Office ファイルで ActiveX 設定を有効または無効にする

ファイル内の ActiveX コントロールの使用方法、それらの設定の変更方法、およびメッセージ バーとセキュリティ センターを使用してそれらを有効または無効にする方法について説明します。また、ActiveX コントロールの詳細と、それらによってファイルがどのように向上するかについても学習できます。

IT プロフェッショナルは、TechNet の記事「Office 2010 で ActiveX コントロールのセキュリティ設定を計画する」で、ActiveX の設定計画についての詳細情報を参照することもできます。

この記事の内容

メッセージ バーが表示されたときに ActiveX コントロールを有効にする

セキュリティの警告が表示されたときにセッションの間のみ ActiveX コントロールを有効にする

Word、Access、Excel、PowerPoint、Publisher、および Visio で ActiveX コントロールの設定を変更する

ActiveX コントロール設定について

ActiveX コントロールとリスクについて

リスクと発生する可能性のある被害

メッセージ バーが表示されたときに ActiveX コントロールを有効にする

ActiveX コントロールを含んだファイルを開くと、黄色のメッセージ バーに盾アイコンと [コンテンツの有効化] ボタンが表示されます。信頼できる発行元からのコントロールであるとわかっている場合は、次の操作を実行します。

  • メッセージ バーで、[コンテンツの有効化] をクリックします。
    そうすると、ファイルが開き、信頼できるドキュメントになります。

次の画像は、ファイルに ActiveX コントロールが含まれているときのメッセージ バーの例です。

ActiveX の警告メッセージが表示されたメッセージ バー

ページの先頭へ

Backstage ビューで ActiveX コントロールを有効にする

ファイル内で ActiveX コントロールを有効にするもう 1 つの方法は、黄色のメッセージ バーが表示された際に [ファイル] タブをクリックすると表示される、Microsoft Office Backstage ビューを使用する方法です。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [セキュリティの警告] 領域で、[コンテンツの有効化] をクリックします。

  3. [すべてのコンテンツを有効にする] で、[このドキュメントのアクティブコンテンツを常に有効にします] をクリックします。
    ファイルが信頼できるドキュメントとして設定されます。

次の図は、[このドキュメントのアクティブ コンテンツを常に有効にします] および [詳細オプション] の例です。

[セキュリティの警告] で信頼できるドキュメントを設定

次の図は、[コンテンツの有効化] オプションの画面例を拡大したものです。

[セキュリティ警告] のドロップダウン

注: 唯一の例外は、キル ビットが設定された ActiveX コントロールです。この場合、その ActiveX コントロールは実行されません。キル ビットは、たとえば、セキュリティの脆弱性を防いだり、コードが実行されないようにしたりして、ActiveX コントロールに ActiveX ソフトウェアを使用しないように命令するセキュリティ機能です。

ページの先頭へ

セキュリティの警告が表示されたときにセッションの間のみ ActiveX コントロールを有効にする

ファイルが開いている間だけコントロールを有効にするには、次の手順に従います。ファイルをいったん閉じてから開くと、再度警告が表示されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [セキュリティの警告] 領域で、[コンテンツの有効化] をクリックします。

  3. [詳細オプション] を選択します。

  4. [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスで、各 ActiveX コントロールについて [このセッションのコンテンツを有効にする] を選択します。

次のイメージに示す [セキュリティの警告] 領域の例では、ファイルが開いている間だけ ActiveX コントロールを有効にすることができます。

ファイルを信頼できないときのセキュリティ警告領域

注記: 

  • ファイルに Visual Basic for Applications (VBA) プロジェクトが含まれている場合 (マクロを有効にした Microsoft Excel ファイルなど)、ファイルにマクロが含まれている可能性があるため、セキュリティ センターの制限がより厳しくなります。

  • 信頼できる入手元のファイルである場合に限り、ActiveX コントロールとその他のアクティブ コンテンツを有効にしてください。

ページの先頭へ

Word、Access、Excel、PowerPoint、Publisher、および Visio で ActiveX コントロールの設定を変更する

セキュリティ センターで ActiveX コントロールを有効または無効にするには、次の手順に従います。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[ActiveX の設定] の順にクリックします。

