Office のファイルをダブルクリックしても開かない

Excel ブック、Word 文書、PowerPoint プレゼンテーションを Excel、Word、PowerPoint 2016 で開くと、次のエラーが発生することがあります。

  • ファイルが想定されるアプリケーションで開かない。たとえば、Excel ブックが Excel 2016 で開かず、代わりに別のアプリで開きます。

  • ファイルの関連付けの問題を示すエラーが発生する場合があります。たとえば、次のようなエラーが発生する場合があります。"指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連付けられていません。[フォルダ オプション] コントロール パネルでプログラムを関連付けてください。

    " または

    "この操作は現在インストールされている製品に対してのみ有効です。"

注: Excel ブックを開いてみたが、空の画面しか開かない場合は、「Excel 2016 で空の画面が開く」を参照してください。

Fix it で問題を解決する

  1. 次の Easy Fix ツールのボタンをクリックして、この問題の解決を試みてください。

    自動修正が使用できることを示す [簡易修正ツール] ダウンロード ボタン
  2. 使用しているブラウザーをドロップダウン リストで選択し、表示された手順に従ってファイルを保存してから起動します。

    1. ブラウザ ウィンドウの一番下で [保存] を選択します。

    2. 次のボックスに officefile.diagcab のダウンロードが終了しましたと表示されたら、[開く] をクリックします。

    3. Office ファイルの関連付けウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    1. ブラウザー ウィンドウの下部で [開く] を選び、officefile.diagcab ファイルを開きます。

      ファイルが自動的に開かない場合は、[保存]、[フォルダーを開く] の順に選んで、(名前が "officefile" で始まる) ファイルをダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    2. Office ファイルの関連付けウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    1. 左下に表示されている [officefile] ファイルを選び、ドロップダウンで [フォルダーに表示] を選びます。

    2. ダウンロードした [officefile] をダブルクリックして、Easy Fix ツールを実行します。

    3. Office ファイルの関連付けウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

    1. [ファイルの保存] を選んで、[OK] をクリックします。

    2. ブラウザー ウィンドウの右上で [すべての履歴を表示] を選びます。[履歴] で、[ダウンロード]、[officefile.diagcab] の順に選んでから、フォルダーのアイコンを選びます。[officefile] をダブルクリックします。

    3. Office ファイルの関連付けウィザードが起動します。[次へ] を選択し、画面の指示に従います。

クイック修復を実行してファイル関連付けの問題を修正する

  1. [コントロール パネル] を開き、[プログラム]、[プログラムと機能] の順に選びます。

  2. 次に、修復する Office 製品を選択し、[変更] を選びます。

  3. [クイック修復] オプションを選び、[修復] を選びます。

Office の修復オプションの詳細については、「Office アプリケーションを修復する」を参照してください。

これでも問題が解決しない場合は、ファイルを正しいアプリケーションに手動で関連付けてみてください。

手動で正しい Office アプリにファイルを関連付ける

  1. [スタート] ボタンを右クリックする

    注: Windows 7 を使用している場合は、[スタート]、[コントロール パネル] の順にクリックして、手順 3 までスキップしてください。

  2. [コントロール パネル] を選択する

  3. [既定のプログラム] をクリックする ([既定のプログラム] が表示されない場合は、ウィンドウの右上隅にある検索ボックスに入力して Enter キーを押す)

  4. [既定のプログラムの設定] を選択する

  5. 正しく開いていない Office 2016 アプリを選択し、[このプログラムを既定として設定する] を選択する

  6. [OK] をクリックする

ヒント: その他の Office 2016 アプリでも、この処理を繰り返すことができます。

その他すべてがうまく行かない場合は...

まず、アプリケーションを開き、そこからファイルを開けば、ファイルはまだ開けるはずです。そのためには、次の手順を実行します。

  1. ドキュメント (Word、Excel、または PowerPoint) にアクセスするために必要なプログラムを起動します。

  2. プログラムが開いたら、[ファイル]、[開く] の順にクリックし、ファイル ナビゲーターでファイルを見つけて開きます。

関連項目

Office 2016 についてさらに質問がある場合

Microsoft Answers コミュニティで、他のユーザーから投稿された質問と回答を確認したり、自分で質問を投稿したりしてください。

ご意見をお待ちしています。

この記事は、お客様のフィードバックを基に 2017 年 6 月 8 日に最後に更新されました。この記事の内容は役に立ちましたか。役に立たなかった場合は、下のフィードバック コントロールを使用し、ご意見をお寄せください。引き続き改善に取り組んで参ります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×