スキップしてメイン コンテンツへ

Office の更新時にエラー コード 30182-1 (2) が表示される

Office を更新する際に、エラーコード 30182-1 (2) が表示される場合があります。

Office の更新プログラムをインストールする際に、組織の管理者がカスタムのソースの場所を使用した場合、エラーコード 30182-1 (2) が発生することがあります。

修正方法

ITPro ではないのにこのエラーが表示される場合は、IT またはヘルプ デスク部門にお問い合わせください。

組織全体のコンピューターに Office の更新プログラムをインストールする責任がある管理者の場合、このエラーを修正するには、次のいずれかの操作を行います。

オプション 1:ODT を更新する

ODT で使用する configuration.xml ファイルに AllowCdnFallback = "True" を追加します。

例:

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32" AllowCdnFallback="True">
    <Product ID="LanguagePack">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>  
</Configuration>

詳細については、「AllowCdnFallback 属性 (Add 要素の一部)」を参照してください。

オプション 2:レジストリ キーを追加する

警告: レジストリを正しく変更しないと、深刻な問題が発生することがあります。 問題によっては、オペレーティング システムの再インストールが必要になる場合があります。 Microsoft は、このような問題の解決については保証していません。

レジストリ キーを追加すると、次のことができるようになります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration\AllowCdnFallback : "True"
サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×