Microsoft Teams のリリース ノート

Microsoft Teams のリリース ノート

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft チーム ヘルプ>デスクトップと web > Microsoft チームのリリース ノート

2017 年 9 月 11 日

ゲスト アクセスが到着した:作業中のチームでは、今すぐである場合へのアクセスを組織外の人に拡張する機能です。今すぐ開始することができます、次を操作。

  • 組織外の人と共同作業できます。ゲストことができますチャネルでメッセージを投稿、対 1 のチャットまたはグループ] で、その他のチーム メンバーと共有しファイルを表示、参加、チーム会議をスケジュールおよびアプリとチーム内 (OneNote) のようなサービスに接続して使用する!

  • 特定の機能を制限するなど、チームのゲストのアクセス許可を微調整するには、IT 管理者を操作します。

  • 自分が所有して、チームのゲストへのアクセス (などの新しいチャネルを作成するのにはゲストを許可する) に関連する設定を管理します。

チーム明確には、どのチーム メンバーがゲストとして参加または自分の組織に属していないリーク保護または機密性の高い情報のリスクを最小化されるようにします。

ヒント: 今後 mobile でゲスト アクセス サポートです。利用可能な次のいくつかの日間にします。ただし、mobile では、ワークプ レースに参加しているコンピューターがまだサポートされていませんされます。(心配、準備中)

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加されています。

Outlook 楽しい:ここです!今すぐ、チームは、Outlook アドインにより新しい興味のある方法で Outlook と統合します。Outlook の予定表をすばやく、すると、新しいチーム会議ボタンが表示されます。をクリックして、Outlook からチーム会議をスケジュールすることができます。更新、取り消し、および Outlook からチーム会議を転送する機能もあります。Outlook の予定表、その逆) チームで、すべての会議が表示され、どちらかのアプリケーションから、会議に参加することができます。

フィードバックをお待ちしてください。電球連絡を取るに画面の下部にあるをクリックします。

Microsoft チームのこのリリースでは、次の機能が追加されました。

会議になったモバイル:ニュース、すべてのユーザーです。プライベート会議、チャンネルの会議が含まれている定期的な会議に参加することができます: モバイル アプリからすべて。Outlook の予定表からチーム会議に参加することもができます。場合によって会議の詳細を確認することもことができますモバイル デバイスで [会議] タブから最新の情報を表示します。ヒント、この機能は、iOS および Android ユーザーのみです。ない、Windows Phone が準備中をサポートします。

全画面表示にタブを展開する: これで、タブ、作業している場合は、全画面表示モードを入力することができます。

フィードバックを使用しているか。お知らせください。電球のユーザーのフィードバック] ページにアプリの下の隅にあるをクリックします。

Microsoft チームのこのリリースでは、次の機能が追加されました。

マルチタスク中に会議の内容を表示する:これで、会議から離れた位置] をクリックした場合でも、表示されているすべての内容に目を維持できます。メッセージを確認したり、別の pop の平均がチャネルし、[たいときにいつでも戻る] をクリックして、すべてのコンテキストを維持したままでです。

複数のファイルに対してアクションを実行します。これで、同時に複数のファイルを選択し、右クリックすると、コピー、移動、または削除などの一括操作を実行できます。

T 結果だけを使用している要領:適切な情報は、すべてのユーザーです。に加えて、英語、フランス語には、T 寸法できるようになりましたやり取りドイツ語、スペイン語でもします。

もうすぐです。。。

新規クラウド ストレージのオプション:前日または 2 つのファイルを確認してください。さまざまなボックス、Dropbox、Google ドライブ、ShareFile などのクラウド ストレージのプロバイダーでドキュメントの共同作業できることがあります。これは、場合、会話の他のファイルを共有して、Microsoft チームで、チャンネルに異なるサード パーティのファイルのライブラリからフォルダーをマッピングすることができます。

フィードバックを使用しているか。電球、チームの下部にあるをクリックし、ユーザーのフィードバック] ページに表示します。

Microsoft チームのこのリリースでは、次の機能が追加されました。

通話を無効にする:通話には、自分のものがない場合は場合、は、IT 管理者が組織全体用にチーム呼び出し無効にできます。通話を無効にすると、すべての通話ボタンは、会話から削除されます。

コネクタの実践的なカードが新しい:これで、Trello、VSTS、GitHub など、お気に入りのサービスのコネクタを追加する場合は、チャンネルに実践的なカードを送信することができます。これにより、できることのような項目期限の設定の日付のコメントを追加すると '終了'、既事項です。

デスクトップ アプリと Mac ユーザーのバグの修正プログラム:これで、通知を閉じると、それは自動的に開きませんチームを画面の前面にします。

フィードバックを使用しているか。電球、チームの下部にあるをクリックし、ユーザーのフィードバック] ページに表示します。

Microsoft チームのこのリリースでは、次の機能が追加されました。

チャット経由でチームにユーザーを招待:時をチームにない人を含むグループ チャットしている時点でメッセージを送信するは自動的に通知メール経由でチームでそれらの待機中のメッセージを持っていること。そのメールは、チームにサインアップして、関係者に参加するための招待状にも含まれます。

