NEGBINOMDIST 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

負の二項分布の確率関数の値を返します。NEGBINOMDIST 関数を利用すると、試行の成功率が一定のとき、成功数で指定した回数の試行が成功する前に、失敗数で指定した回数の試行が失敗する確率を計算できます。この関数は二項分布を計算する関数に似ていますが、試行の成功数が定数で試行回数が変数である点が異なります。さらに、二項分布の場合と同様に、対象となる試行は独立試行であると見なされます。

たとえば、特定の資格を持つ人物を 10 人採用する企業があり、応募者がこの資格を持っている確率は 0.3 であることが経験的にわかっている場合、NEGBINOMDIST 関数を使うと、10 人の有資格者を採用するまでに一定の無資格者を面接する確率を計算することができます。

書式

NEGBINOMDIST(失敗数, 成功数, 成功率)

失敗数        試行が失敗する回数を指定します。

成功数        分析のしきい値となる、試行が成功する回数を指定します。

成功率    試行が成功する確率を指定します。

解説

  • 失敗数と成功数は>= 0 である必要があります。

  • 失敗数と成功数は整数に切り捨てられます。

  • 引数に数値以外を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。

  • 成功率 <または確率> 1 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。

  • 負の二項分布は、次の数式で表されます。

    数式

    ここで

    x は失敗数、r は成功数、p は成功率を示します。

使用例

失敗数

成功数

成功率

数式

説明 (計算結果)

10

5

0.25

=NEGBINOMDIST([失敗数], [成功数], [成功率])

指定された引数に対応する負の二項分布の確率関数の値を求めます (0.055049)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×