Office のリボンの表示/非表示の切り替え

Office のリボンの表示/非表示の切り替え

リボンは Office プログラムのウィンドウの一番上に表示されるツール バーです。作業に必要なコマンドをすばやく見つけることができます。リボンは非表示になっていることがあり、その場合はすぐに見つけられません。リボンを表示する最も簡単な方法は、[ホーム]、[挿入]、または [デザイン] などの表示されているタブをクリックすることです。リボンを隠し、画面領域を最大化することもあります。

ここでは、リボンを表示または非表示にするその他のオプションを紹介します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

リボンを常に表示する

リボン上のすべてのタブとコマンドを常に表示するように Office プログラムを設定することができます。

  1. 右上隅の [リボンの表示オプション] アイコン [リボン] アイコン をクリックします。

    [リボン オプション] アイコンは右上に表示されます。
  2. [タブとコマンドの表示] をクリックします。

    [タブとコマンドの表示] をクリックします。

リボンのタブだけを表示する

文書を見やすくしつつ、タブ間をすばやく切り替えられるように、リボンのタブだけを表示するように Office プログラムを設定することができます。

  1. 右上隅の [リボンの表示オプション] アイコンをクリックします。

    [リボン オプション] アイコンは右上に表示されます。
  2. [タブの表示] をクリックします。

    [タブの表示] をクリックします。

タブをクリックすると、コマンドが表示され、目的のオプションを選択できます。文書に戻ると、タブ コマンドがもう一度非表示になります。

リボンを折りたたむ、またはもう一度展開する

作成している文書をより多く表示する必要がある場合は、リボンを折りたたむことができます。リボンを折りたたむには、任意のリボン タブをダブルクリックするか、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押します。

リボンをもう一度表示するには、任意のリボン タブをダブルクリックまたは、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押します。

リボンがまったく表示されない場合

リボンがまったく表示されない (タブも表示されない) 場合は、自動非表示が設定されている可能性があります。画面右上にある [詳細] アイコン [その他のオプション] アイコン をクリックすると、リボンが一時的に復元されます。

[詳細] アイコンを選ぶと、リボンが一時的に復元されます。

文書に戻ると、リボンはもう一度非表示になります。リボンを表示したままにする場合は、上記の手順「リボンを常に表示する」をご覧ください。

関連項目

Office でリボンをカスタマイズする

リボンを最小化する

作成している文書をより多く表示する必要がある場合は、リボンを最小化できます。リボンを折りたたむには、右上にある [リボンの​​最小化] 矢印をクリックします。

[リボンの最小化] 矢印

リボンをもう一度表示するには、もう一度矢印をクリックします。

リボンを最小化する

以前のバージョンの Office からリボンを削除したり、ツールバーやメニューに置き換えたりする方法はありません。ただし、リボンを最小化し、画面の利用可能領域を増やすことはできます。

常にリボンを最小化された状態にする

  1. [クイック アクセス ツール バーのユーザー設定] ボタン イメージ をクリックします。

  2. リストで、[リボンの最小化] をクリックします。

  3. 最小化されたリボンを使用するには、使用するタブをクリックし、使用するオプションまたはコマンドをクリックします。
    たとえば、リボンが最小化されている状態で、Word 文書のテキストを選択し、[ホーム] タブをクリックし、[フォント] グループでテキストのサイズをクリックできます。テキスト サイズをクリックすると、リボンが最小化された状態に戻ります。

短い時間だけリボンの最小化された状態を維持する

  • リボンをすばやく最小化するには、アクティブなタブの名前をダブルクリックします。タブをもう一度ダブルクリックすると、リボンが元に戻ります。

    キーボード ショートカット:  リボンを最小化または復元するには、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押します。

リボンを復元する

  1. [クイック アクセス ツール バーのユーザー設定] ボタン イメージ をクリックします。

  2. リストで、[リボンの最小化] をクリックします。

    キーボード ショートカット:  リボンを最小化または復元するには、Ctrl キーを押しながら F1 キーを押します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×