OLE DB データ接続を更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel ブックが OLE DB データ ソース内のテーブルまたはクエリに接続されている場合は、最新の情報が表示されるようにすることができます。これを行うには、[更新] コマンド ([データ] タブ) を使用します。

OLE DB データに最初に接続する必要がありますか。

  1. ワークシートで OLE DB データが含まれるセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] グループで、[すべて更新] の横の矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

データ接続を更新する

接続の更新方法と更新頻度を制御するには、次の操作を行います。

  1. OLE DB データが含まれるセルをクリックします。

  2. [接続] グループで、[すべて更新] の横の矢印をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします。

非常に大きなデータ セットの場合は、バックグラウンドで更新を実行することを検討してください。これにより Excel の制御が戻り、更新が完了するまで数分以上待つ必要がなくなります。

接続のプロパティ

  1. [使用] タブで、変更するオプションを設定します。

更新を確認またはキャンセルする

ブックが大きなデータ ソースに接続されている場合は、更新に予想よりも時間がかかることがあります。更新を確認またはキャンセルするには、次のいずれかの操作を行います。

  • クエリの状態を確認する    Excel のステータス バーに、クエリが実行中であることを示すメッセージが表示されます。メッセージをダブルクリックし、クエリの状態を確認します。

  • バックグラウンドの更新を中止する   バックグラウンドで実行されているクエリを中止するには、ステータス バーのクエリのステータス メッセージをダブルクリックして [外部データの更新状況] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止する   バックグラウンドの更新がオフになっているときにクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

他のデータ ソースを更新する

SQL Server データ接続を更新する

Access データ接続を更新する

別のブックへのデータ接続を更新します。

外部データ接続を更新します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×