Office ファイルでデジタル署名を追加または削除する

Office ファイルでデジタル署名を追加または削除する

この記事では、デジタル署名 (デジタル ID とも呼ばれます) とは何か、デジタル署名の用途、さらには Microsoft Office の Word、Excel、および PowerPoint でデジタル署名を使う方法について説明します。

この記事の内容

Word または Excel で署名欄を作成する

Word または Excel で署名欄に署名する

Word または Excel でデジタル署名を削除する

Word、Excel、または PowerPoint で非表示のデジタル署名を追加する

Word、Excel、または PowerPoint で非表示のデジタル署名を削除する

デジタル署名とは

Word と Excel の署名欄

Word、Excel、または PowerPoint の非表示のデジタル署名

Word または Excel で署名欄を作成する

  1. 文書またはワークシートで、署名欄を作成する場所をポイントします。

  2. [挿入] タブの [テキスト] で [署名欄] ボックスをクリックし、[Microsoft Office 署名欄] をクリックします。

  3. [署名の設定] ダイアログ ボックスで、署名欄の下に表示される次の情報を入力します。
    [署名の詳細] ダイアログ

    • 署名候補者   署名者の完全な名前。

    • 署名候補者の役職   署名者の役職 (ある場合)。

    • 署名候補者の電子メール アドレス   署名者の電子メール アドレス (必要な場合)。

    • 署名候補者に対する説明   署名者への説明を追加します。

  4. 次のチェック ボックスのいずれか一方または両方をオンにします。

    • 署名候補者が [署名] ダイアログ ボックスでコメントを追加できるようにする   署名者が署名の目的を入力できるようにします。

    • 署名欄に署名日を表示する   署名と共に署名日が表示されます。

ヒント: 署名欄をさらに追加する場合は、この手順を繰り返します。

注: ドキュメントが署名されていない場合は、[署名] メッセージ バーが表示されます。署名プロセスを完了するには、[署名の表示] をクリックします。

[署名] メッセージ バーと署名のないドキュメントであることを示すメッセージ

ページの先頭へ

Word または Excel で署名欄に署名する

署名欄に署名すると、目に見える署名とデジタル署名が追加されます。

署名されていない署名欄

  1. ファイルの署名欄を右クリックします。

    注: 信頼できる発行元から入手したファイルが保護ビューで開かれた場合は、[編集] をクリックします。

  2. 表示されたメニューの [署名] をクリックします。

    • 印刷用の署名を追加するには、[X] の隣のボックスに名前を入力します。

    • 署名の画像を選ぶには、[画像の選択] をクリックします。[署名画像の選択] ダイアログ ボックスで、署名のイメージ ファイルの場所に移動し、使うファイルを選び、[選択] をクリックします。

      注記: 

      • ここには、[印鑑署名欄] オプションも表示されます。

      • また、署名欄をダブルクリックして署名することもできます。X の横に自分の名前を入力します。または、[署名] ウィンドウの [要求された署名] セクションで、署名の横にある矢印をクリックします。表示されたメニューの [署名] をクリックします。

    • 手書き署名 (Tablet PC のユーザーのみ) を追加する場合は、インク機能を使って [X] の隣のボックスに署名します。

    • [署名] をクリックします。

    • [署名] ボタンが、文書またはワークシートの最下部に表示されます。

次の画像は、[署名] ボタンを示しています。

赤色の [署名] ボタン

ページの先頭へ

Word または Excel でデジタル署名を削除する

  1. 削除対象の目に見える署名を含む文書またはワークシートを開きます。

  2. 署名欄を右クリックします。

  3. [署名の削除] をクリックします。

  4. [はい] をクリックします。

注: [署名] ウィンドウで、署名の横の矢印をクリックして、署名を削除することもできます。[署名の削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Word、Excel、または PowerPoint で非表示のデジタル署名を追加する

ドキュメントのコンテンツの真正性を保護するには、非表示のデジタル署名を追加することもできます。署名されたドキュメントの下部には [署名] が表示されます。

[文書の保護] ボタンとそのオプション

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [情報] をクリックします。

  3. [文書の保護]、[ブックの保護]、または [プレゼンテーションの保護] をクリックします。

  4. [デジタル署名の追加] をクリックします。

  5. Word、Excel、または PowerPoint のメッセージを確認して、[OK] をクリックします。

  6. [署名] ダイアログ ボックスで、[このドキュメントに署名する目的] ボックスに目的を入力します。

  7. [署名] をクリックします。

ファイルにデジタル署名が追加されると、ファイルに [署名] ボタンが表示され、さらにファイルが読み取り専用になり、内容を変更できなくなります。

ページの先頭へ

Word、Excel、または PowerPoint で非表示のデジタル署名を削除する

  1. 削除対象の非表示の署名を含む文書、ワークシート、またはプレゼンテーションを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [情報] をクリックします。

