Office と Office デスクトップアプリケーションの間でシームレスに作業する

ドキュメントを Word、Excel、PowerPoint のいずれかで開いたり編集したりするための Web 用 Office コマンドは、最新バージョンの Office で最善の結果が得られます。 使用中の Office のバージョンが古い場合は、最新バージョンの Internet Explorer ブラウザーと合わせて最善の結果が得られます。

通常、このコマンドを使用すると、適切な Office デスクトップ アプリケーションでドキュメントが開き、デスクトップ アプリケーションのすべての機能を利用できます。 ドキュメントを保存すると、Web 用 Office で開いた元の場所に保存されます。

デスクトップアプリケーションで文書を開くときに問題が発生する場合は、 Web 用 Officeで作業を続けてください。 または、最新バージョンの Office をお試しください。 購入の準備ができていない場合は、1ヶ月間無料でお試しいただけます。

新しいバージョンの Office を既に使っている場合は、使用中のブラウザーに問題がある可能性があります。 問題を解決するため、すべての対処方法を見ていきましょう。

別のブラウザーを使う

ドキュメントを開くアドオンは、32 ビット版の Internet Explorer、Chrome、Firefox、または Safari (Mac) でのみ機能します。 それ以外のブラウザー (64 ビット版の Internet Explorer など) を使っている場合、ドキュメントのダウンロードやアップロードを手動で行うか、Web 用 Office を使用して作業を続ける必要があります。 また、Windows 8 では、スタート画面で実行したアプリケーションではなく、デスクトップで実行した Internet Explorer が使用されます。

Web 用 Office ブラウザー プラグインについてのメッセージが表示された場合は、そのままプラグインをダウンロードして、インストールします。

アドオンを実行する

適切なブラウザーと新しいバージョンの Office を使っている場合、セキュリティ設定が強力になりすぎる可能性があります。 または、アドオンが無効になっている可能性があります。 この 2 つの問題を修正するための手順を説明します。

Internet Explorer のセキュリティを設定する

  1. [ツール] の [インターネット オプション] をクリックし、[セキュリティ] タブの [信頼済みサイト] をクリックします。

  2. [セキュリティ] のスライダーが [] に設定されている場合、レベルを [中高] に下げます。

Chrome で権限を付与する

Chrome で「外部プロトコルの要求」メッセージが表示されたら、[今後このプロトコルのリンクを同様に処理する] チェック ボックスをオンにして、[プログラムを起動] をクリックします。 次回、Web 用 Office コマンドを使用してデスクトップ アプリケーションでドキュメントを開いたり編集したりするときには、これで問題なく機能します。

アドオンをもう一度有効にする

Internet Explorer では次の手順を行います。

  1. [ツール] の [アドオンの管理] をクリックします。

  2. [表示] というラベルの付いたドロップダウンリストがあります。 そのファイルを開き、[すべてのアドオン] をクリックします。

  3. アドオンの一覧をスクロールし、Microsoft の項目から [SharePoint OpenDocuments Class] をクリックします。

  4. ダイアログ ボックスの下にある [有効にする] をクリックしてから、ダイアログ ボックスを閉じます。

Firefox では次の手順を行います。

  1. Firefox のドロップダウン リストで [アドオン] をクリックし、次に [プラグイン] を選びます。

  2. Microsoft Office 2010 プラグインを探します。 その名前の後ろには (使用不可) と表示されています。

  3. [有効にする] をクリックします。

OS X Lion を 32 ビット モードで実行する

Safari または Firefox を使っていて、Mac で OS X Lion を実行している場合、32 ビット モードに切り替えます。

  1. ブラウザーを閉じます。

  2. [Finder] の [アプリケーション] で、Safari または Firefox アイコンを選びます。

  3. ブラウザーで [ファイル] の [情報の取得] をクリックし、[32 ビット モードで開く] にチェックを入れます。

  4. ブラウザーを閉じて、もう一度開きます。

Mac でドキュメントを開くためのヘルプが必要な場合は、 https://answers.microsoft.com/en-us/macの Office for Mac フォーラムを参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×