Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする

マクロは、繰り返しの作業を自動化するための一連のコマンドで、必要なときに実行できます。この記事では、マクロの使用に伴うリスク、およびセキュリティ センターでマクロを有効または無効にする方法について説明します。

この記事の内容

メッセージ バーが表示されたときにマクロを有効にする

Backstage ビューでマクロを有効にする

セキュリティの警告が表示されたときに 1 回だけマクロを有効にする

セキュリティ センターでマクロの設定を変更する

マクロの設定について

マクロとは何か、だれが作成するのか、どのようなセキュリティ リスクがあるか

メッセージ バーが表示されたときにマクロを有効にする

マクロを含んだファイルを開くと、黄色のメッセージ バーに盾アイコンと [コンテンツの有効化] ボタンが表示されます。信頼できる発行元からのマクロであるとわかっている場合は、次の操作を実行します。

  • メッセージ バーで、[コンテンツの有効化] をクリックします。
    そうすると、ファイルが開き、信頼できるドキュメントになります。

次の画像は、ファイルにマクロが含まれているときのメッセージ バーの例です。

マクロのセキュリティの警告メッセージ バー

ページの先頭へ

Backstage ビューでマクロを有効にする

ファイル内のマクロは、Microsoft Office Backstage ビューを使用して有効にすることもできます。黄色のメッセージ バーが表示されたときに、[ファイル] タブをクリックすると、このビューが表示されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [セキュリティの警告] 領域で、[コンテンツの有効化] をクリックします。

  3. [すべてのコンテンツを有効にする] で、[このドキュメントのアクティブコンテンツを常に有効にします] をクリックします。
    ファイルが信頼できるドキュメントとして設定されます。

次の画像は、[コンテンツの有効化] オプションの例です。

[セキュリティ警告] のドロップダウン

ページの先頭へ

セキュリティの警告が表示されたときに 1 回だけマクロを有効にする

ファイルが開いている間だけマクロを有効にするには、次の手順に従います。ファイルをいったん閉じてから開くと、再度警告が表示されます。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [セキュリティの警告] 領域で、[コンテンツの有効化] をクリックします。

  3. [詳細オプション] を選択します。

  4. [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスで、各マクロについて [このセッションのコンテンツを有効にする] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

セキュリティ センターでマクロの設定を変更する

マクロの設定はセキュリティ センターで行います。ただし、ユーザーが設定を変更できないように、組織のシステム管理者が既定の設定を変更している場合があります。

重要: セキュリティ センターでマクロの設定を変更すると、現在使用している Office プログラムのみでマクロ設定が変更されます。すべての Office プログラムのマクロ設定が変更されるわけではありません。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [オプション] をクリックします。

  3. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [セキュリティ センター] の [マクロの設定] をクリックします。

  5. 必要な選択を行います。

  6. [OK] をクリックします。

次の図は、セキュリティ センターの [マクロの設定] 領域です。

セキュリティ センターのマクロ設定領域

マクロの設定の詳細については、次のセクションの情報を参照してください。

ページの先頭へ

マクロの設定について

  • 警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする   マクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。

  • 警告を表示してすべてのマクロを無効にする   マクロが無効になっていますが、マクロが存在する場合はセキュリティの警告を表示します。状況に応じてマクロを有効にします。

  • デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする   マクロが無効になっていますが、マクロが存在する場合はセキュリティの警告を表示します。ただし、マクロが信頼できる発行元によってデジタル署名されている場合、マクロを実行するには、発行元を信頼します。発行元を信頼していない場合、署名付きマクロを有効にして発行元を信頼するように通知されます。

  • すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)    すべてのマクロを実行します。この設定では、悪意のある可能性があるコードに対してコンピューターが脆弱になります。

  • VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   オートメーション クライアントから Visual Basic for Applications (VBA) オブジェクト モデルにプログラムを使ってアクセスするのを禁止または許可します。このセキュリティ オプションは、Office プログラムを自動化したり、VBA 環境とオブジェクト モデルを操作したりする目的で記述されたコード向けに用意されています。オプションはユーザー単位およびアプリケーション単位で設定されています。既定では、アクセスを拒否して、許可されていないプログラムが有害な自己複製コードを組み込むことを阻止します。VBA オブジェクト モデルにアクセスするオートメーション クライアントについては、コードを実行するユーザーがアクセス権を付与する必要があります。アクセスを有効にするには、チェック ボックスをオンにします。

