Office のプロダクト キーを変更する

この記事は、Office Home & Student、Office Home & Business、Office Professional、個々の Office アプリケーションなど、パッケージ版の Office 2016 または Office 2013 のみに適用されます

Office の複数のコピーを購入して、同じ [インストール] ボタンを使用して複数の PC に Office をインストールした場合、他の PC でのライセンス認証が失敗します。これは、各 [インストール] ボタンが 1 台の PC にのみインストール可能な一意のプロダクト キーに関連付けられているために発生します。

この問題を解決するために、Office がインストールされている他の PC のプロダクト キーを変更することができます。次のタブでプロダクト キーの変更方法を選択します。

  1. ライセンス認証が失敗する PC から Office をアンインストールします。これを行うには、「PC から Office 2016、Office 2013、または Office 365 をアンインストールする」を参照してください。

  2. Office をアンインストールした PC で、Office のインストールに使用した Microsoft アカウントに関連付けられたメール アドレスとパスワードを使用して [My Office アカウント] ページにサインインします。

  3. ライセンス認証されていないパッケージ版の [インストール] ボタンを選択して、Office を再インストールします。Office のインストールについては、「Office を PC または Mac にインストールする」を参照してください。

プロダクト キーを変更した後、インストールしたプロダクト キーを管理するリストを作成することをお勧めします。詳細については、「同じ Microsoft アカウントを使用する複数のパッケージ版の Office インストールを管理する」を参照してください。

  1. [My Office アカウント] ページで、Office のインストールに使用した Microsoft アカウントに関連付けられたメール アドレスとパスワードでサインインします。

    サインインすると、Microsoft アカウントに関連付けられている Office 製品の一覧が表示されます。

  2. ページに一覧表示されている最初の製品の [プロダクト キーの表示] を選択します。プロダクト キーをコピーするか書き留めます。これは Office をインストールするのに複数回使用されたプロダクト キーである可能性があります。

  3. 残りの Office 製品の [プロダクト キーの表示] を選択して、コピーするか書き留めます。これらは、複数回使用されたキーを置き換えるのに使用するキーである場合があります。

  4. 次に説明するように、ライセンス認証が失敗する PC でコマンド プロンプトを開きます。

    Windows 10 と Windows 8.1 の場合   

    Windows 7 の場合   

    1. 左下にある [スタート] ボタン Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン を選択します。

    2. コマンド プロンプト」と入力します。

    3. [コマンド プロンプト] のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

    1. 左下にある [スタート] ボタン Windows 7 の [スタート] ボタン を選択します。

    2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] を選びます。

  5. 下のドロップダウン リストから、お使いの Office のバージョン (2013 または 2016) および Windows のバージョン (32 ビットまたは 64 ビット) を選択し、説明どおりにコマンドを実行します。

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 「入力エラー: スクリプト ファイルが見つかりません」というメッセージが表示された場合は、間違ったコマンドを使用していることになります。違うコマンドを実行しても悪影響は何もないので、心配しないでください。お使いの Office および Windows のバージョンを確認して、他のコマンドを試します。

    1. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、Enter キーを押します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /dstatus

      コマンド プロンプトに、PC に Office をインストールするために使用されたプロダクト キーの最後の 5 文字が表示されます。次の例では、XXXXX を使用してこれらの文字を表しています。

      プロダクト キーの下 5 桁を表示するコマンド プロンプト

    2. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX を前の手順で表示されたプロダクト キーの最後の 5 桁に置き換えます。Enter キーを押してプロダクト キーを削除します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\OSPP.VBS” /unpkey:XXXXX

    3. 次のコマンドをコピーして、コマンド プロンプト ウィンドウにコマンドを貼り付け、XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX を一覧の未使用のプロダクト キーに置き換えます。Enter キーを押してキーを変更します。

      cscript “C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS” /inpkey:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    ヒント: 

  6. 次に、Word などの Office アプリを起動し、[次へ] を選択してインターネット経由で Office のライセンス認証を行います。

  7. ライセンス認証が失敗するすべての PC でこの手順を繰り返します。

プロダクト キーを変更した後、インストールしたプロダクト キーを管理するリストを作成することをお勧めします。詳細については、「同じ Microsoft アカウントを使用する複数のパッケージ版の Office インストールを管理する」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×