Oct 関数

バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) の値を返します。数値を 8 進数で示します。

構文

Oct( number )

number argumentは必ず指定します。任意の有効なnumeric expressionまたはstring expressionを指定します。

解説

引数 number に小数点以下の値を持つ式を指定すると、変換する前に最も近い整数に四捨五入されます。

引数 number

Oct の戻り値

Null

Null

Empty

ゼロ (0)

その他の数値

最大 11 桁の 8 進数


適切な範囲の数値の前に &O を付けて記述すると、値を直接 8 進数で表すことができます。たとえば、10 進数の 8 の場合は、&O10 のように 8 進数で表記することができます。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、Oct 関数を使用して数値の 8 進数を返します。

Dim MyOct
MyOct = Oct(4) ' Returns 4.
MyOct = Oct(8) ' Returns 10.
MyOct = Oct(459) ' Returns 713.
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×