注: Microsoft Publisher および Microsoft Access には、[VBA オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する] オプションはありません。

ページの先頭へ

マクロとは何か、だれが作成するのか、どのようなセキュリティ リスクがあるか

マクロは頻繁に行うタスクを自動化し、キー入力やマウス操作の時間を短縮します。マクロの多くは、ソフトウェア開発者が Visual Basic for Applications (VBA) を使って作成します。ただし、マクロの中には、セキュリティ上の問題を引き起こす可能性があるものもあります。悪意のあるユーザー (ハッカーとも呼ばれます) がファイルに有害なマクロを組み込んで、コンピューターや組織のネットワークをウイルスに感染させることも考えられます。

この記事の内容

マクロとセキュリティ リスクの概要

セキュリティ センターでマクロの有効/無効を切り替える

使用しているプログラム

セキュリティ センターで安全ではないマクロから保護する方法

マクロを有効または無効にするかどうかを確認するセキュリティの警告が表示される場合の対処方法

マクロとセキュリティ リスクの概要

マクロは、頻繁に行うタスクを自動化するために使用します。多くの場合は VBA で記述され、ソフトウェア開発者が作成します。ただし、一部のマクロには潜在的なセキュリティ リスクがあります。悪意のある人物が破壊的なマクロをドキュメントやファイルに含めることができるため、コンピューターにウイルスが広がる可能性があります。

ページの先頭へ

セキュリティ センターでマクロの有効/無効を切り替える

マクロのセキュリティ設定はセキュリティ センターで行います。ただし、ユーザーが設定を変更できないように、組織のシステム管理者が既定の設定を変更している場合があります。

注: セキュリティ センターでマクロの設定を変更すると、現在使用している Office プログラムのみでマクロ設定が変更されます。すべての Office プログラムのマクロ設定が変更されるわけではありません。

使用している 2007 Microsoft Office system プログラム

Access

Access

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[マクロの設定] の順にクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[マクロの設定] の順にクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

    • [VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   ] この設定は開発者向けで、意図的にロックアウトする場合、またはオートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルへのプログラムによるアクセスを許可する場合に使用されます。つまり、Office プログラムを自動化し、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) 環境とオブジェクト モデルをプログラムによって操作するために作成されたコードに、セキュリティ オプションが提供されることになります。これはユーザー単位およびアプリケーション単位の設定であり、既定ではアクセスを拒否します。このセキュリティ オプションを使用すると、エンド ユーザー システムに影響を与える可能性のある "自己複製" コードを許可されていないプログラムが作成することが困難になります。オートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルにプログラムによってアクセスできるように、コードを実行しているユーザーが明示的にアクセスを許可する必要があります。アクセスを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

ヒント:  の一部であるリボンの [開発者Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス] タブからマクロのセキュリティ ダイアログ ボックスを開きます。[開発者] タブが表示されない場合は、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。[基本] をクリックし、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Outlook

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [マクロの設定] をクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せず、すべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。すべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。

    • [署名されたマクロに対しては警告を表示し、署名されていないマクロはすべて無効にする] これは既定の設定です。[警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロに対して警告を表示する] これは既定の設定です。マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [マクロに対しセキュリティ チェックを行わない (推奨しません)] このオプションをクリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[マクロの設定] の順にクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

    • [VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   ] この設定は開発者向けで、意図的にロックアウトする場合、またはオートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルへのプログラムによるアクセスを許可する場合に使用されます。つまり、Office プログラムを自動化し、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) 環境とオブジェクト モデルをプログラムによって操作するために作成されたコードに、セキュリティ オプションが提供されることになります。これはユーザー単位およびアプリケーション単位の設定であり、既定ではアクセスを拒否します。このセキュリティ オプションを使用すると、エンド ユーザー システムに影響を与える可能性のある "自己複製" コードを許可されていないプログラムが作成することが困難になります。オートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルにプログラムによってアクセスできるように、コードを実行しているユーザーが明示的にアクセスを許可する必要があります。アクセスを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

