OLAP ピボットテーブル レポートで名前付きセットを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オンライン分析処理OLAP Excel 2010 でピボット テーブルを使用すると、柔軟な機能を使用できる、名前付きセットを作成できます。

  • 共通のアイテムをグループ化して、データ内に存在しない場合でも再利用できるようにします。

  • 以前のバージョンの Excel ではできなかった方法で、別の階層からアイテムを結合します (非対称レポートとして使用される場合があります)。

  • カスタムの多次元式 (MDX) を使用して名前付きセットを作成します。NDX は OLAP データベースのクエリ言語で、ワークシートの数式に似た計算の構文を提供します。

多次元式 (MDX) クエリ言語に慣れていない場合は、行または列のピボット テーブル レポート内のアイテムに基づいて名前付きセットを作成できます。MDX クエリ言語の詳細については、クエリの多次元データを参照してください。

MDX クエリ言語に慣れている場合は、MDX を使用して名前付きセットを作成または変更できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成します。

MDX を使用して、名前付きセットを作成するには

編集または名前付きセットを削除します。

行または列のアイテムに基づいて名前付きセットを作成する

  1. 名前付きセットを作成する OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

[ピボットテーブル ツール] が開き、[オプション] タブおよび [デザイン] タブが表示されます。

  1. [オプション] タブの [計算] グループではフィールド、アイテム, /セット] をクリックし、作成アイテムに基づいてセットの行または列のアイテムに基づくセットを作成する] をクリックします。

ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

[新しいセット] ダイアログ ボックスが表示されます。必要に応じて、ダイアログ ボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグして、ダイアログ ボックスのサイズを変更できます。

  1. [セット名] ボックスで、セットとして使用する名前を入力します。

  2. 名前付きセットを含める行を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • アイテムのリストから行を削除するには、領域を選ぶには、行の左側をクリックし、[ ]行の削除] をクリックしてください

    • アイテムのリストに新しい行を追加するには、新しい行を追加する下の行の左側の領域をクリックして、[行の追加] をクリックします。

    • アイテムのコピーを作成するには、コピーする行の左側の領域をクリックし、[行のコピー] をクリックします。

    • 別の場所にアイテムを移動するには、移動する行の左側の領域をクリックして、↑キーおよび↓キーを使用して目的の場所に移動します。

  3. 既定では、異なるレベルのアイテムはそれぞれ階層内の独立したフィールドに表示されます。名前付きセットによって、行または列内の現在のフィールドが置き換えられます。

    • これらのアイテムを、他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェック ボックスをオフにします。

    • 行または列の領域に現在のフィールドが表示されたままにするには、[行エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスまたは [列エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスをオフにします。[OK] をクリックすると、セットはピボットテーブルに表示されなくなりますが、[ピボットテーブルのフィールド リスト] からは利用できます。

  4. [OK] をクリックして、名前付きセットを作成します。

    注: 

  5. ダイアログ ボックスを閉じた後にすべてのアクションを元に戻すには、クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] をクリックします。

  6. 名前付きセットには、どの種類のフィルターも適用できません。

ページの先頭へ

MDX を使用して名前付きセットを作成する

重要: 名前付きセットを作成するのにはまたは既存の名前付きセットの MDX 定義を変更するには、MDX を使用するときに、追加の変更は MDX を使用してのみ実行できます。

  1. カスタムの名前付きセットを作成する OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [計算] グループではフィールド、アイテム, /セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

[セットの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。必要に応じて、ダイアログ ボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグして、ダイアログ ボックスのサイズを変更できます。

  1. [新規作成]、[MDX を使用してセットを作成] の順にクリックします。

  2. [セット名] ボックスで、セットとして使用する名前を入力します。

  3. MDX 定義を名前付きセットとして設定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • [セットの定義] ボックスに、MDX 定義を入力するか、コピーした MDX 定義を貼り付けます。

    • [フィールドとアイテム] タブで、含めるフィールド リストのエントリを選択し、[挿入] をクリックします。

      また、フィールド リストのエントリを [セットの定義] ボックスにドラッグするか、フィールド リストのエントリをダブルクリックしても同じです。

      使用可能なフィールド リストのエントリ

      フィールド リストのエントリ

      飛騨物産株式会社のキューブを使用して生成された MDX の例

      ディメンション

      [Product]

      属性の階層 (すべてのメンバーを含む)

      [Product].[Category]

      属性の階層レベル (すべてのメンバーを含まない)

      [Product].[Category].[Category]

      属性の階層からのメンバー

      [Product].[Category].&[4]

