NA 関数

ここでは、Microsoft Excel の NA 関数の書式および使用法について説明します。

説明

エラー値 #N/A を返します。#N/A は、"使用できる値がない" ことを意味するエラー値です。NA 関数は空白セルにマークを付けるために利用します。データが入力されていないセルにエラー値 #N/A を入力することによって、空白セルを計算の対象として誤って使うというエラーを防ぐことができます (数式がエラー値 #N/A を含むセルを参照すると、計算結果もエラー値 #N/A になります)。

書式

NA( )

NA 関数の書式には引数はありません。

解説

  • 関数名と共に空白のかっこ () を指定する必要があります。空白のかっこを指定しないと関数として処理されません。

  • エラー値 #N/A を直接セルに入力してもかまいません。NA 関数は、他の表計算プログラムとの互換性を維持するために用意されている関数です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×