Office で使用する MS アカウントとパスワード忘却時の対応

サインインして Office をインストールまたは再インストールしたり、Office 365 サブスクリプションを管理したりするためのアカウントおよびパスワードを取得する方法は、使用している製品が家庭向け Office一般法人向け Office かによって異なります。

どのような Office 製品かわからない場合

家庭向け Office

Office 365 サブスクリプション: 次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

Office 365 Solo
Office 365 Solo
Office 365 Solo

1 回限りのお買い求めでご利用いただける Office 2016 または Office 2013 バージョン: 次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

Office Personal
Office Home and Business
Office Professional
Office Professional Plus*

ヒント: * Office Professional Plus を自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) に加入している会社のサブスクリプション経由で入手している場合は、「自宅使用プログラム (Home Use Program: HUP) で Office をインストールまたはアンインストールする」を参照してください。

1 回限りのお買い求めでご利用いただける単体の Office 2016 または Office 2013:

Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Outlook
Access
Publisher
Project
Visio

一般法人向け Office

Office 365 サブスクリプション:次の製品には、フル機能の Office アプリケーションが含まれます。

Office 365 Business
Office 365 Business Premium

Office 365 Education E5

Office 365 ProPlus
Office 365 Enterprise E3
Office 365 Enterprise E4
Office 365 Enterprise E5

Office 365 Nonprofit Business Premium
Office 365 Nonprofit E3
Office 365 Nonprofit E5

Office 365 U.S.Government Community G3
Office 365 U.S.Government Community G5

Project Online Professional
Project Online Premium

  Visio Pro for Office 365

フル機能の Office 365 アプリケーションが含まれていないサブスクリプション:

ヒント: このような Office 365 サブスクリプションについては、インストールは必要ありません。この場合、Web ブラウザーでオンライン バージョンの Office にアクセスすると、使用できます。詳細については、「Office 365 で Office Online の使用を開始する」を参照してください。

Office 365 Business Essentials

Office 365 Enterprise E1

Office 365 Education

Office 365 Nonprofit Business Essentials
Office 365 Nonprofit E1

Office 365 U.S.Government G1

Project Online Essentials

Office 2016 または Office 2013 のボリューム ライセンス版

Office Professional Plus

Office のコピーと関連付けられたアカウントは、初めて Office を購入またはライセンス認証したときに使用したメール、または [マイ アカウント] にサインインするときに使用するものと同じです。次のオプションを選択すると、ユーザー名またはパスワードに関するヘルプが表示されます。

Office 2016 のコピーをインストール済みの場合いずれかの Office アプリを開いて、Office の所有者を確認する

  1. Word や Excel など、任意の Office アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] を選びます。既存のドキュメントが表示されない場合は、[ファイル] メニューを表示するため、新しいドキュメントを作成する必要があることがあります。

  3. 左側のナビゲーションから [アカウント] を選びます。

  4. [製品情報] の下に、お求めになった Office 製品と、[所属先:] という語句に続いて、この Office のバージョンに関連付けられているアカウントが表示されます。

    Office に関連付けられている Microsoft アカウントは、Office アプリケーションの [アカウント] ウィンドウに表示されます。

    [所属先:] が表示されない場合は、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。更新の完了後、アプリを閉じて、もう一度開きます。アカウント情報が表示されます。

以前に使用した Office 2016 または Office 2013 用のプロダクト キーがある場合は、それを使用する

Microsoft アカウントの一部を確認するには、プロダクト キーを入力してください。

  1. 下の画像や受け取ったメールなどに、Office のコピーに 25 文字のプロダクト引き換えキーが付属している場合は、(Office のコピーを取得した方法によってキーを所有しているかどうかにかかわらず) キーを使って次を実行してみてください。

    Office を小売店で購入して、DVD がない場合のプロダクト キーの場所
  2. [www.office.com/setup] にアクセスします。Microsoft アカウントを入力するか、新規に作成する手順に従います。

