Office でインク ストロークを再生する

新世代のタッチ対応やペン対応のデバイスがリリースされているため、Word、Excel、または PowerPoint でペンを使ってドキュメントに注釈やコメントを入れたり、アイデアを図にしたりする場合があります。

手描きはそのままでも十分に便利ですが、インク ストロークの再生機能を使って描画の様子を再生すれば、段階的に図解したり、思考過程を示したりすることができます。スライドのコンテンツを非表示や表示に切り替えたり、グループや一連の要素を個別に強調表示したりできます。インクが描画される順序の確認や再生の一時停止を行ったり、再生を開始する箇所を選んだりすることができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
Office 365 サブスクライバー

この機能は、Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。サブスクライバーには毎月、新機能や機能改善が提供されます。クリックして、サブスクリプションを試用または購入してください

インク再生の使用

スタイラスまたはタッチ スクリーン デバイスを使ってページに手描きする際に、リボンの [描画] タブで [インクの再生] オプションが使用できるようになります。このオプションでインク ストロークを巻き戻し、描画の様子を再生することができます。

[インクの再生] ボタンを選び、インク​​ ストロークを巻き戻して再生します。

リボンの [インクの再生] を表示する

タッチ対応ではないデバイスで PowerPoint 2016 を使っている場合、[インクの再生] が誤って非表示に切り替わっていることがあります。この誤りは、バージョン 16.0.8112 で修正されました。PowerPoint が影響を受けている場合、16.0.8112 以降をインストールした後に、以下の手順で [描画] タブのカスタマイズをリセットすると、問題は完全に解決します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順に開きます。

  2. [オプション] ダイアログ ボックスで [リボンのユーザー設定] タブを選びます。

  3. ダイアログ ボックスの右側にあるボックスで、[リボンのユーザー設定] ボックスが [メイン タブ] または [すべてのタブ] に設定されていることを確認します。

  4. その下にある長いボックスで、[描画] タブのエントリを選びます。

  5. ダイアログ ボックスの一番下にある [リセット] というリスト ボックスを開き、[選択したリボン タブのみをリセット] を選びます。

  6. [OK] をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。

    [インクの再生] ボタンが [描画] タブに復元されます。

関連項目

Microsoft Office について質問やフィードバックがある場合

Microsoft Office に関するフィードバックを送信する方法」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×