  4. [署名の表示] をクリックします。

  5. 文書、ワークシート、またはプレゼンテーションのビューに戻り、[署名] ウィンドウが表示されます。

  6. 署名の名前の横にある矢印をクリックします。

  7. [署名の削除] をクリックします。

  8. [はい] をクリックします。

ページの先頭へ

デジタル署名とは

デジタル署名は、暗号化された電子的な署名で、電子メール メッセージ、マクロ、電子ドキュメントなどのデジタル情報に使われます。この署名によって、情報が署名した本人のものであることと、改ざんされていないことが証明されます。

署名証明書と証明機関

署名証明書   デジタル署名を作成するには、本人であることを証明する署名証明書が必要です。デジタル署名されているマクロまたはドキュメントを送信すると、証明書と公開キーも送信されます。証明書は証明機関から発行されますが、運転免許証と同様に、取り消されることもあります。通常、証明書の有効期限は一年間です。期限を過ぎた場合、署名者は署名証明書を更新するか、新しい署名証明書を入手して本人であることを証明する必要があります。

注: 公開キーと秘密キーの詳細については、この記事を参照してください。

証明機関 (CA)     証明機関は公証人と類似した存在です。証明機関は、デジタル証明書を発行します。また、証明書の有効性を証明するために署名を追加して、証明書が無効でないか、または有効期限が切れていないかを追跡します。

デジタル署名の保証

  • 真正性     署名者が署名者本人であることを保証します。

  • 整合性     デジタル署名の追加後にコンテンツが変更または改ざんされていないことを保証します。

  • 否認防止   すべての関係者に対して署名されたコンテンツの発行元を証明します。否認とは、署名者が署名されたコンテンツとの関連を否定することです。

  • 公証    Word、Excel、または PowerPoint ファイル内の署名には、セキュリティ保護されたタイム スタンプ サーバーによってタイム スタンプが付けられており、状況によっては公証書として使うこともできます。

これらを保証するために、コンテンツの作成者は次の条件を満たしている署名を使用して、コンテンツにデジタル署名を追加する必要があります。

  • デジタル署名が有効である。

  • デジタル署名の証明書の有効期限が切れていない。

  • 発行元と呼ばれる署名した個人または組織が信頼されている。

    重要: 有効なタイム スタンプが付いた署名済みドキュメントは、署名の証明書がいつ発行されたかや取り消し状況にかかわらず、有効な署名ありと見なされます。

  • デジタル署名の証明書が、よく知られた証明機関 (CA) から署名する発行元に発行されている。

ページの先頭へ

Word と Excel の署名欄

署名欄は、印刷文書に見られる通常の署名欄に似ています。ただし、使い方は異なります。作成者は、Office ファイルに署名欄を挿入するときに、署名者に関する情報と、署名者への説明を指定することができます。そのファイルの電子コピーが署名者に送信されると、挿入した署名欄と、署名が必要であるという通知が表示されます。署名者は次の操作を行うことができます。

  • 署名を入力する。

  • 署名のデジタル画像を選ぶ。

  • Tablet PC のインク機能を使って署名を書き込む。

署名者が自分の署名の可視表現をドキュメントに追加するのと同時に、署名者の ID を認証するデジタル署名が追加されます。

[最終版にする] メッセージ バー

重要: デジタル署名されたドキュメントは、改変を防ぐために読み取り専用になります。

デジタル署名のリスクを軽減する

組織で Office ファイルの署名欄を使うと、電子取引を利用する際のリスクを軽減したり、契約書などの文書の処理を効率化したりできます。デジタル署名は実際に署名された内容の正確な記録となり、後で検証することができます。

署名者が目に見える署名をドキュメントに追加するのと同時に、ID を認証するデジタル署名が追加されます。ドキュメントにデジタル署名が追加されると、ドキュメントは読み取り専用になり、その内容を変更できなくなります。

ページの先頭へ

Word、Excel、または PowerPoint の非表示のデジタル署名

非表示のデジタル署名 (表示されるデジタル署名欄など) は、ドキュメントの真正性、整合性、発行元を保証します。非表示のデジタル署名は、Word 文書、Excel ブック、PowerPoint プレゼンテーションに追加できます。

署名されたドキュメントの下部には [署名] が表示されます。また、署名されたドキュメントでは、[ファイル] タブをクリックすると表示される [情報] セクションに署名に関する情報が表示されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×