  3. サインイン後、Office のコピーに付属していた 25 文字のキーを入力します。

  4. [個人用 Office アカウント] ページに、Office の購入またはライセンス認証に使用したか、[マイ アカウント] に最初にサインインしたときに使用した Microsoft アカウントの一部が表示されます。

    一部の Microsoft アカウントを表示する [個人用 Office アカウント] ページ
  5. [別の Microsoft アカウントでサインインします] のリンクを選択し、正しい Microsoft アカウントでサインインします。

それでも Microsoft アカウントを思い出せない場合、プロダクト キーがないか、受け取っていない場合、または他のユーザーが別のメール アドレスとパスワードで Office をインストールした場合は、個人用 Office アカウント ページの [サポートに問い合わせる (無料)] リンクを選んでサポートに問い合わせて、オプションを確認してください。

Microsoft からのメールを探す

定期的に使用している他のメール アカウントを調べて、アカウントに関するメールが Microsoft または Office から届いていないかを確認します。それらのメールでアカウント名について説明している可能性があります。

Microsoft アカウントのパスワードをリセット​​する

  1. Office と関連付けた Microsoft アカウントのパスワードを忘れた場合、https://account.live.com/ResetPassword.aspx でパスワードをリセットできます。

  2. 画面の指示に従ってパスワードをリセットします。

Microsoft アカウントのパスワードを変更する

  1. https://login.live.com に移動して、既存のユーザー名とパスワードでサインインします。

  2. [セキュリティ]、[パスワードを変更する] の順に選択します。

  3. 表示されるメッセージに従って、現在のパスワードを入力してから、新しいパスワードを入力し、新しいパスワードをもう一度入力します。

  4. [保存] をクリックします。

自分のアカウント名が正しく入力されていることを確認します。

自分のアカウント名のスペルが正しいことを再度確認します。入力ミスがないかを調べ、さらに文字の位置が取り換えられていないかを確認します。いくつかのバリエーションを試してみてください。

職場または学校のアカウント、あるいは Microsoft アカウントではないアカウントなど、間違ったアカウントでサインインしている場合

サインインには、Office と関連付けられている Microsoft アカウントを使用する必要があります。職場または学校から提供されているアカウントを使用してサインインを試みた場合、Microsoft アカウントを所有していないか、または入力したアカウントが正しくない可能性があります。

職場または学校のアカウントのヘルプについては、この記事の上部にある「一般法人向け Office」タブの解決方法をクリックしてください。

現在、職場や学校のアカウントでサインインしていて、実際には [マイ アカウント] で個人用の Office を管理するためにサインインしようとしている場合、まず、職場や学校のアカウントからサインアウトしてから、正しい Microsoft アカウントでサインインする必要があります。

アカウントは正しいが動作しない

ブロックされたアカウント、2 段階認証、セキュリティ コード、旅行先でのアカウントの問題など、Microsoft アカウントのサインインに関するその他のヘルプについては、「Microsoft アカウントにサインインできない場合」を参照してください。

Outlook.com のパスワードを変更する場合

Outlook.com のサインインに使用するパスワードの変更または更新に関するヘルプについては、「Outlook.com でパスワードを変更する」をご覧ください。

Outlook デスクトップ アプリケーションでアカウントを変更または更新する場合

PC または Mac で、Outlook デスクトップ アプリケーションのパスワードを変更するには、「電子メール アカウント設定を変更する」または「Outlook 2016 for Mac でパスワードを更新する」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

サポートに電話 これらのオプションで問題が解決しない場合や、まだ Microsoft アカウントを思い出せない場合は、お問い合わせ先のサポート エージェントが役に立つ場合があります。サポートにアクセスするために、一時的な Microsoft アカウントを作成することが必要な場合があります。

