Office のライセンス認証を行う際に "プロダクト キーが無効" というエラーが表示される

ライセンス認証ウィザードが予期せず表示され、インターネット経由での Office のライセンス認証が失敗する場合があります。この際のエラー メッセージは次のとおりです。

プロダクト キーが無効なので、この製品のライセンス認証は行えません。

このエラー メッセージのヘルプについては、以下で Office のバージョンを選択します。Office 2007、Office 2010、または Office Home & Student、Office Home & Business、Office Professional の 2016 または 2013 バージョンを使用している場合は、[パッケージ版] タブを選択します。

"このプロダクト キーは、お客様の地域では利用できません" というエラーが表示される

ここでは、最新の Office 365 サブスクリプションがある場合にこの問題を解決する方法について説明します。

  1. すべての Office アプリを閉じます。

  2. www.office.com/myaccount へ移動して、Microsoft アカウントでサインインします。

  3. 個人用 Office アカウント ページで、[インストール]、[その他のデバイス] を選んだ後、このエラーが発生しているデバイスの [非アクティブ化] を選びます。ヘルプについては、「Office 365 Solo のインストールを非アクティブにする」を参照してください。

  4. Windows では、画面の左下隅にある [スタート] ボタンを右クリックし、[エクスプローラー] を選びます。

  5. エクスプローラーの [表示] メニューで、[隠しファイル] を選びます。

  6. エクスプローラーで C:\ProgramData\Microsoft\Office\Heartbeat に移動し、HeartbeatCache を削除します。

  7. Office アプリを開き、要求されたら Microsoft アカウントでサインインします。

このメッセージが表示された場合は、Office プロダクト キーがブロックされていて、動作していないことを意味します。

Office のプロダクト キーが機能しない場合、または動作を停止する場合は、販売元に問い合わせて払い戻しをリクエストしてください。ソフトウェアとは別にプロダクト キーを購入した場合、そのプロダクト キーは盗難にあったもの、不正に取得されたもの、または使用を禁止されているものの可能性があります。残念ながら、盗難物または不正な Microsoft のプロダクト キーを販売する不誠実な販売者がいます。これらのプロダクト キーは、Microsoft ソフトウェアへのをダウンロード リンクを使用して偽造ラベルまたは偽造カードに印刷されている場合があり、プロモーション メディア、デバイスの製造元の再インストール メディア、またはその他の Microsoft プログラム固有のメディアなどの再販が許可されていないソフトウェア メディアで配布される可能性があります。

Office を購入する

元の販売元から払い戻しを受けることができず、Office を購入したい場合は、下の [Office を購入する] を選択して価格を比較して、Microsoft ストアから Office を購入してください。

[Office を購入する] へのリンク

プロダクト キーを購入した場合

Office を購入する場合は、「安全に買い物をするためのヒント」を読んで、正規の Microsoft ソフトウェアを購入していることを確認するようお勧めします。オンラインでプロダクト キーを購入する場合は、ヒント「個別に販売されているプロダクト キーに注意」を必ずお読みください。

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×