Office ドキュメント キャッシュを削除する

Office ドキュメント キャッシュには、変更をクラウドに確実に保存するために Office が使用するファイルが含まれています。Office をクラウド内の他のアプリと一緒に使っていて、Office を閉じる前にアプリが適切に同期できない場合、アプリが Office ドキュメント キャッシュを壊していることがあります。通常であれば、Office は破損したキャッシュ ファイルを修復できます。ただし、クラウド アプリが正しく同期していないと、Office の修復が妨げられる場合があります。

注記: 

  • この記事では、OneDrive を使用しているときに発生する可能性のある Office ドキュメント キャッシュの問題について説明します。その他のアプリを使用しているときに、同様の問題が発生する場合があります。別のクラウド アプリを使用している場合、同期の問題を解決する方法については、そのアプリのヘルプまたは製品サポートを参照してください。

  • OneDrive for Business の問題がある場合は、「Windows で OneDrive for Business 次世代同期クライアントの使用を開始する」のガイダンスに従って、OneDrive の同期クライアントを更新します。

Office ドキュメント キャッシュを修正する

キャッシュ ファイルの破損が発生すると、ファイルが Office アップロード センターで動作を停止しているように見えます。Microsoft Office ドキュメント キャッシュで問題が発生したことを示すメッセージと修復のためのリンクが、ステータス バーに表示されます。修復をクリックすると、アップロード センターでは自動的にキャッシュをバックアップして新規に作成することを提案する別のエラー メッセージが表示されます。使用していた他のクラウド アプリに関するエラーが表示される場合もあります。アップロード センターのエラー メッセージの [修復] をクリックすると、再び失敗します。

この問題を解決するには、Microsoft Office ドキュメント キャッシュを手動で削除します。キャッシュを削除することは危険ではなく、同期の問題を解消する可能性があります。キャッシュを削除した後は、自動的に同期が行われることもありますが、手動での同期が必要な場合もあります。

Microsoft Office ドキュメント キャッシュを削除するプロセスの概要を次に示します。

  1. クリーン ブートを実行する: この手順は、起動時にキャッシュ ファイルが読み込まれないようにするために必要です。キャッシュ ファイルが読み込まれると、ロックされて、ファイルを削除できなくなります。

    重要: クリーン ブートを実行するには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  2. キャッシュ ファイルを削除する: 多くの場合、この手順を行うと、問題を解決できます。通常、Office は問題を検出するとドキュメント キャッシュ ファイルを修復します。キャッシュ ファイルが破損していて修復できない場合は、キャッシュ ファイルを削除すると、Office は破損したファイルを置き換えて修復できるようになります。

  3. 再起動して同期する: これは、Office がキャッシュを修復するときの手順です。キャッシュが修復されると、同期操作は "スタックしている" ファイルをクリアします。

次の手順を実行する方法については、次のセクションを参照してください。

注: この記事の手順で問題が解決しない場合は、Office のアンインストールと再インストールが必要な場合があります。その手順については、ここでは説明しません。Office の再インストールについては、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照してください。職場のコンピューター管理責任者でない場合は、Office を再インストールする前にシステム管理者に連絡することをお勧めします。インストール プロセスに影響を与える特別な状況がある可能性があります。

クリーン ブートを実行する手順の詳細は、使用している Windows のバージョンによって異なります。サポートの記事「Windows のクリーン ブートを実行する方法」で、使用している Windows バージョンの手順を確認してください。

  1. Office アップロード センターを開くには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 10 では、Windows ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「Microsoft アップロード センター」と入力して、検索結果で [Microsoft アップロード センター] アプリをダブルクリックします (Office のバージョンに応じて、2010 または 2013 と表示されることがあります)。

    • Windows 8 または 8.1 では、画面の右下隅をポイントして [検索] をクリックし、[検索] ボックスに「Microsoft アップロード センター」と入力して、検索結果で [Microsoft アップロード センター] アプリをダブルクリックします (Office のバージョンに応じて、2010 または 2013 と表示されることがあります)。

    • Windows 7 では、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Office]、[Microsoft Office ツール] の順にポイントして、[Microsoft Office アップロード センター] をクリックします。

  2. アップロード センターで、[設定] をクリックし、[キャッシュ ファイルの削除] をクリックします。

ここでは、問題が解決するかどうかを確認します。ドキュメント キャッシュ ファイルの破損が原因で Office がドキュメント キャッシュを修復できなかった場合は、Office が修復を実行できるようになれば問題は解決し、クラウド ファイルは同期できます。

まず、普通に再起動します。再起動する手順についても、サポート記事「Windows のクリーン ブートを実行する方法」に示されています。「クリーン ブートによるトラブルシューティングの後、コンピューターを正常起動するためのリセット方法」セクションを参照してください。そのセクションで使用している Windows バージョンを見つけて、該当する手順に従います。

再起動した後は、OneDrive ファイルを同期します。OneDrive for Business を同期する手順は、「OneDrive for Business の同期アプリでの接続エラーを修復する」の記事で説明されています。

関連情報

Microsoft Office アップロード センター

Office ドキュメント キャッシュの設定

アップロード センターで競合を解決する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×