NORMDIST 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

指定した平均と標準偏差に対する正規分布関数の値を返します。この関数は、仮説検定をはじめとする統計学の幅広い分野に応用できます。

書式

NORMDIST(x, 平均, 標準偏差, 関数形式)

x        関数に代入する値を指定します。

平均        対象となる分布の算術平均 (相加平均) を指定します。

標準偏差        対象となる分布の標準偏差を指定します。

関数形式    計算に使用する指数関数の形式を論理値で指定します。関数形式に TRUE を指定すると累積分布関数の値が計算され、FALSE を指定すると確率密度関数の値が計算されます。

解説

  • 平均、標準偏差に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 標準偏差 <=0 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 平均 = 0、標準偏差 = 1、かつ関数形式 = TRUE である場合、標準正規分布関数 (NORMSDIST 関数) の値が計算されます。

  • 関数形式が FALSE の場合、正規分布の標準密度関数は次の式で定義されます。

    数式

  • 関数形式が TRUE の場合、負の無限大から x までの累積確率の値が返されます。

使用例

X

平均

標準偏差

数式

説明 (計算結果)

42

[エンタープライズ数値 40

1.5

=NORMDIST([X], [平均], [標準偏差],TRUE)

指定された引数に対する累積分布関数の値を求めます (0.908789)

42

[エンタープライズ数値 40

1.5

=NORMDIST([X], [平均], [標準偏差],FALSE)

指定された引数に対する確率密度関数の値を求めます (0.10934005)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×