ヒント:  の一部であるリボンの [開発者Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス] タブからマクロのセキュリティ ダイアログ ボックスを開きます。[開発者] タブが表示されない場合は、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。[基本] をクリックし、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Publisher

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [マクロの設定] をクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

    • [VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   ] この設定は開発者向けで、意図的にロックアウトする場合、またはオートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルへのプログラムによるアクセスを許可する場合に使用されます。つまり、Office プログラムを自動化し、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) 環境とオブジェクト モデルをプログラムによって操作するために作成されたコードに、セキュリティ オプションが提供されることになります。これはユーザー単位およびアプリケーション単位の設定であり、既定ではアクセスを拒否します。このセキュリティ オプションを使用すると、エンド ユーザー システムに影響を与える可能性のある "自己複製" コードを許可されていないプログラムが作成することが困難になります。オートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルにプログラムによってアクセスできるように、コードを実行しているユーザーが明示的にアクセスを許可する必要があります。アクセスを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Visio

  1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックします。

  2. [マクロの設定] をクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

    • [VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   ] この設定は開発者向けで、意図的にロックアウトする場合、またはオートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルへのプログラムによるアクセスを許可する場合に使用されます。つまり、Office プログラムを自動化し、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) 環境とオブジェクト モデルをプログラムによって操作するために作成されたコードに、セキュリティ オプションが提供されることになります。これはユーザー単位およびアプリケーション単位の設定であり、既定ではアクセスを拒否します。このセキュリティ オプションを使用すると、エンド ユーザー システムに影響を与える可能性のある "自己複製" コードを許可されていないプログラムが作成することが困難になります。オートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルにプログラムによってアクセスできるように、コードを実行しているユーザーが明示的にアクセスを許可する必要があります。アクセスを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[マクロの設定] の順にクリックします。

  3. 必要なオプションをクリックします。

    • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする] マクロを信頼しない場合は、このオプションをクリックします。ドキュメント内のすべてのマクロと、マクロに関するセキュリティの警告が無効になります。信頼できる発行元によって署名されていないマクロが含まれたドキュメントがある場合は、それらのドキュメントを信頼できる場所に保存できます。信頼できる場所にあるドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

    • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] これは既定の設定です。 マクロを無効にし、マクロが含まれている場合にセキュリティの警告を表示する場合は、このオプションをクリックします。 この方法では、状況に応じてマクロを有効にする場合を選ぶことができます。

    • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする] この設定は [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] オプションと同じですが、発行元を信頼でき、信頼できる発行元によってマクロがデジタル署名されている場合は、マクロを実行できる点が異なります。 発行元を信頼していない場合は警告が表示されます。 この方法では、署名付きマクロを有効にしたり、発行元を信頼したりするオプションを選ぶことができます。 署名されていないマクロはすべて、警告なしで無効になります。

    • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)] クリックすると、すべてのマクロが実行可能となります。このオプションは、ユーザーのコンピューターが悪意のあるコードからの攻撃を受けやすくなるため、使用しないことをお勧めします。

    • [VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する   ] この設定は開発者向けで、意図的にロックアウトする場合、またはオートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルへのプログラムによるアクセスを許可する場合に使用されます。つまり、Office プログラムを自動化し、Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) 環境とオブジェクト モデルをプログラムによって操作するために作成されたコードに、セキュリティ オプションが提供されることになります。これはユーザー単位およびアプリケーション単位の設定であり、既定ではアクセスを拒否します。このセキュリティ オプションを使用すると、エンド ユーザー システムに影響を与える可能性のある "自己複製" コードを許可されていないプログラムが作成することが困難になります。オートメーション クライアントから VBA オブジェクト モデルにプログラムによってアクセスできるように、コードを実行しているユーザーが明示的にアクセスを許可する必要があります。アクセスを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。

ヒント:  の一部であるリボンの [開発者Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス] タブからマクロのセキュリティ ダイアログ ボックスを開きます。[開発者] タブが表示されない場合は、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。[基本] をクリックし、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

