Office データベースを再構築する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Database Utility を使用して Office データベースを再構築することができます。Office では、データベースの問題を検出は自動的に実行、Database Utility します。データベースが破損していることを示す問題の一覧については、Office のデータベースを参照してください。

注: 手動で修復またはデータベースを再構築する機能は Outlook の 2016 for mac では使用問題など、Outlook データ破損場合は、Office 2016 for Mac は、自動的に修復して、Office データベースを再構築します。詳細については、については、Office 2016 for Mac のデータベースを参照してください。

Office データベースを再構築する前に問題が破損しているか、分割されたハード ディスクの結果をしないことを確認します。これを行うには、ディスクの診断ツールを実行し、[Apple ディスク ユーティリティなどのアプリケーションを修復します。詳細について確認して、ハード ディスクの問題を修復する方法は、ディスク ユーティリティ アプリケーションのドキュメントを参照してください。

注意: Microsoft Exchange アカウントを使っている場合は、データベースを再構築連絡先の証明書s を含め、Exchange サーバーと同期しないすべての情報を削除します。データベースを再構築する前にのみ、ローカル コンピューターに保存されている Outlook のデータをバックアップすることがあります。詳細については、次を参照してください。をエクスポートまたは手動での Outlook アイテムをアーカイブします。

  1. [Outlook] メニューで [Office アラームをオフにする] をクリックします。

  2. Messenger for Mac および Outlook を含むすべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。

  3. Microsoft Database Utility を開きます。

    既定の場所は、/Applications/Microsoft Office 2011/Office/ です。

    ヒント: 開くことも、Database Utility 場合に Outlook を閉じる「オプション」キーを押しと、ドックの Outlook アイコンをクリックします。

  4. 再構築するデータベースの id をクリックし、[再構築] をクリックします。

    注: 

    • データベースを再構築するユーザー情報フォルダーに対する読み取りアクセス権と書き込みアクセス権が必要です。 アクセス権を確認するには、/Users/ username/Documents/Microsoft User Data/Office 2011 Identities/ フォルダーでユーザー情報を選び、[ファイル] メニューの [情報を見る] をクリックします。 [共有とアクセス権] の下のアクセス権を確認します。

    • Database Utility がデータベースを再構築する前に、データベースのバックアップ コピーが作成され、/Users/ username/Documents/Microsoft User Data/Office 2011 Identities/ フォルダーに保存されます。 バックアップ コピーには、バックアップの作成日時が表示されます。

    • お使いのコンピューターに、現在のデータベースとそのコピーを保存する十分な空きディスク領域がある場合は、メモリ不足のエラーが発生します。たとえば、データベースの現在のサイズが 10 メガバイト (MB) の場合は、20 MB 以上の空きディスク領域を再構築するデータベースを最適化する必要があります。

関連項目

Exchange アカウントで電子メールや他のアイテムを受信できない

プロファイルを管理します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×