Microsoft Visual Basic .NET のコードと UML のマッピングについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

リバース エンジニアリングで UML 要素に対応する Visual Basic .NET のコード構文を次に示します。

名前空間

Visual Basic の名前空間は UML パッケージにリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • メンバ

クラス

Visual Basic のクラスは、UML クラスにリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 継承されたクラスおよび実装されたインターフェイス

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • IsAbstract

  • IsLeaf

  • メンバ操作/関数 (メンバ変数)

次の Visual Basic のクラス構文は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • Friend

  • Shadows

インターフェイス

Visual Basic のインターフェイスは、UML インターフェイスにリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • IsLeaf

  • 基底インターフェイス

  • メンバ操作

列挙型

Visual Basic で列挙型はリバース エンジニア リング << 列挙 >> ステレオタイプを持つ UML データ型されが含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • IsLeaf

  • 基底クラス

  • メンバ

注: Visual Basic では、整数型はリバース エンジニアリングされません。

構造

Visual Basic の構造体は、<<struct>> ステレオタイプを持つ UML クラスにリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • IsAbstract

  • IsLeaf

  • 基底クラスおよび実装されたインターフェイス

  • メンバ

[プロパティ]

Visual Basic のプロパティは、UML 操作にリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • Getter および Setter

注: Visual Basic では、既定のプロパティはサポートされていません。

代理人

Visual Basic のデリゲートは、<<delegate>> ステレオタイプを持つ UML クラスにリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • シグニチャ (クラスには操作として追加されます)

メンバーを操作します。

Visual Basic のメンバ操作は、UML 操作として UML モデルに追加され、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • 適用範囲 (static または shared)

  • IsPolymorphic

  • IsAbstract

  • 操作の種類

操作には、constructor、destructor、operator、procedure のような操作の種類に応じてフラグが付けられます。これらの UML モデルのフラグは、[UML 操作プロパティ] ダイアログ ボックスの [コード生成オプション] ページを使用して表示できます。

  • 戻り値の型

  • パラメタ

  • mustOverride

注: 次の Visual Basic のメンバ操作は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • Not overridable: UML 要素にマップします (直接サポートされていません)。例 : operation::IsLeaf

  • Overloads (サポートされていません)

  • Handles (サポートされていません)

イベント

Visual Basic のイベントは、操作としてモデルに追加され、次の情報が含まれます。

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • パラメーター

定数

Visual Basic の定数は、UML 属性にリバース エンジニアリングされ、次の情報が含まれます。

  • 可視性 (public または private)

  • 初期値

定数は属性としてモデルに追加され、changeable フィールドが frozen に設定されます。

たとえば、

Const str As String = "some text"

のようなコードには次の初期値が設定されます。

"some text"

一方、

Const x As Integer = 1

のようなコードには初期値として 1 が設定されます。

注: コード内の読み取り専用の要素は定数にリバース エンジニアリングされます。

メンバー変数

Visual Basic の変数は、UML 属性として UML モデルに追加され、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 可視性 (public、protected、または private)

  • 適用範囲 (static または shared)

  • 変更可能性 (frozen または changeable)

  • 初期値

メソッドのパラメーター

Visual Basic のメソッドのパラメタは、UML パラメタとして UML モデルに追加され、次の情報が含まれます。

  • 名前

  • 方向 (in、inout、out、または return)

  • 既定値

注: 次の Visual Basic のパラメタ構文は、Microsoft Office Visio UML ではサポートされていません。

  • Optional

  • ParamArray

Visual Basic コードの構造が UML ではサポートされません。

次の Visual Basic のコード構文は、Visual Studio.NET から Microsoft Office Visio へリバース エンジニアリングしても、UML 要素にマップされません。

  • クラス : Friend、Protected Friend、Shadows

  • データ メンバ : Dim、New、WithEvents

  • 列挙型 : 整数型はリバース エンジニアリングされません。

  • メンバ操作 : Overloads、Handles、Not overridable (UML 要素にマップします。例 : operation::IsLeaf)

  • パラメタ : optional、paramArray

  • プロパティ : 既定値

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×