スキップしてメイン コンテンツへ

Office 2010 からドキュメントを SharePoint に保存する

組織の SharePoint サイトのライブラリに文書を保存すると、すべてのユーザーが文書にアクセスするための一元管理された場所を確保できます。

ドキュメントを共有するには、添付ファイルを送信する代わりにリンクを送信できます。 こうすることで、ドキュメントのコピーを1つだけ保持できます。 他のユーザーが変更を行う必要がある場合は、同じコピー内で行うことができます。ドキュメントの複数のバージョンと部数を調整する必要はありません。

SharePoint では、以前のバージョンを取得する必要がある場合に備えて、ドキュメントのバージョンを追跡することもできます。 ドキュメントの変更が行われたときに電子メール通知を受け取るように選択することもできます。

組織で使用している SharePoint のバージョンによっては、他のコラボレーション機能も使用できます。 組織で SharePoint 2010 または Office 365 を実行している場合、SharePoint ライブラリにドキュメントを保存すると Microsoft Word 2010 または Microsoft PowerPoint 2010の複数のユーザーと同時にドキュメントを編集できます。 さらに、Office Web Apps が構成されている場合は、Web ブラウザーを使用して、Word、Excel、PowerPoint、OneNote のドキュメントを表示したり編集したりすることができます。また、ブラウザーで複数のユーザーと同時に Excel や OneNote のファイルを編集することもできます。

Office Web Apps と SharePoint の詳細については、「 SharePoint で Office Web Apps を使用する」を参照してください。

Word、Excel、または PowerPoint の場合

  1. [ファイル] タブをクリックして、[保存と送信] をクリックします。

  2. [ SharePoint に保存] をクリックします。

  3. [場所の参照] をクリックします。

    注:  既に使用している SharePoint の場所にドキュメントを保存する場合は、その名前をクリックします。

  4. [ファイル名] ボックスに、ドキュメント ライブラリの Web アドレス (たとえば、http://fabrikam/shared documents) を入力し、Enter キーを押します。

  5. ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックします。

OneNote

  1. [ファイル] タブをクリックし、[共有] をクリックします。

  2. 保存するノートブックをクリックします。

  3. [ネットワーク] をクリックしてから、場所の一覧でドキュメント ライブラリをクリックします。 目的のドキュメント ライブラリが一覧に表示されない場合は、[参照] をクリックして見つけます。

  4. [ノートブックの共有] をクリックします。

  5. OneNote では、ノートブックへのリンクを送信できます。 この操作を行う場合、[リンクを電子メールで送信] をクリックし、電子メール メッセージを作成します。

    注:  Office Web Apps が構成されているドキュメントライブラリでノートブックを共有している場合、電子メールメッセージには2つのリンクが含まれます。 1つのリンクが OneNote デスクトップアプリケーションでノートブックを開き、[その他] リンクを選び、OneNote Web App でノートブックを開きます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×