スキップしてメイン コンテンツへ

NA 関数

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ここでは、Microsoft Excel の NA 関数の書式および使用法について説明します。

説明

エラー値 #n/a が返されます。 #N/a が、エラー値「値は利用できません」の意味 空のセルをマークするのにには、NA を使用します。 情報が欠落しているセルに #n/a を入力して、誤って [空のセルを含む、計算での問題を回避できます。 (#N/a を含むセルを数式が参照されているとき、数式を返します。 エラー値 #n/a。)

書式

NA( )

NA 関数の書式には引数はありません。

解説

  • 関数名と共に空白のかっこ () を指定する必要があります。 空白のかっこを指定しないと関数として処理されません。

  • エラー値 #N/A を直接セルに入力してもかまいません。 NA 関数は、他の表計算プログラムとの互換性を維持するために用意されている関数です。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×