      ユーザーの階層

      [Product].[Product Categories]

      ユーザーの階層レベル

      [Product].[Product Categories].[Category]

      ユーザーの階層からのメンバー

      [Product].[Product Categories].[Category].&[4]

      測定

      [Measures].[Internet Sales Amount]

      計算された測定

      [Measures].[Internet Ratio to Parent Product]

      名前付きセット

      [Core Product Group]

      KPI 値

      KPIValue(“Product Gross Profit Margin)

      KPI 販売目標

      KPIGoal(“Product Gross Profit Margin”),

      KPI の状態

      KPIStatus(“Product Gross Profit Margin”)

      KPI の傾向

      KPITrend(“Product Gross Profit Margin”)

      ユーザーの階層からのメンバーのプロパティ

      [Product].[Product Categories].Properties(“Class” )

      属性の階層からのメンバーのプロパティ

      [Product].[Product].Properties(”Class”)

    • [関数] タブで、使用可能な MDX 関数から 1 つ以上の関数を選択し、[挿入] をクリックします。MDX 関数は、Analysis Services によってサポートされており、VBA 関数は含まれていません。

      関数の引数には、山かっこ (<< >>) を含めることができます。プレースホルダーの引数は、引数をクリックして、有効な名前を入力することで置き換えることができます。

      MDX 関数の例

      ADDCALCULATEDMEMBERS( «Set» )
      AGGREGATE( «Set»[, «Numeric Expression»] )
      «Level».ALLMEMBERS
      «Hierarchy».ALLMEMBERS
      ANCESTOR( «Member» «Level» )
      ANCESTOR( «Member», «Distance» )
      ANCESTORS( «Member», «Distance» )
      ANCESTORS( «Member», «Level» )
      ASCENDANTS( «Member» )
      AVG( «Set»[, «Numeric Expression»] )
      AXIS( «Numeric Expression» )
      BOTTOMNCOUNT( «Set», «Count»[, «Numeric Expression»] )
      BOTTOMPERCENT( «Set», «Percentage», «Numeric Expression» )
      BOTTOMSUM( «Set», «Value», «Numeric Expression» ) …

  4. 新しい MDX 定義をテストするには、[MDX のテスト] をクリックします。

  5. 既定では、異なるレベルからのアイテムは、階層内の独立したフィールドに表示されます。フィールドは自動的に並べ替えられ、重複しているエントリは削除されます (HIERARCHIZE と DISTINCT がセットに追加されるため)。名前付きセットにより、行または列の領域の現在のフィールドが置き換えられます。

    • これらのアイテムを、他のアイテムと同じフィールドに表示するには、[異なるレベルのアイテムを別のフィールドに表示する] チェック ボックスをオフにします。

    • 既定の階層を変更して重複するエントリを維持するには、[自動的に並べ替えて、セットから重複を削除する] チェック ボックスをオフにします。

    • 行または列の領域に現在のフィールドが表示されたままにするには、[行エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスまたは [列エリアに現在あるフィールドを新しいセットで置き換える] チェック ボックスをオフにします。[OK] をクリックすると、セットはピボットテーブルに表示されなくなりますが、[ピボットテーブルのフィールド リスト] からは利用できます。

  6. SQL Server 2008 Analysis Services のキューブに接続している場合、既定では動的な名前付きセットが作成されます。この名前付きセットは、更新するごとに自動的に再計算されます。

    • 更新ごとに名前付きセットが再計算されないようにするには、[更新するたびにセットを再計算する] チェック ボックスをオフにします。

  7. [OK] をクリックして、名前付きセットを作成します。

    注: 

  8. ダイアログ ボックスを閉じた後にすべてのアクションを元に戻すには、クイック アクセス ツール バーの [元に戻す] をクリックします。

  9. 名前付きセットには、どの種類のフィルターも適用できません。

ページの先頭へ

名前付きセットを編集または削除する

  1. 編集または削除する名前付きセットが含まれている OLAP ピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [オプション] タブの [計算] グループではフィールド、アイテム, /セット] をクリックし、[セットの管理] をクリックします。

ピボットテーブル ツール: [オプション] タブの [計算] グループ

[セットの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。必要に応じて、ダイアログ ボックスの右下隅にあるサイズ変更ハンドルをドラッグして、ダイアログ ボックスのサイズを変更できます。

  1. 編集または削除するセットを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 選択された名前付きセットを編集するには、[編集] をクリックし、変更を加えます。

    • 選択した名前付きセットを削除するには、[削除] をクリックし、確認のため [はい] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×