Microsoft To-Do Preview の使用を開始する

Microsoft To-Do Preview は、Wunderlist チームによる新しいインテリジェントな To Do リストで、初めてご覧いただく外観です。Microsoft To-Do では、[私の 1 日] や [提案] を使用して、よりスマートに予定をカスタマイズでき、Outlook タスクとも統合されています。ただし、このアプリはまだ開発中のため、皆様からのフィードバックをお待ちしております。優先すべき新機能を決める際の参考にいたします。 

[提案] や [私の 1 日] を使うと、これまでにないほど簡単にその日の最も重要なタスクを確認することができます。1 日の始めに Microsoft To-Do を開くと、最新の [私の 1 日] が表示されます。インテリジェントな [提案] からタスクを追加したり、新しいタスクを直接 [私の 1 日] に入力したりして、その日の予定を立てます。   

また、[私の 1 日] に入力したすべてのタスクは、[To-Do] リストにも保存されます。[私の 1 日] のすべてのタスクを完了できなくても、ご心配はいりません。[To-Do] リスト内のタスクは常に管理されているため、次の日に提案されます。また、期日の迫ったタスクも常にチェックしているため、[提案] に含まれるようになります。   

新しいリストを作成する方法
新しいリストを作成するには、[私の 1 日]、[To-Do]、その他のリストの下で [+ 新しいリスト] をタップまたはクリックするだけです。これで [無題のリスト] という名前のリストが作成されます。 名前を変更するには、[無題のリスト] をクリックして選択し、新しいリスト名を入力します。  

新しい一覧を作成する

リストの背景画像を選択する方法
異なる背景画像を選択することで、リストごとにカスタマイズできます。右上にある 3 つの点を選択して、[テーマの変更] を選択するだけです。5 種類のイラスト付きのテーマまたは単色背景から選べます。また、リストの色を選択することもできます。   

一覧の背景色を選択します。

リストの色を選択する方法

色でリストをカスタマイズします。右上にある 3 つの点を選択して、[テーマの変更] を選択するだけです。5 つの色から 1 つ選択します。選択した色は、リスト タイトルの横にあるサイド バーにも適用されるため、色別にリストを整理することができます。   

絵文字をリストに追加する方法
絵文字をリスト名の最初に追加するだけで、サイド バーのリストのアイコンとして絵文字が表示されます。

絵文字を一覧に追加します。

To Do を作成する方法
リストの任意の場所にある [+ タスクの追加] 入力フィールドから To Do を作成できます。フィールドを選択し、その To Do のタイトルを入力して、キーボードの Return キーまたは Enter キーを押します。新しい To Do は、リストの一番下に追加されます。   

To Do を追加します。

削除した To Do を復元する方法
To Do は Exchange Online に保存され、Outlook のタスクにも表示されるので、誤って Outlook で削除したタスクも、次の方法で復元することができます。  
1.  Microsoft To-Do で使用したのと同じ MSA で Outlook にログインします。   
2.  メール フォルダーの一覧に移動して、[削除済みアイテム] をクリックします。   
3.  削除した To Do を見つけたら右クリックして、[移動]、[その他のフォルダー]、[タスク] の順にクリックします。   

自動的に To Do が正しいリストに再び表示されるようになります。

[削除済みアイテム] フォルダーで [タスク] をクリックする

Microsoft To-Do で使用できるアカウント
Microsoft To-Do は、AAD (Microsoft 職場または学校) アカウントおよび MSA アカウントでサポートされています。 AAD アカウントは https://portal.office.com/account/ で、MSA アカウントは https://account.microsoft.com で管理できます。

Microsoft To-Do が動作するために、O365 または Microsoft アカウントは Exchange アカウントとして構成されている必要があります。 To-Do のバックエンドは Exchange Online 上で構成されるため、IMAP や POP など、その他のアカウントの種類はサポートされていません。アカウントの種類を確認するには、[ファイル]、[アカウント設定] タブを選択します。ここで、種類が "Exchange" であるかを確認できます。 

パスワードをリセットする方法
MSA パスワードを忘れた場合は、https://account.live.com/password/reset でリセットできます。   
職場または学校のアカウントのパスワードをリセットする必要がある場合は、組織の手順に従ってください。   

自分のアカウントを同期する方法
コンピューターとスマートフォン間でタスクとリストを同期するには、各デバイスで同じアカウントを使用してログインするだけです。Microsoft To-Do は 5 秒ごとに更新されるため、変更内容は自動的に表示されるはずです。 アプリが更新されていないことに気がついたら、アカウントの設定に移動して、[同期] をタップします。 To-Do は Exchange Online に保存されるため、Outlook のタスクにも自動的に同期されます。   