セキュリティ センターで安全ではないマクロから保護する方法

ドキュメントに含まれるマクロを有効にする前に、セキュリティ センターは次の情報を確認します。

  • 開発者がデジタル署名を使用してマクロに署名している。

  • デジタル署名が有効である。

  • デジタル署名の有効期限が切れていない。

  • デジタル署名に関連付けられている証明書が、認知度の高い証明機関 (CA) によって発行されている。

  • マクロに署名した開発者が信頼された発行元である。

セキュリティ センターで、上記の項目のいずれかに問題があることが検出された場合、マクロは既定で無効になり、安全ではない可能性があるマクロであるという通知がメッセージ バーに表示されます。

メッセージ バー

マクロを有効にするには、メッセージ バーの [オプション] をクリックします。セキュリティ ダイアログ ボックスが開きます。マクロとセキュリティについて判断する方法については、次のセクションを参照してください。

注: Microsoft Office Outlook 2007 および Microsoft Office Publisher 2007 では、セキュリティの警告はメッセージ バーではなくダイアログ ボックスに表示されます。

ページの先頭へ

マクロを有効または無効にするかどうかを確認するセキュリティの警告が表示される場合の対処方法

[セキュリティ オプション] ダイアログが表示されたら、マクロを有効にするか、無効なままにするかを選択できます。信頼できる発行元のマクロであると確信できる場合にのみ、マクロを有効にすることをお勧めします。

Microsoft Office のセキュリティに関するオプション

重要: 信頼できる発行元のドキュメントとマクロであると確信し、有効な署名があり、今後は警告を表示したくない場合は、既定のセキュリティ センターの設定を安全ではないマクロのセキュリティ設定に変更するのではなく、セキュリティ ダイアログ ボックスで [この発行者のドキュメントをすべて信頼する] をクリックすることができます。その発行元はセキュリティ センターの信頼できる発行元に追加されます。その発行元のソフトウェアはすべて信頼されます。有効な署名がないマクロでも、信頼し、警告を再表示したくない場合は、既定のセキュリティ センターの設定を安全ではないマクロのセキュリティ設定に変更するのではなく、ドキュメントを信頼できる場所に移動することをお勧めします。信頼できる場所のドキュメントは、セキュリティ センターのセキュリティ システムによるチェックを行わずに実行できます。

状況によっては、セキュリティ ダイアログ ボックスに特定の問題が表示されることがあります。次の表は、考えられる問題と、各事例で推奨される操作と推奨されない操作に関するアドバイスの一覧です。

問題

アドバイス

マクロが署名されていない    マクロはデジタル署名されていないため、マクロの発行元の身元を検証できません。そのため、マクロが安全かどうかを判断することができません。

署名されていないマクロを有効にする前に、信頼できる発行元のマクロであることを確認してください。マクロを有効にしなくても、ドキュメントの操作は継続できます。

マクロの署名が信頼されていない    マクロはデジタル署名され、署名は有効ですが、マクロに署名した発行元を信頼する選択を行わなかったため、マクロは安全ではない可能性があります。

セキュリティ ダイアログ ボックスで [この発行者のドキュメントをすべて信頼する] をクリックすることで、このマクロの発行元を明示的に信頼ことができます。署名が有効な場合にのみ、このオプションが表示されます。このオプションをクリックすると、その発行元はセキュリティ センターの信頼できる発行元に追加されます。

マクロの署名が無効    マクロはデジタル署名されていますが、署名が無効なため、マクロは安全ではない可能性があります。

署名が無効なマクロは有効にしないことをお勧めします。署名が無効な理由として、署名が改ざんされている場合が考えられます。詳細については、「デジタル署名の信頼性を確認する方法」を参照してください。

マクロの署名が期限切れ    マクロはデジタル署名されていますが、署名は期限切れのため、マクロは安全ではない可能性があります。

署名が期限切れのマクロを有効にする前に、信頼できる発行元のマクロであることを確認してください。過去にこのドキュメントを使用してセキュリティの問題が何も発生しなかった場合は、マクロを有効にしてもリスクが低い可能性があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×