Office 2010 クイック実行の詳細

Microsoft Office クイック実行では、Microsoft のストリーミングおよび仮想化のテクノロジを使用して、Microsoft Office 2010 の新機能をダウンロードして使用を開始するまでの時間を大幅に短縮しています。 現時点では、Office クイック実行を使用して利用できるのは Microsoft Office Home and Business 2010、および Microsoft Office Starter 2010 のみであり、これらには Office 2010 の Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Word Starter、および Excel Starter が含まれています。

Office クイック実行を使用する理由

Office 2010 でサポートされているオペレーティング システム

アドインの動作状況

Office クイック実行を使用する理由

インターネットの接続速度が適切であれば、数分で Microsoft Office プログラムを使用できるようになり、30 分もしないうちにプログラム全体がダウンロードされます。クイック実行アプリケーション マネージャーにダウンロードの進行状況が示されます。Office プログラムの使用を開始する場合、Office クイック実行によって実行に必要なコンポーネントがダウンロードされますが、リアルタイムでのダウンロードであるため若干の遅延が発生します。

Office クイック実行を使用することには、次のような利点があります。

  • インターネット経由で迅速に Office を入手できます。

  • Office クイック実行は最初から最新の状態になっています。 サービス パックや更新プログラムを探す必要はありません。

  • Office クイック実行は以前のバージョンの Office と共存することができます。 現在使用している Office 製品を変更することなく、Office クイック実行を試用できます。

ページの先頭へ

Office 2010 でサポートされているオペレーティング システム

次のオペレーティング システムがサポートされています。

注:  Office Starter 2010 を使用するには、32 ビット版の Windows 7 または Windows Vista Service Pack 1 (SP1) が必要です。

  • Windows 7、32 ビットまたは 64 ビット版

  • Windows Vista Service Pack 1 (SP1)、32 ビットまたは 64 ビット版

  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)、32 ビット版

ページの先頭へ

アドインの動作状況

一部のアドインは、Office クイック実行で動作しない可能性があります。 Office クイック実行で動作しないアドインを利用する場合は、Microsoft Office 2010 の MSI ベース版をインストールする必要があります。 Office 2010 の MSI ベース版の使用に切り替える方法の詳細については、「クイック実行: Office の MSI ベースの Office 2010 エディションに切り替える」を参照してください。

注:  Office Starter 2010 ではアドインを使用できません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×