別のアプリから自分の To Do をインポートできますか。
はい、Wunderlist および Todoist からデータをインポートできます。

1. [設定] を選択して、インポート ツールへのリンクを検索します。   
2. Microsoft To-Do で使用したものと同じ MSA でサインインします。  
3. Wunderlist または Todoist を選択して、アカウントを認証します。  
4. Microsoft To-Do にインポートするリストを選択します。   
5. [選択したリストをインポート] をタップまたはクリックして、個別のタスクまたはメモ内の箇条書きとしてインポートするサブタスクを選択します。
6. [インポートの開始] を選択します。 

注: インポートは一度だけのアクションです。Microsoft To-Do で変更したデータは Wunderlist または Todoist アカウントと同期されません。同様に、新しくインポートすると、新しいリストのコピーが作成されます。 今後の更新プログラムで、CSV からもインポートできるようにする予定です。この機能を希望する場合は、お気軽にご連絡ください。  

Outlook タスクで自分の To Do を表示する方法
Microsoft To-Do の機能の 1 つに、Outlook タスクとの統合があります。Outlook デスクトップ クライアントまたは Outlook.com で Microsoft To-Do のタスクを表示するには、同じ Microsoft アカウントを使用して、Microsoft To-Do と Outlook の両方にログインする必要があります。すべての To Do は Exchange Online サーバーに保存されるため、Microsoft To-Do と Outlook タスクの両方で自動的に表示されます。  

Outlook タスクと Microsoft To-Do のタスクの違いについて
Microsoft To-Do Preview は、まだ、Outlook タスクのすべての機能をサポートしていません。Outlook タスクで追加の詳細に入力したデータは、安全にサーバーに保存されますが、Microsoft To-Do には表示されません。特に、Microsoft To-Do は、開始日と完了日、タスクの状態、タスクの完了パーセンテージ、優先度、実働時間、タスクの色、メモ欄に入力するテキストの書式設定オプション、Outlook タスクで利用できる添付ファイルをサポートしていません。    

現在、Outlook とより高度に統合できるように取り組んでいます。Microsoft が次の更新プログラムで提供する機能の優先度を決定できるように、皆様が必要とする機能をお知らせください。   

自分のアカウントはなぜ Windows 版の Outlook 2016 と同期しないのでしょうか?
現時点では、Outlook.com ドメインを使用する個人用 Microsoft アカウントのみが、Microsoft To Do と Outlook 2016 の間で同期できるようになっています。@outlook.com、@hotmail.com、@live.com、@msn.com などのドメインを個人用 Microsoft アカウントで使用する場合、To Do は Microsoft To Do と Windows 版の Outlook 2016 との間で自動的に同期されます。 

ただし、@gmail.com や @yahoo.com などの別のドメインに登録されている個人用 Microsoft アカウントを使用している場合、To Do は自動的に同期されません。Microsoft To Do と Outlook 2016 との間で To Do を同期するには、新しい outlook.com メール アドレスを登録して、アカウントの新しいエイリアスを作成します。 新しいエイリアスを作成するには、次の操作を行います。

  • https://account.live.com/names/Manage に進み、個人用 Microsoft アカウントにログインします。

  • アカウント エイリアスで、[メール アドレスの追加] を選択します。

  • 新しいメール アドレスを作成し、それをエイリアスとして追加するためのオプションが選択されていることを確認し、新しい @outlook.com アドレスを入力します。

  • [エイリアスの追加] を選びます。

  • 新しいエイリアスがアカウントに追加されたら、主キーにするためのオプションを選択します。 

これで、新しい @outlook.com アドレスがアカウントのプライマリ エイリアスとなりました。次に Outlook 2016 内で Microsoft アカウントを更新する必要があります。

  • 最初に、初期の Microsoft アカウントを削除します。

  • 次に、[ファイル]、[アカウントの追加] の順に進み、新しい @outlook.com メール アドレスを Office 365 アカウントとして Outlook 2016 に追加します。

  • 新しい @outlook.com メール アドレスを入力し、[接続] を選択します。

  • または、名前、メール アドレス、パスワードを入力して、[次へ] を選択する必要がある場合もあります。

  • メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、[OK] を選択します。

  • 次に、[完了] を選択します。

これで To Do は、Microsoft To Do と Outlook 2016 との間で自動的に同期されます。     

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×