OLAP データベースに接続する、OLAP データベースをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office データ接続 (.odc) ファイルを使用して、オンライン分析処理 (OLAP) データベースに接続することができます。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で [その他のデータ ソース] をクリックし、[Analysis Services] をクリックします。

    [データ] タブの [外部データの取り込み]

    データ接続ウィザードが表示されます。このウィザードでは 3 つの画面が表示されます。

    画面の 1: データベース サーバーに接続します。   

  2. 手順 1. では、[サーバー名] ボックスに OLAP サーバーの名前を入力します。

    注: オフライン キューブ ファイルを指定するには、完全なファイル パス、ファイル名拡張子を入力します。オフライン キューブ ファイルを作成する方法の詳細については、 OLAP サーバー データベースからオフライン キューブ ファイルを作成するを参照してください。

  3. 手順 2. では、[ログイン時の証明] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在の Windows ユーザー名とパスワードを使用するには、[Windows 認証を使用する] をクリックします。

    • データベース ユーザー名とパスワードを入力するには、[以下のユーザー名とパスワードを使用する] をクリックし、対応する [ユーザー名] ボックスと [パスワード] ボックスにユーザー名とパスワードを入力します。

      セキュリティに関するお知らせ : 

      • パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

      • パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、マイクロソフトでパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

      画面 2: データベースとテーブルを選択します。   

  4. [使用するデータが含まれているデータベースを選択] で、データベースを選択します。

  5. データベース内の特定のキューブに接続するには、[指定したキューブまたはテーブルに接続] チェック ボックスをオンにしていることを確認し、一覧でキューブを選択します。

    画面の 3: データを保存するファイルとの接続   

  6. 必要に応じて、[ファイル名] ボックスで、既定のファイル名を修正します。[参照] をクリックして [My Data Sources] の既定のファイルの場所を変更するか、または既存のファイル名を確認します。

  7. 必要に応じて、[説明] ボックス、[フレンドリ名] ボックス、および [キーワード検索] ボックスに、ファイルの説明、フレンドリ名、および一般的な検索キーワードを入力します。

  8. ピボットテーブルを更新したときに常に接続ファイルが使用されるようにするには、[常にこのファイルを使用してデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。これによって、接続ファイルに対する更新が、この接続ファイルを使用するすべてのブックで常に使用されます。

  9. ブックを Excel Services に保存し、Excel Services を使用して開く場合に、ピボットテーブルにアクセスする方法を指定するには、[認証の設定] をクリックし、次のオプションのいずれかを使用してデータ ソースにログオンします。

    • Windows 認証     このオプションを選択すると、現在のユーザーの Windows ユーザー名とパスワードが使用されます。安全性は最も高いのですが、ユーザー数が多いとパフォーマンスに影響する場合があります。

    • SSO     シングル サインオンを使用するには、このオプションをオンにして、適切な識別文字列を [SSO ID] ボックスに入力します。サイト管理者は、ユーザー名とパスワードを格納できるシングル サインオン データベースを使用するよう、SharePoint サイトを設定することもできます。この方法は、ユーザー数が多い場合に最も効率的です。

    • なし     このオプションを選択すると、ユーザー名とパスワードが接続ファイルに保存されます。

      セキュリティに関するお知らせ : Avoid saving logon information when connecting to data sources. This information may be stored as plain text, and a malicious user could access the information to compromise the security of the data source.

  10. 注: この認証設定は Excel Services でのみ使用され、Microsoft Office Excel では使用されません。ブックを Excel または Excel Services のどちらで開いても同じデータにアクセスするようにするには、Excel で同じ認証設定が使用されていることを確認してください。

  11. [OK] をクリックします。

  12. [完了] をクリックしてデータ接続ウィザードを閉じます。

    [データのインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。

  13. [このデータをブックでどのように表示するかを選択してください。] で、次のいずれかの操作を行います。

    • ピボットテーブル レポートのみを作成するには、[ピボットテーブル レポート] をクリックします。

    • ピボットテーブル レポートとピボットグラフ レポートを作成するには、[ピボットグラフ/ピボットテーブル レポート] をクリックします。

    • 選択した接続をブックに保存して後で使用できるようにするには、[接続の作成のみ] チェック ボックスをオンにします。これによって、作成したキューブ関数を含む数式で接続を使用し、ピボットテーブル レポートを作成しないことを選択できます。

  14. [データを返す先を選択してください。] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存のワークシートにピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを配置するには、[既存のワークシート] をクリックし、ピボットテーブル レポートを配置するセル範囲の先頭のセルを入力します。

      または、ダイアログ縮小 ボタン イメージ をクリックして] ダイアログ ボックスを一時的に非表示にする、ワークシートで、先頭のセルを選択し、[ダイアログ展開 ボタン イメージ キーを押します。

  15. 新しいワークシートのセル A1 からピボットテーブル レポートを配置するには、[新規ワークシート] をクリックします。

  16. 必要に応じて、プロパティ] をクリックして、接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、必要な設定を変更し、 [OK] をクリックして、接続のプロパティを変更できます。詳細については、接続のプロパティを参照してください。

ヒント: Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services データベースに接続されているブックを使用している場合は、オンライン分析処理 (OLAP) サーバーの多次元式 (MDX)、または構成手順に関する参考情報など、特定の製品の質問に回答する追加情報を必要があります。

SQL Server 2005 Analysis Services の詳細については、次の方法で情報を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×