Office ファイルの過去のバージョンを表示する

Office 2016 では作業中に SharePoint、OneDrive、OneDrive for Business ファイルの各バージョンが自動的に保存されます。保存されたバージョンを使用して過去に戻って、ファイルがどのように変化していったかを理解することができ、間違った場合は古いバージョンを復元できます。

過去のバージョンを表示するには

  1. 操作していたファイルを開きます。

  2. リボンの右端付近にある [アクティビティ] ボタンをクリックして、アクティビティ ウィンドウに過去のすべてのバージョンを一覧表示します。([アクティビティ] ボタンは、ファイルが OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存されているときにのみ表示されます。)

    [アクティビティ] ボタンは、Word、Excel、および PowerPoint のリボンの右端近くにあります。 画面の右上にある [アクティビティ] ボタンをクリックすると、[アクティビティ] ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、前のバージョンの文書を表示できます。
  3. バージョンをクリックして、それを別のウィンドウに開いて表示します。

過去のバージョンを復元するには

  1. 開いたバージョンの上部にあるメッセージ バーの [復元] をクリックします。

    [アクティビティ] ウィンドウから前のバージョンを開くと、前のバージョンを復元するオプションが表示されます。

復元することで、現在のファイルが最新のファイルとして保存され、現在のファイルの内容が復元するファイルの内容に置き換わります。

関連項目

OneDrive for Business で以前のバージョンのドキュメントを復元する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×