Office ドキュメントで外部コンテンツをブロックまたはブロック解除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

セキュリティとプライバシーを保護するために、2007 Microsoft Office system は、ブックやプレゼンテーションに含まれる画像、リンクされたメディア、ハイパーリンク、およびデータ接続などの外部コンテンツをブロックするように既定で構成されています。外部コンテンツをブロックすることによって、プライバシーを侵害したり、ユーザーの知らない間に悪意のあるコードを実行させたりする目的でハッカーが使用する Web ビーコンやその他の侵入手段を防ぐことができます。

Office ブログ

この記事の内容

外部コンテンツと Web ビーコンの危険性

セキュリティ センターを使用して外部コンテンツから保護する方法

外部コンテンツを有効または無効にするかどうかを確認するセキュリティ警告が表示された場合の対処方法

セキュリティ センターで Excel の外部コンテンツ設定を変更する

外部コンテンツと Web ビーコンの危険性

外部コンテンツとは、インターネットやイントラネットからブックやプレゼンテーションへリンクされたコンテンツのことです。外部コンテンツには、画像、リンクされたメディア、データ接続、およびテンプレートなどがあります。

ハッカーが、外部コンテンツを Web ビーコンとして利用する場合があります。Web ビーコンは、外部コンテンツをホストするサーバーへユーザーのコンピューターから情報を送信します。Web ビーコンには次のようなものがあります。

  • 画像     ハッカーが、画像を含むブックやプレゼンテーションをユーザーに送信します。ユーザーがファイルを開くと画像がダウンロードされ、ファイルに関する情報が外部サーバーへ戻されます。

  • Outlook の電子メール メッセージの画像   Microsoft Office Outlook 2007 には、メッセージの外部コンテンツをブロックするための独自のメカニズムがあります。これは Web ビーコンからの保護に役立ちます。保護しないと、電子メール アドレスがキャプチャされる可能性があります。詳細については、「電子メール メッセージの画像の自動ダウンロードをブロックまたはブロック解除する」を参照してください。

  • リンクされたメディア     ハッカーが、電子メールの添付ファイルとしてプレゼンテーションをユーザーに送信します。プレゼンテーションには、外部サーバーにリンクされたサウンドなどのメディア オブジェクトが含まれています。このプレゼンテーションを Microsoft Office PowerPoint 2007 で開くと、メディア オブジェクトが再生され、コンピューターに害を及ぼす悪意のあるスクリプトを実行するコードが実行されます。

  • データ接続     ハッカーがブックを作成し、電子メールの添付ファイルとして作成したブックをユーザーに送信します。ブックには、データベースに対してデータのプルやプッシュを行うコードが含まれています。ハッカーにデータベースへのアクセス権はありませんが、メールを受け取ったユーザーにはあります。そのため、ユーザーが Microsoft Office Excel 2007 でブックを開くと、コードが実行され、そのユーザーの資格情報を使用してデータベースにアクセスされます。その後、ユーザーの知らない間に、データへのアクセスや変更が行われる可能性があります。

ページの先頭へ

セキュリティ センターを使用して外部コンテンツから保護する方法

ブックやプレゼンテーションに外部コンテンツがある場合は、ファイルを開くと、外部コンテンツがブロックされていることがメッセージ バーで通知されます。

メッセージ バー

メッセージ バーの [オプション] をクリックすると、セキュリティ ダイアログ ボックスが開き、外部コンテンツのブロックを解除することができます。オプションをクリックする前に安全性を正しく判断する方法の詳細については、次のセクションを参照してください。

ページの先頭へ

外部コンテンツを有効または無効にするかどうか確認するセキュリティ警告が表示された場合の対処方法

セキュリティ ダイアログ ボックスが表示されたら、外部コンテンツを有効にするかブロックしたままにするかを選ぶことができます。外部コンテンツが信頼できる発行元からのものだということが確実である場合にのみ、有効にしてください。

Microsoft Office のセキュリティに関するオプション

重要: 方がブックやプレゼンテーション内の外部コンテンツが信頼できることを確認する場合は、安全性の低いセキュリティ レベル、セキュリティ センターの既定の設定を変更する代わりに、もう一度この外部コンテンツに関する通知をたくない場合ファイルを信頼できる場所に移動します。セキュリティ センターのセキュリティ システムでチェックされることがなく実行するには、信頼できる場所にファイルが可能します。

ページの先頭へ

セキュリティ センターで Excel の外部コンテンツ設定を変更する

セキュリティ センターにある外部コンテンツのセキュリティ設定は、Office Excel 2007 専用です。Office PowerPoint 2007 の外部コンテンツの設定をセキュリティ センターでグローバルに変更することはできません。

組織で作業する場合、システム管理者が既定の設定を既に変更している可能性があり、ユーザーが自分で設定を変更できない場合があります。

データ接続の設定を変更する

  1. Excel で、Microsoft Office ボタン ( Office ボタンの画像 ) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[外部コンテンツ] の順にクリックします。

  3. [データ接続のセキュリティ設定] で以下の必要なオプションをクリックします。

    • [すべてのデータ接続を有効にする (推奨しません)   ]  セキュリティ警告を表示せずに外部データ接続を含むブックを開き、現在のブック内で外部データへの接続を作成する場合は、このオプションをクリックします。知らない外部データ ソースへ接続するのは危険を伴う場合があり、また、どこでブックを開いてもセキュリティ警告が表示されなくなるため、このオプションは推奨しません。外部データ接続のデータ ソースが信頼できる場合にのみ、このオプションを使用してください。このオプションを一時的に選び、不要になったときに既定の設定に戻すこともできます。

    • [データ接続について確認のメッセージを表示する   ]  これは既定のオプションです。外部データ接続を含むブックを開いたときと、現在のブックで外部データ接続が作成されたときに、セキュリティ警告が常に表示されるようにするには、このオプションをクリックします。セキュリティ警告では、開いた各ブックに対して個別にデータ接続を有効にするか無効にするかを選ぶことができます。

    • [すべてのデータ接続を無効にする   ]  現在のブックですべての外部データ接続を無効にする場合は、このオプションをクリックします。このオプションを選ぶと、開いたすべてのブックでデータ接続が行われなくなります。ブックを開いて新しい外部データ接続を作成しても、再びブックを開いたときには作成したデータ接続が無効になっています。制限の強い設定なので、一部の機能が予期したとおりに動作しない場合があります。

ブック リンクの設定を変更する

  1. Excel で、Microsoft Office ボタン ( Office ボタンの画像 ) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[外部コンテンツ] の順にクリックします。

  3. [ブック リンクのセキュリティ設定] で必要なオプションをクリックします。

    • [すべてのブック リンクの自動更新を有効にする (推奨しません)   ]  セキュリティ警告を表示せずに、現在のブックで、他のブック内のデータへのリンクを自動更新する場合は、このオプションをクリックします。知らないブックのデータへのリンクを自動更新するのは危険を伴う場合があるため、このオプションは推奨しません。データがリンクされているブックが信頼できる場合にのみ、このオプションを使用してください。このオプションを一時的に選び、不要になったときに既定の設定に戻すこともできます。

    • [ブック リンクの自動更新時に確認のメッセージを表示する   ]  これは既定のオプションです。他のブック内のデータへのリンクを現在のブックで自動更新するときにセキュリティ警告が常に表示されるようにするには、このオプションをクリックします。

    • [ブック リンクの自動更新を無効にする   ]  他のブック内のデータへのリンクを現在のブックで自動更新しない場合は、このオプションをクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×