Office 2010 以降で別の言語を使用できるようにする

Office 2010 以降で別の言語を使用できるようにする

Office の言語のオプションを使用して、言語を追加したり、ヘルプやポップ ヒントの表示言語を選択することができます。

Office 2016、Office 2013、Office 2010 では、言語のオプションは、[Office の言語設定を実行します] ダイアログ ボックスにあります(Office 2007 の場合は、「Office 2007 プログラムで別の言語を使用できるようにする」を参照してください)。表示言語とヘルプ言語は個別に設定できます。たとえば、すべてをオペレーティング システムの言語と一致させることも、オペレーティング システム、編集、表示、ヘルプで複数の言語を組み合わせて使用することもできます。

Word 2013 の言語設定

利用できる言語は、Office のバージョン、追加した言語パック、言語インターフェイス パック、あるいはお客様のコンピューターにインストールされているポップ ヒントの言語によって異なります。校正ツール、表示画面、またはヘルプの言語のうち必要なものが利用できない場合は、言語パックまたは言語インターフェイス パックを入手してインストールする必要がある場合があります。詳細については、「言語パックまたは言語インターフェイス パックが必要かどうかを確認する」を参照してください。

Office プログラムに言語を追加するには、編集言語を追加します。編集言語は、キーボードのレイアウトとその言語の校正ツールで構成されます。校正ツールには、スペル チェックおよび文章校正のための辞書、または段落の方向ボタンなどの言語固有の機能が含まれます(既定の編集言語がリストの上部に太字で表示されます。これは必要に応じて、目的の言語を選び、[既定に設定] をクリックすることで変更できます)。

  1. Office プログラム (Word など) を開きます。

  2. [ファイル]、[オプション]、[言語] の順にクリックします。

  3. [Office の言語設定を実行します] ダイアログ ボックスの [編集言語の選択] で、[他の編集言語を追加] の一覧から追加する言語を選択して、[追加] をクリックします。

    追加した言語が編集言語の一覧に表示されます。

[キーボード レイアウト] 列に [無効] が表示されている場合は、次の操作を実行します。

  1. [無効] リンクをクリックします。

  2. [言語の追加] ダイアログ ボックスで [言語の追加] をクリックし、一覧で言語を選んで [追加] をクリックします。

  3. [言語の追加] ダイアログ ボックスを閉じます。 [編集言語の選択] で、[キーボード レイアウト] の下にその言語が [有効] として表示されます。

[文章校正] 列に [インストールされていない] が表示されている場合は、言語パックまたは言語インターフェイス パックを入手して、お使いの言語の校正ツールを入手する必要がある場合があります。

  • オンラインで必要な言語パックを入手して、[インストールされていない] リンクをクリックします。

表示言語およびヘルプ言語は、メニュー項目、コマンド、タブなどの要素を表示するため、さらにはヘルプ ファイルを表示するために Office で使用される言語です。

既定の言語がリストの先頭に太字で表示されます。表示言語とヘルプ言語のリストで言語が並ぶ順番は、Office が使用する言語の順番になっています。たとえば、表示言語の順番がスペイン語 <既定>、ドイツ語、日本語で、コンピューターからスペイン語言語ツールが削除された場合には、ドイツ語が既定の表示言語になります。

既定の言語を設定するには:

  1. Office プログラム (Word など) を開きます。

  2. [ファイル]、[オプション]、[言語] の順にクリックします。

  3. [Office の言語設定を実行します] ダイアログ ボックスの [表示言語とヘルプ言語の選択] で、使用する言語を選び、[既定に​​設定] をクリックします。

どの Office アプリケーションでどの言語が表示されるか

Office を仕事に適するようにカスタマイズして複数言語を使用している場合、すべての Office アプリケーションを調べて、それぞれの既定の表示言語を確認できます。

  • [Office の言語設定を実行します] ダイアログ ボックスの [表示言語とヘルプ言語の選択] で、[インストールされた表示言語を Microsoft Office のプログラム別に表示] をクリックします。

ページの先頭へ

注: この機能は、Excel、OneNote、Outlook、PowerPoint、Publisher、Visio、Word の Office アプリケーションでのみ利用できます。Office 2016 プログラムでは利用できません。

ポップヒントは、ボタン、タブ、ダイアログ ボックス コントロール、メニューなどの表示要素にマウス ポインターを合わせたときに表示される小さいポップアップ ウィンドウであり、状況に応じた短いヒントが表示されます。1 つの Office アプリケーションにポップヒントの言語を設定すると、インストールされているすべての Office アプリケーションに適用されます。

  1. Office プログラム (Word など) を開きます。

  2. [ファイル]、[オプション]、[言語] の順にクリックします。

  3. [Office の言語設定を実行します] ダイアログ ボックスの、[ポップヒント言語の選択] で、ポップヒント言語を選びます。

    注記: 

    • この機能は、Office 2016 では使用できません。

    • 目的の言語が表示されない場合は、[他の編集言語を追加] をクリックして、言語サービスを追加してください。[Office.com からその他のポップヒント言語を取得する方法] をクリックし、ダウンロードとインストールの指示に従います。

    • 新しいポップヒント言語をインストールすると、その言語が既定のポップヒント言語になります。

ポップ ヒントの詳細については、「ポップ ヒントの表示と非表示を切り替える」を参照してください。

ページの先頭へ

関連項目

Office 2007 プログラムで別の言語を使用できるようにする

キーボード レイアウトの言語を有効化または変更する

Office 2010 以降で別の言語でスペル チェックと文章校正を行う

自動言語検出をオンにする

キーボード配列を周囲の文字の言語に合わせて自動的に切り替える

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×