OLAP ピボットテーブル レポートで名前付きセットを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel では、オンライン分析処理 (OLAP) ピボット テーブルを使用すると、柔軟な機能を使って名前付きセットを作成できます。

  • 共通のアイテム セットをグループ化して、それらのセットがデータ内に存在しない場合でも再利用できるようにする。

  • 以前のバージョンの Excel ではできなかった方法で、別の階層からアイテムを結合する。これはしばしば、非対称レポートと呼ばれます。

  • カスタムの多次元式 (MDX) を使って名前付きセットを作成する。MDX は OLAP データベースのクエリ言語で、ワークシートの数式に似た計算の構文を提供します。

MDX クエリ言語に慣れていない場合は、行または列のピボット テーブル レポート内のアイテムに基づいて名前付きセットを作成できます。MDX クエリ言語の詳細については、クエリの多次元データを参照してください。

MDX クエリ言語に習熟している場合は、MDX を使って名前付きセットを作成または変更できます。

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成する

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブで [フィールド/アイテム/セット] をクリックし、[行アイテムに基づいてセットを作成] または [列アイテムに基づいてセットを作成] をクリックします。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. [セット名] ボックスで、セットとして使う名前を入力します。

  4. 名前付きセットに含めるアイテムの行を選ぶには、次の操作のうち 1 つ以上を行います。

    • 行を削除するには、] を選択する行の左側をクリックし、行の削除] をクリックしてください

    • 新しい行を追加するには、下に新しい行を追加する行の左側をクリックし、[行の追加] をクリックします。

    • アイテムのコピーを作成するには、コピーする行の左側をクリックし、[行のコピー] をクリックします。

    • アイテムを移動するには、移動する行の左側をクリックし、上向き矢印下向き矢印を使います。

  5. 異なるレベルのアイテムは階層内の別々のフィールドに表示され、名前付きセットによって、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • これらのアイテムを、他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェック ボックスをオフにします。

    • 行または列の領域に現在のフィールドが表示されたままにするには、[行エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスまたは [列エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスをオフにします。 [OK] をクリックすると、セットはピボットテーブルに表示されなくなりますが、[ピボットテーブルのフィールド] リストからは利用できます。

  6. [OK] をクリックして、名前付きセットを作成します。

    名前付きセットにはフィルターを適用できません。

MDX を使って名前付きセットを作成する

重要:  MDX を使って名前付きセットを作成するか、既存の名前付きセットの MDX 定義を変更する場合、必ず MDX を使って追加の修正を行ってください。

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブで [フィールド/アイテム/セット]、[セットの管理] の順にクリックします。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. [新規作成]、[MDX を使用してセットを作成] の順にクリックします。

  4. [セット名] ボックスで、セットとして使う名前を入力します。

  5. 名前付きセットの MDX 定義を設定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • [セットの定義] ボックスに、MDX 定義を入力するか、コピーした MDX 定義を入力または貼り付けます。

    • [フィールドとアイテム] タブで、含めるフィールド リストのエントリを選び、[挿入] をクリックします。

      また、フィールド リストのエントリを [セットの定義] ボックスにドラッグするか、フィールド リストのエントリをダブルクリックすることもできます。

      使用可能なフィールド リストのエントリ

      フィールド リストのエントリ

      Adventure Works のキューブを使って生成された MDX の例

      ディメンション

      [Product]

      属性の階層 (すべてのメンバーが含まれる)

      [Product].[Category]

      属性の階層レベル (すべてのメンバーが含まれるわけではない)

      [Product].[Category].[Category]

      属性の階層からのメンバー

      [Product].[Category].&[4]

      ユーザーの階層

      [Product].[Product Categories]

      ユーザーの階層レベル

      [Product].[Product Categories].[Category]

      ユーザーの階層からのメンバー

      [Product].[Product Categories].[Category].&[4]

      メジャー

      [Measures].[Internet Sales Amount]

      計算メジャー

      [Measures].[Internet Ratio to Parent Product]

      名前付きセット

      [Core Product Group]

      KPI の値

      KPIValue(“Product Gross Profit Margin)

      KPI の目標

      KPIGoal(“Product Gross Profit Margin”),

      KPI の状態

      KPIStatus(“Product Gross Profit Margin”)

      KPI の傾向

      KPITrend(“Product Gross Profit Margin”)

      ユーザーの階層からのメンバー プロパティ

      [Product].[Product Categories].Properties(“Class” )

      属性の階層からのメンバー プロパティ

      [Product].[Product].Properties(”Class”)

    • [関数] タブで、使用可能な MDX 関数から目的の関数を選び、[挿入] をクリックします。 MDX 関数は Analysis Services によってサポートされており、Excel VBA 関数は含まれていません。

      関数の引数は、山かっこ (<< >>) に囲まれています。 プレースホルダーの引数は、その引数をクリックして、使いたい名前を入力すると置き換えることができます。

      MDX 関数の例:

      ADDCALCULATEDMEMBERS(«Set»)
      集計(«設定» [、«数式»])
      «Level».ALLMEMBERS
      «Hierarchy».ALLMEMBERS
      親 («メンバー» «Level»)
      («メンバー» «距離»)
      祖先(«メンバー» «距離»)
      祖先(«メンバー» «Level»)
      («メンバー»)
      平均(«設定» [、«数式»])
      («数値式»)
      BOTTOMNCOUNT(«設定» «Count» [, «数式»])
      BOTTOMPERCENT(«設定»、«パーセンテージ» «数式»)
      BOTTOMSUM(«値を設定»、«» «数式»).

  6. 新しい MDX 定義をテストするには、[MDX のテスト] をクリックします。

    異なるレベルからのアイテムは、階層内の別々のフィールドに表示されます。フィールドは並べ替えられ、重複しているエントリは自動的に削除されます (HIERARCHIZE と DISTINCT がセットに追加されるため)。名前付きセットにより、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • これらのアイテムを、他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェック ボックスをオフにします。

    • 既定の階層を変更して重複するエントリを維持するには、[自動的に並べ替えて、セットから重複を削除する] チェック ボックスをオフにします。

    • 行または列の領域に現在のフィールドが表示されたままにするには、[行エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスまたは [列エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスをオフにします。 [OK] をクリックすると、セットはピボットテーブルに表示されなくなりますが、[ピボットテーブルのフィールド] リストからは利用できます。

    • SQL Server Analysis Services のキューブに接続している場合、動的な名前付きセットが作成されます。 この名前付きセットは、更新するたびに自動的に再計算されます。

      更新のたびに名前付きセットが再計算されないようにするには、[更新するたびにセットを再計算する] チェック ボックスをオフにします。

  7. [OK] をクリックして、名前付きセットを作成します。

注: 名前付きセットにはフィルターを適用できません。

名前付きセットを編集または削除する

  1. OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [分析] タブで [フィールド/アイテム/セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

    [フィールド/アイテム/セット]

  3. 編集または削除するセットを選びます。

  4. 次の操作のいずれかを行います。

    • 名前付きセットを編集するには、[編集] をクリックして変更を加えます。

    • 名前付きセットを削除するには、[削除] をクリックして、確認のために [はい] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×