Microsoft Visual C++ 6.0 のリバース エンジニアリングに関するトラブルシューティング

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リバース エンジニアリングの実行中、検出されたエラーの一覧を示すログ ファイルが作成されます。このログ ファイルは、<temp_dir>\<project_name>.txt (例 : c:\temp\project.txt) に書き込まれます。ほとんどの場合、エラーは C++ テンプレートを使用するクラスで発生します (参照ファイル API には、C++ テンプレートの処理に影響を与える既知のバグがいくつかあります)。

いないリバース エンジニア リングVisio UML アドインでコード機能

  • 属性の型。

  • メソッドの戻り値の型。

  • パラメタの既定値。

  • 名前空間。  名前空間内にクラス A が定義されている場合、クラス A はリバース エンジニアリングされます。ただし、このクラスが名前空間の一部であるという事実はリバース エンジニアリングされません。

  • inline、friend、volatile などの一部の C++ キーワード。

  • 抽象クラスと抽象メソッド。  リバース エンジニアリングされたモデルでは、抽象クラスや抽象メソッドとしては識別されません。

  • テンプレート定義。  テンプレート クラスのインスタンスはリバース エンジニアリングされますが、パラメタ化クラスとしてではなく、通常のクラスとして処理されます。

場合によってリバース エンジニア リングVisio UML アドインでコード機能

  • メソッドのパラメタ。  参照ファイル API のバグにより、長いパラメタ リストはリバース エンジニアリングされない場合があります。

  • メソッドのパラメタ名。  パラメタ名は、クラス定義の外側にあるメソッド定義から取得されます。メソッドがクラス定義内部に定義されていると、正しいパラメタ名を取得できません。この場合、パラメタ名は自動的に生成されます。

正しくリバース エンジニア リングVisio UML アドインでコード機能

  • クラスとクラス メソッド。  参照ファイル API のバグにより、クラス名およびクラス メソッド名が不正になる場合があります。リバース エンジニアリング中に不正な名前が検出されると、その要素は UML モデルに追加されません。通常、この問題は C++ テンプレートから派生したクラスで発生します。ただし名前が不正であっても、それが検出されないこともあります。この場合、不正な名前のまま UML モデルに追加されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×