Office ドキュメントを送信する場合に個人情報が含まれないようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word 2013/2016、Excel 2013/2016、PowerPoint 2013/2016 で作成されたファイルがメール メッセージに添付されると、個人情報 (名前やメール アドレスなど) が添付ファイルのプロパティに追加されることがあります。この情報は、添付ファイルに変更を加えたユーザーを特定するために、Microsoft Office の変更履歴の記録機能で主に使用されます。

変更履歴の記録機能を使用しない場合に、個人情報が添付ファイルのプロパティに追加されないようにするには、次の操作を実行します。

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定] の順にクリックします。

  3. 左側のウィンドウで、[添付ファイルの処理] をクリックします。

  4. [変更付で返信] の [添付ファイルにプロパティを追加して、[校閲結果の返信] を有効にする] チェック ボックスをオフにします。

    チェック ボックスをオフにする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×