Office 2010 からドキュメントを SharePoint に保存する

ドキュメントを組織の SharePoint サイトのライブラリに保存すると、この中央の場所を介して自分と同僚がこのドキュメントにアクセスできるようになります。

ドキュメントを共有するには、添付ファイルを送信するのではなくリンクを送信します。そのため、保守するドキュメントは 1 部だけで済みます。他のユーザーがドキュメントに修正を加える必要がある場合は、同じドキュメントに対して修正を加えます。ドキュメントの複数のバージョンやコピーを調整する必要はありません。

SharePoint には、ドキュメントの以前のバージョンを取得する必要がある場合に備えて、ドキュメントのバージョンを追跡する機能があります。また、ドキュメントに対して変更が加えられたときに電子メール通知を受け取るように設定することもできます。

組織で使用している SharePoint のバージョンによっては、他のコラボレーション機能も使用できます。組織が SharePoint 2010 または Office 365 を実行している場合、SharePoint ライブラリにドキュメントを保存すると、Microsoft Word 2010 または Microsoft PowerPoint 2010 で複数のユーザーが同時にドキュメントを編集できます。また、Office Web Apps が構成されている場合、Web ブラウザーを使用して、Word、Excel、PowerPoint、および OneNote ドキュメントを表示および編集できます。また、複数のユーザーがブラウザーを使用して同時に Excel および OneNote ファイルを編集することもできます。

Office Web Apps と SharePoint の詳細については、「SharePoint 2010 で Office Web Apps の使用を開始する」を参照してください。

Word、Excel、または PowerPoint の場合

  1. [ファイル] タブをクリックし、[保存して送信] をクリックします。

  2. [SharePoint に保存] をクリックします。

  3. [場所の参照] をクリックします。

    注: 既に使用したことのある SharePoint の場所にドキュメントを保存する場合は、その名前をクリックします。

  4. [ファイル名] ボックスに、ドキュメント ライブラリの Web アドレス (たとえば、http://fabrikam/shared documents) を入力し、Enter キーを押します。

  5. ファイルの名前を入力して、[保存] をクリックします。

OneNote の場合

  1. [ファイル] タブをクリックしてから、[共有] をクリックします。

  2. 保存するノートブックをクリックします。

  3. [ネットワーク] をクリックしてから、場所の一覧でドキュメント ライブラリをクリックします。 目的のドキュメント ライブラリが一覧に表示されない場合は、[参照] をクリックして見つけます。

  4. [ノートブックの共有] をクリックします。

  5. OneNote を使用すると、リンクをノートブックに送信できます。必要に応じて、[リンクを電子メールで送信] をクリックし、メール メッセージを作成することもできます。

    注:  Office Web Apps が構成されているドキュメント ライブラリのノートブックを共有する場合、メール メッセージに 2 つのリンクが含まれます。一方のリンクをクリックすると、OneNote デスクトップ アプリケーションでノートブックが開きます。もう一方のリンクをクリックすると、OneNote Web App でノートブックが開きます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×