ODBC データ ソースを管理する

ODBC (Open Database Connectivity) は、Microsoft Access データベースを Microsoft SQL Server などの外部データ ソースに接続するために使用できるプロトコルです。この記事には、ODBC データ ソースに関する全般的な情報、データ ソースの作成方法、および Microsoft Access を使ってそれらに接続する方法が含まれています。特定のデータベースの製品や使用する ODBC ドライバーによって手順が異なる場合があります。

この記事の内容

ODBC データ ソースについて

ODBC データ ソースの追加

ODBC データ ソースについて

データ ソースとは、データのソースのことで、そのデータはデータにアクセスするために必要な接続情報と組み合わせられています。データ ソースの例として、SQL Server、Oracle RDBMS、スプレッドシート、テキスト ファイルなどがあります。接続情報の例には、サーバーの場所、データベース名、ログオン ID、パスワード、データ ソースに接続する方法を説明するさまざまな ODBC ドライバー オプションなどがあります。この情報は、接続するデータベースの管理者から入手できます。

ODBC アーキテクチャでは、Access などのアプリケーションが、ODBC ドライバー マネージャーに接続し、それがさらに特定の ODBC ドライバー (Microsoft SQL ODBC ドライバーなど) を使用してデータ ソースに接続します。Access では、ODBC データ ソースを使用して、組み込みのドライバーがない Access の外部のデータ ソースに接続します。

これらのデータ ソースに接続するには、次の操作を行う必要があります。

  • データ ソースが含まれているコンピューターに、適切な ODBC ドライバーをインストールします。

  • Microsoft Windows レジストリまたは DSN ファイルに接続情報を保存するために ODBC データ ソース アドミニストレーターを使用するか、接続情報を ODBC ドライバー マネージャーに直接渡すための Visual Basic コードの接続文字列を使用して、データ ソース名 (DSN) を定義します。

マシン データ ソース

マシン データ ソースは、特定のコンピューター上の Windows レジストリに接続情報を格納します。マシン データ ソースは、それらが定義されているコンピューター上でのみ使用できます。ユーザーとシステムの 2 種類のコンピューターのデータ ソースがあります。ユーザー データ ソースは、現在のユーザーのみが使用でき、そのユーザーにのみ表示されます。システム データ ソースは、コンピューター上のすべてのユーザーが使用でき、コンピューターのすべてのユーザーとシステム全体のサービスに表示されます。ログオンしているユーザーのみがマシン データ ソースを表示でき、リモート ユーザーが別のコンピューターにコピーすることはできないために、マシン データ ソースはセキュリティを強化する場合に特に便利です。

ファイル データ ソース

ファイル データ ソース (DSN ファイルとも呼ばれます) は、Windows レジストリではなく、テキスト ファイルに接続情報を保存し、通常はマシン データ ソースより柔軟に使用できます。たとえば、ファイル データソースを適切な ODBC ドライバーが含まれる任意のコンピューターにコピーし、アプリケーションが、使用するすべてのコンピューターへの一貫性のある正確な接続情報に依存できるようにすることができます。または、単一のサーバー上にファイル データ ソースを配置し、ネットワーク上の多くのコンピューターの間でそれを共有し、1 つの場所で簡単に接続情報を維持することができます。

ファイル データ ソースは共有できないようにすることもできます。共有不能なファイル データ ソースは、1 台のコンピューターに含まれ、マシン データ ソースをポイントします。共有不能なファイル データ ソースを使用して、ファイル データ ソースから既存のマシン データ ソースにアクセスすることができます。

接続文字列

モジュールでは、接続情報を指定する書式設定された接続文字列を定義できます。接続文字列は、直接 ODBC ドライバー マネージャーに接続情報を渡し、システム管理者またはユーザーがデータベースを使用する前に DSN を作成するという要件をなくすことで、アプリケーションを簡略化できます。

ODBC インターフェイスの詳細については、MSDN の「ODBC Programmer's Reference」 (ODBC プログラマー リファレンス) セクションを参照してください。

ページの先頭へ

ODBC データ ソースの追加

続行する前に、接続するデータ ソースの適切な ODBC ドライバーを入手してインストールします。

注:  ODBC データ ソースを追加または構成するためには、ローカル コンピューターの管理者グループのメンバーになっている必要があります。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、[管理ツール] をダブルクリックします。

  3. [管理ツール] ダイアログ ボックスで、[データ ソース (ODBC)] をダブルクリックします。

    [ODBC データ ソース アドミニストレーター] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. 追加するデータ ソースの種類に応じて、[ユーザー DSN]、[システム DSN]、または [ファイル DSN] をクリックします。詳細については、「ODBC データ ソースについて」セクションを参照してください。

  5. [追加] をクリックします。

  6. 使用するドライバーを選択し、[完了] または [次へ] をクリックします。

    必要なドライバーが表示されない場合は、正しいドライバーの入手方法について接続するデータベースの管理者に問い合わせてください。

  7. 画面の指示に従って、その後のすべてのダイアログ ボックスに必要な接続情報を入力します。

個々の設定の詳細については、ODBC ダイアログ ボックスで、[ヘルプ] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×