ODBC スカラー関数

Microsoft Access SQL では、スカラー関数で ODBC 定義構文を使用できます。

SELECT DAILYCLOSE, DAILYCHANGE FROM DAILYQUOTE
WHERE {fn ABS(DAILYCHANGE)} > 5

例えばこのクエリは、株式価格の変化の絶対値が 5 よりも大きいすべての列を返します。

ODBC 定義構文を使用できるスカラー関数のサブセットがサポートされています。次の表に、使用できるスカラー関数の一覧を示します。

SQL ステートメントで関数を使用するためのエスケープ構文の完全な説明と、引数の記述方法については、ODBC のマニュアルを参照してください。

文字列を処理する関数

ASCII

LENGTH

RTRIM

CHAR

LOCATE

SPACE

CONCAT

LTRIM

SUBSTRING

LCASE

RIGHT

UCASE

LEFT


数値を処理する関数

ABS

FLOOR

SIN

ATAN

LOG

SQRT

CEILING

POWER

TAN

COS

RAND

MOD

EXP

SIGN


時間と日付を処理する関数

CURDATE

DAYOFYEAR

MONTH

CURTIME

YEAR

WEEK

NOW

HOUR

QUARTER

DAYOFMONTH

MINUTE

MONTHNAME

DAYOFWEEK

SECOND

DAYNAME


データ型の変換

CONVERT

次のデータ型にリテラル文字列を変換することができます。SQL_FLOAT、SQL_DOUBLE、SQL_NUMERIC、SQL_INTEGER、SQL_REAL、SQL_SMALLINT、SQL_VARCHAR および SQL_DATETIME。



スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×