  3. 目的のオプションをクリックし、[OK] をクリックします。

次に示すのは、セキュリティ センターの [ActiveX の設定] 領域の例です。

セキュリティ センターの [ActiveX の設定] 領域

重要: Word、Access、Excel、PowerPoint、Publisher、または Visio で ActiveX 設定を変更すると、これらのすべてのプログラムで設定が変更されます。

ページの先頭へ

ActiveX コントロール設定について

次の説明は、信頼できる場所 (または信頼できるドキュメント) にないファイル内の ActiveX コントロールに適用されます。

重要: ファイルを信頼し、ActiveX コントロールを含んだコンテンツやその他のアクティブ コンテンツに関連したセキュリティ警告が今後は表示されないようにするには、そのファイルを信頼できる場所に配置します。

  • [警告を表示せずにすべてのコントロールを無効にする]     ドキュメント内のすべての ActiveX コントロールが無効になります。

  • [先に確認メッセージを表示してから、初期化に危険が伴う (UFI) コントロールには制限を強化し、初期化しても安全なコントロールには最低限の制限を適用して有効にする]     VBA プロジェクトが存在するかどうかによって、次の 2 つの処理があります。

    • VBA プロジェクトがある場合     すべての ActiveX コントロールが無効になり、メッセージ バーが表示されます。コントロールを有効にするには、[コンテンツの有効化] をクリックします。

    • VBA プロジェクトがない場合     初期化しても安全な ActiveX コントロールは最低限の制限が適用されて有効化され、メッセージ バーは表示されません。ただし、メッセージ バーが表示されないように、ActiveX コントロールをすべて初期化しても安全とマークする必要があります。初期化に危険が伴うとマークされた ActiveX コントロールは無効になります。ただし、ユーザーが UFI コントロールを有効化すると、追加の制限 (既定値など) 付きで初期化されます。UFI コントロールの一部である存続データは失われます。

  • [先に確認メッセージを表示してから、最低限の制限を適用してすべてのコントロールを有効にする]     既定の設定です。VBA プロジェクトが存在するかどうかによって、次の 2 つの処理があります。

    • VBA プロジェクトがある場合     すべての ActiveX コントロールが無効になり、メッセージ バーが表示されます。コントロールを有効にするには、[コンテンツの有効化] をクリックします。

  • VBA プロジェクトがない場合     初期化しても安全な ActiveX コントロールは最低限の制限が適用されて有効化され、メッセージ バーは表示されません。ただし、メッセージ バーが表示されないように、ActiveX コントロールをすべて初期化しても安全とマークする必要があります。初期化に危険が伴うとマークされた ActiveX コントロールは無効になります。ただし、ユーザーが UFI コントロールを有効化すると、最小限の制限 (固定値、または固定値が存在しない場合の既定値など) 付きで初期化されます。

  • [確認メッセージを表示せずに、すべてのコントロールを制限なしに有効にする (推奨しません)]     ドキュメント内のすべての ActiveX コントロールが最低限の制限を適用して有効になります。

  • セーフ モード     SFI ActiveX コントロールがセーフ モードで有効化されます。SFI ActiveX コントロールは、開発者によって安全であるとマークされています。

ページの先頭へ

ActiveX コントロールとリスクについて

ActiveX コントロールは基礎的な小さなプログラムで、インターネットを介して Web ブラウザー上で動作するアプリケーションを作成します。たとえば、データ収集、特定の種類のファイルの表示、アニメーションの表示などを目的としてカスタマイズされたアプリケーションがあります。ActiveX コントロールの一般的な用途は、コマンド ボタン、リスト ボックス、およびダイアログ ボックスです。さらに、Office プログラムで ActiveX コントロールを使用し、一部のドキュメントを改善できます。

ページの先頭へ

リスクと発生する可能性のある被害

ActiveX コントロールは、コンピューターに制限なくアクセスできるため、ローカル ファイル システムにアクセスして、オペレーティング システムのレジストリ設定を変更できます。ハッカーが ActiveX コントロールを悪用してコンピューターを乗っ取ってしまうと、大きな損害が生じます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×