライセンス条項で許可されていることの詳細は、お使いの Office 製品の「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読む」を参照してください。

Office 2010 をライセンス認証しない場合

ソフトウェアをライセンス認証しない場合、最終的に Office 2010 が機能制限モードに切り替わり、ファイルを表示できても編集できなくなります。 その後でも、[ファイル]、[ヘルプ]、[ライセンス認証キー] の順にクリックすればライセンス認証できます。 ライセンス認証ウィザードで、電話でライセンス認証するオプションを選び、ライセンス認証窓口に電話をかけて、何も入力せず何も言わないようにします。 サポート担当者に転送されます。

関連項目

Office のボリューム エディションのライセンス認証を行う

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×