プロダクト キーと購入証明書をご用意ください。

注: Answer Desk とのチャットや電話は、一般法人向け Office 製品に関連付けられた職場や学校のアカウントを使用してサインインしているユーザーの方はご利用いただけません。職場や学校のアカウント用のサポート オプションについては、この記事の上部にある [一般法人向け Office] タブを参照してください。

職場または学校で割り当てられたメール アカウントは、職場または学校で購入した Office のコピーと関連付けられているアカウントと同じです。次のオプションを選択すると、ユーザー名またはパスワードに関するヘルプが表示されます。

ユーザー名とパスワードについて管理者に問い合わせる

職場や学校のアカウントのユーザー名を取得してパスワードを再設定できる管理者に問い合わせてください。

管理者である場合以下の「Office 365 管理者向けヘルプ」セクションを参照します。

Office 2016 がインストールされている場合に、Office アプリを開いてユーザー名を表示する

Office 2016 がインストールされていれば、ほとんどの場合、デスクトップ Office アプリケーションを開いて、Office に関連付けられている職場や学校のアカウントを表示することができます。

  1. Word や Excel など、任意の Office アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] を選びます。既存のドキュメントが表示されない場合は、[ファイル] メニューを表示するため、新しいドキュメントを作成する必要があることがあります。

  3. 左側のナビゲーションから [アカウント] を選びます。

  4. [製品情報] の下に、お求めになった Office 製品と、[所属先:] という語句に続いて、この Office のバージョンに関連付けられているアカウントが表示されます。

    Office に関連付けられている Microsoft アカウントは、Office アプリケーションの [アカウント] ウィンドウに表示されます。

    [所属先:] が表示されない場合は、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選択します。更新の完了後、アプリを閉じて、もう一度開きます。[所属先:] アカウントが表示されます。

ユーザー名はわかっているが、パスワードを忘れてリセットする必要がある場合

パスワードをリセットするためのアクセス許可を管理者から付与されている場合は、passwordreset.microsoftonline.com/ にアクセスしてください。パスワードを変更するためのアクセス許可がない場合は、管理者に問い合わせてください。

パスワードはわかっているが、変更したい場合

Office 365 でパスワードを更新するためのアクセス許可を管理者から付与されている場合にのみこれを行うことができます。

  1. www.office.com/signin にアクセスして、職場や学校のアカウント ユーザー名と既存のパスワードでサインインします。

  2. [設定] 設定: プロファイルを更新し、ソフトウェアをインストールし、クラウドに接続します 、[パスワード] の順に移動します。

    パスワードを選びます。
  3. 必要な変更を行い、[保存] をクリックします。

組織で中国の 21Vianet が運営する Office 365 を使用している場合

中国の 21Vianet が運営する Office 365 のサインイン場所は、https://login.partner.microsoftonline.cn/です。

サインインの場所は正しいが、ユーザー名とパスワードを引き続き思い出せない場合は、管理者にお問い合わせください。

組織で Office 365 Germany を使用している場合

Office 365 Germany のサインイン場所は、https://portal.office.de です。

サインインの場所は正しいが、ユーザー名とパスワードを引き続き思い出せない場合は、管理者にお問い合わせください。

職場または学校アカウントではなく、個人用アカウントでサインインします。

職場または学校バージョンの Office の [マイ アカウント] ページにサインインしようとしている場合や、既に他のアカウントでサインインしている場合は、そのアカウントからサインアウトし、正しい職場や学校のアカウントでサインインする必要があります。

または、新しいブラウザー ウィンドウでプライベートな閲覧セッションを開きます (これを行う方法がわからない場合は、ブラウザーのヘルプでご確認ください)。プライベートな閲覧セッションを開くと、閲覧データ (履歴、インターネット一時ファイル、Cookie) が保存されないため、別のアカウントでサインインすることができます。

Office 365 管理者向けヘルプ

組織の Office 365 を管理する管理者である場合は、ユーザーのアカウントおよびパスワードの管理に役立つ次の記事を使用してください。

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×