Mid 関数

文字列から指定した文字数の文字列を、バリアント型 (内部処理形式 StringVariant) で返します。

構文

Mid( string, start [, length ] )

Mid 関数構文の引数は次のとおりです。

引数

説明

string

必須。返される文字列の基になる文字列式です。string が Null の場合は、Null 値が返されます。

start

必須。Long。string 内で、文字の取得を開始する文字位置です。startstring の文字数を超える場合、Mid 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。

length

省略可能。Variant (Long)。取得する文字数です。省略した場合、またはテキスト内の start 位置以降の文字数が length より少ない場合は、start 位置から文字列の末尾までのすべての文字が返されます。


解説

string 内の文字数を決定するには、Len 関数を使用します。

注: 文字列に含まれるバイト データには、2 バイト文字セット言語と同じように、MidB 関数を使います。文字数を指定するのではなく、バイト数を引数で指定します。MidB を使うサンプル コードについては、「例」の 2 番目の例をご覧ください。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

1 番目の例では、Mid 関数を使って、文字列から指定した数の文字を取得します。

Dim MyString, FirstWord, LastWord, MidWords
MyString = "Mid Function Demo" ' Create text string.
FirstWord = Mid(MyString, 1, 3) ' Returns "Mid".
LastWord = Mid(MyString, 14, 4) ' Returns "Demo".
MidWords = Mid(MyString, 5) ' Returns "Function Demo".

2 番目の例では、MidB 関数とユーザー定義関数 (MidMbcs) を使って、やはり文字列から文字を取得します。違いは、入力文字列が ANSI であり、長さがバイト数であることです。

Function MidMbcs(ByVal str as String, start, length)
MidMbcs = StrConv(MidB(StrConv(str, vbFromUnicode), _
start, length), vbUnicode)
End Function
Dim MyString
MyString = "AbCdEfG"
' Where "A", "C", "E", and "G" are DBCS and "b", "d",
' and "f" are SBCS.
MyNewString = Mid(MyString, 3, 4)
' Returns ""CdEf"
MyNewString = MidB(MyString, 3, 4)
' Returns ""bC"
MyNewString = MidMbcs(MyString, 3, 4)
' Returns "bCd"
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×