ORM 図を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio の [ORM 図] テンプレートには、オブジェクト ロール モデリング (ORM) 表記法によって、ビジネス ルールを理解し、データベースを設計するために必要な図形がすべて含まれています。ORM は、オブジェクトとそのオブジェクトが果たす役割の観点からものごとを表現する、意味論的なモデリング図法です。

ORM 図の例

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[ソフトウェアおよびデータベース] をポイントして、[ORM 図] をクリックします。

    ヒント: ORM 図を作成する前に、データベースに格納する情報を書き出して、考えをまとめておきます。存在するオブジェクト、その識別方法、およびロールを、簡潔な文を使用して記述します。

  2. オブジェクト型 (エンティティ) を追加して名前を付けます。

    1. [ORM 図] から図面ページに、オブジェクト型を記号化する [エンティティ] 図形をドラッグします。

    2. 図形を選択して、エンティティの種類の名前を入力します。

    3. Enter キーを押して、エンティティの参照モードをかっこの中に入力します。

  3. 値の種類を追加して名前を付けます。

    1. [ORM 図] から図面ページに [] 図形をドラッグします。

    2. 図形を選択した状態で、値の種類の名前を入力します。

  4. サブタイプを示します。

    1. [ORM 図] から図面ページに [サブタイプ コネクタ] 図形をドラッグします。

    2. サブタイプ エンティティ図形の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に終点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。

      コネクタが図形に接続されると、終点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

    3. [開始ポイント 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 (矢印の終了) に他のエンティティの接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に接着します。

  5. 次のいずれかを実行します。

    1. オブジェクト型間のリレーションシップ、ロール、またはファクトを示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、または [4 項]) をドラッグします。

        リレーションシップにかかわるすべてのオブジェクト型 (エンティティ図形) を関連付けるのに十分なロール ボックスを持つ述語図形を使用します。たとえば、3 つのエンティティ間のリレーションシップを示す場合は、[3 項] 図形を使用します。

      2. [ORM 図] から図面ページに [ロール コネクタ] 図形をドラッグします。

      3. リレーションシップを定義するオブジェクトの種類 (エンティティ図形) の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X ロール コネクタ図形の開始点 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 に接着します。

        コネクタが図形に接続されると、始点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

      4. (手順 1 から述語図形の該当するロール ボックスに、ロール コネクタ図形の端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) を接着します。

      5. 述語図形をダブルクリックします。挿入ポイントを楕円 (または、プレースホルダ) の間に置き、エンティティのロール名を入力します。

      6. リレーションシップを定義する各エンティティに対して手順 2. ~ 5. を繰り返します。

    2. エンティティと値の間のリレーションシップ、ロール、または参照を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [ロール コネクタ] 図形をドラッグします。

      2. リレーションシップを定義するエンティティの種類 (エンティティ図形) の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X ロール コネクタ図形の開始点 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 に接着します。

        コネクタが図形に接続されると、始点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

      3. [ORM 図] から図面ページに [2 項] 図形または [2 項 (縦)] 図形をドラッグします。

      4. バイナリまたは垂直方向のバイナリ図形の最後にロール コネクタ図形の端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。

      5. [2 項] 図形をダブルクリックして、テキストを編集します。挿入ポイントを楕円またはプレースホルダの間に置き、エンティティのロール名を入力します。

        ヒント: [2 項 (縦)] 図形の楕円および名前を反対側に移動するには、図形を右クリックして [図形] をポイントし、ショートカット メニューの [左右反転] をクリックします。

  6. オブジェクト化された述語を作成して、ネストされたオブジェクトを示します。

    1. [描画ツール] ツールバーを表示する[描画ツール] ボタン ボタンの画像 をクリックし、[四角形ボタンの画像 ツール] をクリックします。 

    2. オブジェクト化された述語として識別する述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、[4 項]) の周囲に四角形を描画します。

    3. 四角形を右クリックし、ショートカット メニューの [図形] をポイントして、[最背面へ移動] をクリックします。

    4. 四角形を選択した状態で、[書式] メニューの [角の丸み] をクリックして、一番上の行の 3 番目のオプションをクリックします。次に [OK] をクリックします。

  7. 次のいずれかを実行します。

    1. 必須ロール制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [必須ロール コネクタ] 図形をドラッグします。

      2. オブジェクト (エンティティ図形) の接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X に黒の丸 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 の始点を接着します。

        コネクタが図形に接続されると、始点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

      3. コネクタの端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。ロール コネクタ(単項バイナリ垂直方向のバイナリ、または4 項) 述語の図形にします。

    2. 一意性制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [一意性制約] 図形をドラッグします。

      2. 制約する述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、[4 項]) の真上または真下に図形を配置します。

      3. 矢印述語図形上の適切な役割] ボックスにまたがるように端点 ( 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 または 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) ) のいずれかをドラッグします。

    3. 頻度制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [頻度制約] 図形をドラッグします。

      2. 制約する述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、[4 項]) の近くに図形を配置します。

      3. 図形を選択した状態で、頻度を入力します。

    4. セット比較制約または等値制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [サブセット制約] 図形または [等値制約] 図形をドラッグします。

      2. 制約するロールを含む述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、[4 項]) の間に図形を配置します。

      3. 接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 述語図形上の適切なロール ボックスに、サブセット制約または等値の制約の図形の開始点 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 に接着します。

        コネクタが図形に接続されると、始点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

      4. その他の述語図形の該当するロール] ボックスにサブセット制約または等値の制約の図形の端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。

    5. リング制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに [リング制約] 図形をドラッグします。

      2. 制約する 2 つのロールを含む述語図形 ([単項]、[2 項]、[2 項 (縦)]、[3 項]、[4 項]) の近くに図形を配置します。

      3. 次のいずれかを実行します。

        • 2 つの役割が長い述語の一部である場合は、各端点 ( 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) ) の述語図形上の役割のいずれかにリング制約] 図形に接着します。

        • 2 つのロールが 2 項述語である場合、[リング制約] 図形をクリックして、[書式] メニューの [] をクリックします。[模様] ボックスの一覧の [なし] をクリックして、[OK] をクリックします。

      4. [リング制約] 図形を右クリックして、ショートカット メニューで目的のリング制約の種類をクリックします。

    6. 外部制約を示します。

      1. [ORM 図] から図面ページに外部制約図形 ([外部頻度制約][外部主参照制約][外部必須制約][外部一意性制約]) をドラッグします。

      2. 制約するロールを表す述語図形の近くに図形を配置します。

      3. [ORM 図] から図面ページに [制約コネクタ] 図形をドラッグします。

      4. 外部制約] 図形に接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 制約コネクタ図形の開始点 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 に接着します。

        コネクタが図形に接続されると、始点の色が赤に変わります。図形を移動しても、接続は保持されます。

      5. 述語図形 (単項バイナリ垂直方向のバイナリ3 項、または4 項) の該当するロール ボックスに制約コネクタ図形の端点 終点の画像 (緑色の四角形の中にプラス記号) に接着します。

      6. 外部制約図形 ([外部頻度制約]、[外部主参照制約]、[外部必須制約]、[外部一意性制約]) の頻度を変更するには、図形を選択して、頻度を入力します。

  8. 図面を保存します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×