Office データベースを再構築する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office データベースは、Microsoft Database Utility を使って再構築できます。 データベースに問題があることが Office によって検出されると、Database Utility が自動的に起動されます。 データベースが破損していることを示す問題の一覧については、「Office データベースについて」を参照してください。

Office データベースを再構築する前に、問題が、ハードディスクの故障や断片化の結果ではないことを確認します。 確認するには、Apple ディスク ユーティリティなどのディスク診断を実行して、アプリケーションを修復します。 ハードディスクの問題を特定および修復する方法の詳細については、使用しているディスク ユーティリティ アプリケーションのドキュメントを参照してください。

注意: Microsoft Exchange アカウント がある場合は、データベースを再構築すると、Exchange Server と同期されていない情報は、連絡先の証明書を含めてすべて削除されます。 データベースを再構築する前に、ローカル コンピューターにのみ保存されている Outlook データをバックアップできます。 詳細については、「Outlook アイテムをエクスポートまたは手動でアーカイブする」を参照してください。

  1. [Outlook] メニューで [Office アラームをオフにする] をクリックします。

  2. Messenger for Mac および Outlook を含むすべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。

  3. Microsoft Database Utility を開きます。

    既定の場所は、/Applications/Microsoft Office 2011/Office/ です。

    ヒント: Outlook を閉じたら、Option キーを押したまま、ドックの Outlook アイコンをクリックします。

  4. 再構築するデータベースのユーザー情報をクリックして、[再構築] をクリックします。

    注記: 

    • データベースを再構築するユーザー情報フォルダーに対する読み取りアクセス権と書き込みアクセス権が必要です。 アクセス権を確認するには、/Users/ username/Documents/Microsoft User Data/Office 2011 Identities/ フォルダーでユーザー情報を選び、[ファイル] メニューの [情報を見る] をクリックします。 [共有とアクセス権] の下のアクセス権を確認します。

    • Database Utility がデータベースを再構築する前に、データベースのバックアップ コピーが作成され、/Users/ username/Documents/Microsoft User Data/Office 2011 Identities/ フォルダーに保存されます。 バックアップ コピーには、バックアップの作成日時が表示されます。

    • コンピューターに、現在のデータベースとコピーの両方を保存する十分な空きディスク領域がない場合は、メモリ不足エラーが発生します。 たとえば、現在のデータベースのサイズが 10 MB の場合、データベースを再構築または圧縮する前に、少なくとも 20 MB の空きディスク領域が必要です。

関連項目

Exchange アカウントで電子メールおよびその他のアイテムを受信できない

ユーザー管理

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×