Microsoft Visual Basic 6.0 ソース コードのリバース エンジニアリング

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

  1. Visual Basic をカスタマイズします。

    どう

    1. Visual Basic で、[アドイン] メニューの [アドイン マネージャ] をクリックします。

    2. [アドイン マネージャ] ダイアログ ボックスで、[Visio UML Add-in] をクリックします。[ロード方法][ロード/アンロード] および [起動時にロード] をオンにして、[OK] をクリックします。[Visio UML Add-in] ツールバーが表示されます。

      ヒント: [Visio UML Add-in] によってツールバーが作成されるときに、[ツール] メニューにもコマンドが追加されます。コマンドを表示するには、[ツール] メニューの [Visio UML ソリューション] をクリックします。

  2. リバース エンジニアリングするソース コードが格納されているプロジェクトを開きます。

  3. Visual Basic] では、ツールバーのVisio UML アドインUML モデルのリバース エンジニア リングのツールバー ボタン UML の [リバース エンジニアリング] ボタンの画像 をクリックします。

  4. Visio の [UML モデル図] テンプレートが開き、空白の静的構造図の図面ページが表示されます。また [UML モデル エクスプローラ] のツリー ビューには、ソース コードのクラス定義を表すアイコンが表示されます。

  5. [UML モデル図] で、ツリー ビューから図面ページにアイコンをドラッグして、モデルのビューを表す静的構造図を作成します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×