Office ファイルの以前のバージョンを回復する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[自動バックアップ] オプションが有効である場合は、ファイルの操作中にそのファイルの複数のバージョンを自動的に保存できます。特定の内容を回復する方法は、ファイルを保存したタイミングによって異なります。

ファイルを保存していた場合

  1. 操作していたファイルを開きます。

  2. [ファイル]、[情報] の順にクリックします。

  3. [ドキュメントの管理] で、"(保存せずに終了)" というラベルが付いているファイルをクリックします。

    Office 2016 の [ドキュメントの管理]

    注: これは Word の例です。 Excel では [ブックの管理] を、PowerPoint では [プレゼンテーションの管理] を使用します。

  4. ファイル上部のバーで、[元に戻す] をクリックして、以前に保存したバージョンを上書きします。

    Office 2016 でドキュメントを復元する

    ヒント: Word では、[元に戻す] ではなく [比較] をクリックすると、バージョンを比較することもできます。

ファイルを保存していなかった場合

  1. Word では、[ファイル]、[情報]、[ドキュメントの管理]、[保存されていない文書の回復] の順にクリックし、Excel では [保存されていないブックの回復]、PowerPoint では [保存されていないプレゼンテーションの回復] をクリックします。

    Office 2016 で保存されていない文書を回復する

  2. ファイルを選び、[開く] をクリックします。

    Office 2016 で保存されていないファイルを開く

  3. ファイル上部のバーで [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。

    Office 2016 で回復したファイルを保存する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

過去のバージョンの Office ファイルの表示

自動保存機能は何ですか?

アイテムまたはファイルを SharePoint リストまたはライブラリでのバージョン履歴を表示

バージョン管理のしくみを SharePoint リストまたはライブラリで

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×