Office または Lync for Mac のインストール時に発生する "無効な証明書" エラー

Office 2016 for Mac、Office for Mac 2011、または Lync for Mac 2011 をインストールしているときに "無効な証明書" エラーが表示される場合があります。これは、いくつかのインストール パッケージまたは更新パッケージが古い証明書で署名されたために発生します。更新された証明書を使用して、インストールに使用する新しいバージョンのパッケージをダウンロードするだけで済みます。このエラーは、ライセンスやサブスクリプションに影響しません。

注: 管理者がインストールに失敗する場合、無効な証明書が原因である可能性があります。

Office 2016、Office 2011、または Lync 2011 for Mac の証明書を更新する

  1. このダイアログ ボックスが表示された場合、[キャンセル] をクリックします。

    [キャンセル] をクリックします。
  2. 次の表のリンクを使用して、新しいバージョンのパッケージをダウンロードします。

    古い証明書を使用していたパッケージ

    ダウンロードする新しいバージョン

    2017 年 3 月 8 日以前に Microsoft ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードされた Office 2011 ボリューム ライセンス パッケージ (ビルド 14.4.3) (すべての言語)

    ビルド 14.6.9 (VLSC から)

    イタリア語およびノルウェー語用の Office 2011 14.7.1 インストーラー

    イタリア語およびノルウェー語用の 14.7.2 インストーラー

    ドイツ語、日本語、ポーランド語用の Office 2011 14.7.1 コンボ更新プログラム

    ドイツ語、日本語、ポーランド語用の 14.7.2 コンボ更新プログラム

    Lync 14.4.1 インストーラー

    14.4.3 Lync インストーラー更新プログラム

    OneNote 向け Office 2016 15.28.0 フル アップデーター

    15.32 OneNote 更新プログラム

    PowerPoint 向け Office 2016 15.28.0 フル アップデーター

    15.32 PowerPoint 更新プログラム

    Excel 2016 15.27.0 スタンドアロン インストーラー

    15.32 Excel スタンドアロン インストーラー

  3. [ダウンロード] フォルダーから更新プログラムを開きます。クリックしてインストールします。以上で準備完了です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×