Office 2010 をインストールする

Office 2010 は、CD からインストールすることも、ダウンロードしてインストールすることもできます。下位互換性に問題がある可能性があるため、既定でインストールされるバージョンは 32 ビット版です。ただし、64 ビット版の方がよい場合は、この記事の 64 ビット版のインストール手順に従ってください。

注: 64 ビット版の詳細については、「Office の 64 ビット版と 32 ビット版を選択する」を参照してください。

32 ビット版 (既定) の Office 2010 をインストールする

  1. Office 2010 の CD を CD ドライブに挿入します。セットアップ ウィザードが自動的に開始されない場合は、エクスプローラーで CD ドライブに移動し、SETUP.EXE をクリックします。

    手元に CD がない場合は、プロダクト キーを使って Office をダウンロードしてインストールします。

  2. メッセージが表示されたら、プロダクト キーを入力します。

    プロダクト キーを入力します。

    サポートが必要な場合は、「Office 2010 のプロダクト キーを確認する」を参照してください。

  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認して同意し、[続行する] をクリックします。

    ライセンス条項を読んで同意する

  4. 表示されたメッセージに従って、Office のインストールが終了したら、[閉じる] をクリックします。

    Office のインストールが終了したら、[閉じる] をクリックします。

  5. ライセンス認証ウィザードで、[ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う] をクリックし、表示された指示に従います。

    インターネット経由でソフトウェアのライセンス認証を行う

    Office のプログラムが完全に動作するためには、Office のライセンス認証が必要です。インストールしたときにライセンス認証をしない場合は、後で、Office アプリケーションを使用するときにライセンス認証できます。その場合は、[ファイル]、[ヘルプ]、[ライセンス認証キー] の順にクリックします。

    詳細については、「Office 2010 のライセンス認証を行う」を参照してください。

64 ビット版の Office 2010 をインストールする

64 ビット版の Office をインストールする前に知っておく必要があること:

  1. Office 2010 のインストール ディスクを挿入します。

  2. [スタート]、[コンピューター] の順にクリックし、Office 2010 インストール ディスクを挿入したディスク ドライブを右クリックして、[開く] を選びます。

  3. インストール ルートの x64 フォルダーを開き、setup.exe をダブルクリックします。

    Office 2010 64 ビット版インストール用のプラットフォーム選択のフォルダー構造。
  4. セットアップが完了した後、プロダクト キーを入力して (手順 2)、既定のインストール手順を続けます。

関連項目

Office を PC または Mac にインストールする

Office 2007 をインストールする

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×