Office ドキュメントにバーコードを挿入する

Word 文書、Excel ブック、または Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトのライブラリに保存された PowerPoint プレゼンテーションを操作しているときに、情報管理ポリシーの一部としてバーコードを挿入する必要があるというポリシーが適用されている場合は、バーコードをシステムファイルを保存または印刷する場合。

重要: バーコードは SharePoint 2013 以降のバージョンで廃止されました。 詳細については、「 Microsoft SharePoint 2013 で廃止、変更される機能」を参照してください。

バーコードポリシーが設定されているドキュメントライブラリにファイルをアップロードすると、アイテムのプロパティ (メタデータ) にバーコードが追加されますが、ファイル自体には挿入されません。 ドキュメントの編集を選択し、[保存] または [印刷] を選択した場合にのみ、バーコードがファイルに画像として挿入されます。 これらのバーコードが含まれている印刷文書で作業する場合は、文書に表示されるバーコード情報を使用して、 Office SharePoint Server 2007 サイトにある文書の元のコピーを検索することができます。 つまり、関連付けられているすべてのワークフロー、メタデータ、監査履歴、その他の情報を簡単に表示できます。

サイト管理者またはリストマネージャーがライブラリに適切なポリシーを構成するまで、ドキュメントにバーコードを挿入することはできません。  このようなポリシーが存在する場合は、[挿入] タブにバーコードコマンドが表示されるため、バーコードを挿入することができます。

ポリシーが設定されているときに、リストまたはライブラリに既に存在するすべてのドキュメントは、ドキュメントがチェックアウトされて再びチェックインされるまで、バーコード (挿入できません) に割り当てられていません。 既に有効になっているリストまたはライブラリにアップロードされたドキュメントには、すぐに挿入できるバーコードが自動的に割り当てられます。

サイト管理者またはリスト所有者が、リストまたはライブラリのバーコードポリシーを構成すると、アイテムまたはドキュメントがアップロードまたは編集されたときに、そのリストまたはライブラリ内のアイテムまたはドキュメントのバーコードが自動的に生成されます。

バーコードポリシーがどのように構成されているかによっては、SharePoint サイトのライブラリにあるドキュメントにバーコードイメージを挿入する必要がある場合もあります。

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、クイック起動でライブラリ名をクリックします。

    ライブラリの名前がサイドリンクバーに表示されない場合は、[すべてのサイトコンテンツの表示] をクリックして、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 目的の文書をポイントし、表示される矢印をクリックします。次に、[ Microsoft Office Word で編集] など、office プログラム名の [編集] をクリックします。

  3. バーコードを挿入する文書内の場所にカーソルを置きます。

  4. [挿入] タブの [バーコード] グループで、[バーコード] をクリックします。

    リボンのバーコードとラベルのコマンド

    注: バーコードのポリシーがサーバー文書に対して有効になっている場合にのみ、[バーコード] が [挿入] タブに表示されます。

  5. [上書き保存] をクリックして変更内容を保存します。

SharePoint サイト上のライブラリには、ドキュメントを保存または印刷するときにバーコードを挿入する必要があるバーコードポリシーが設定されている場合があります。

保存または印刷するときに、ドキュメントにまだバーコードが含まれていない場合は、挿入するように求められます。 メッセージが表示されたら、[はい] をクリックすると、既定の場所にバーコードが挿入されます。

  • ファイルが読み取り専用の場合は、カーソルの現在の場所にバーコードが挿入されます。

  • ファイルが編集モードになっている場合、バーコードは既定の場所に挿入されます。

    • Word の場合    文書の最初のページのヘッダーにバーコードが挿入されます。

    • Excel    ブックの最初のワークシートの最初のセルにバーコードが挿入されます。

    • PowerPoint の場合    プレゼンテーションの最初のスライドの中央にバーコードが挿入されます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×