もうすぐです。。。

起動時にアプリの動作を管理する:、数日でアプリ (自分のプロファイル画像をクリックします) の設定に移動し、[アプリケーション] を選択します。起動すると、Microsoft チームを閉じて次の 3 つの新しい設定があることがあります。これで、次の動作にすることができます。

  • コンピューターを起動したときに自動的に起動 Microsoft チームを作成します。

  • チームを自動的に起動がバック グラウンドで自動的に実行することを選択します。

  • チームは、ウィンドウを閉じるときにもを実行している保持を有効にします。

それ以外の場合、指定した場合を除き、チームが起動するコンピューターの前面に既定でします。

フィードバックを使用しているか。知らせください。電球、チームの下部にあるをクリックし、ユーザーのフィードバック] ページに表示します。

Microsoft チームのこのリリースでは、次の機能が追加されました。

] タブの [新しい PowerApps:これで、タブとして Microsoft PowerApps を追加することができます。PowerApps は、「コードのない」アプリ PowerApps.com から WYSIWYG エディターを使用して作成したことができます。特定のタスクを実行するか、非常に特殊なデータを処理するクイックのアプリを作成できるため、チーム内で内部で使用するのに適しています。初めに、自分のアプリを作成するには、 https://web.powerapps.comに移動します。アプリを作成した後、他のタブを追加する場合と同じようなチャンネルの新しいタブとして追加することができます。

Wiki の編集の向上: 編集する Wiki ページだけを使用しているを大幅に簡単です。これで、セクションを編集する場合は、セクションに] をクリックし、入力を開始します。さらに、変更内容が自動的に保存] セクションから [編集]、[保存] を作成するときに選択について心配する必要はありませんのでをクリックするとします。そのような待ちします。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加されています。

Trello] タブの [:この新しい] タブの [できますが、チームがその他の共同作業と効率します。マイクロソフト チームから、リストとカードの右を管理できるように、Trello ボードを固定することができます。これにより、柔軟性のあるページの構成を維持し、プロジェクトの優先順位付けにする場合。Trello タブを追加するには、チャンネルの上部で、既存の見出しの横にある +] をクリックします。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

Wiki によるマークダウンのサポート: マークダウンを Wiki で使えるようになりました。チャットとメッセージに適用されるものと同じマークダウン構文を使って、Wiki セクションをその場で書式設定できます。マークダウンを使わない場合は、引き続きツールバーから同様の書式設定オプションにアクセスできます。

チャネルまたはチームへのリンク: チャネルまたはチーム名の隣にあるその他アイコンをクリックするだけで、チャネルまたはチームへの共有可能なリンクを取得できるようになりました。メッセージまたは電子メール中のリンクをコピーして貼り付けると、他のユーザーに対して重要な会話、ファイル、連絡先への便利で簡単なエントリ ポイントを提供できます。

より快適な表示のエクスペリエンス: チャネルの [ファイル] ビューのパフォーマンスを一部改善しました。[ファイル] への移動時にビューがこれまでよりも速く読み込まれるようになりました。

[更新] ボタンの新規追加: 各チャネルの [ファイル] タブの上部隅に [更新] ボタンを追加しました。これにより、前回の確認以降に発生した新規ファイルや変更内容を簡単に確認できるようになりました。

新しいアップロード インジケーター: ファイルをチャネルの [ファイル] ビューまたは OneDrive にアップロードする場合、アップロードが進行中であることを示すインジケーターが表示されるようになりました。ここから進行状況を追跡したり、複数ファイルのアップロードを一度にキャンセルすることができます。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

向上したファイル読み込み時間: チャネルまたはチャットにファイルをアップロードするときの速度がこれまでよりも速くなりました。

[ファイル] ビューの [更新] ボタン: アプリの右上に [更新] ボタンが追加されました。[ファイル] ビューでは、このボタンをクリックして新しいファイルやその他の変更をいつでも確認できます。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

チーム所有者数の増大: チーム所有者の最大数が 10 人から 100 人に増えました。

削除済みチームの復元: チームを削除した場合、その後 30 日経過するまではそのチームを復元するオプションを利用できるようになりました。これにより、チーム所有者または IT 管理者はチーム全体 (すべてのチーム メンバー、チームのコンテンツ、タブ、チャット履歴) を、削除された後でも元に戻すことができるようになります。詳細な手順については、ここをクリックしてください。

グループ チャット アイコンの改善: 今後は、グループ チャットを行う場合に新しいアイコンが表示されます。このアイコンには、アルファベット順の設定にしている場合はグループ チャットの最初の 3 人のメンバーのプロフィール写真が表示されます。(こういった写真を見ることで、より楽しさが増すと思います。)

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Office 365 Education に Microsoft Teams が含まれるようになりました。これにより、Microsoft Teams は Office 365 Education を介してすべての教職員、スタッフ、生徒が無料で使用できるようになります。

  • これは教職員、生徒、および管理者にとっての一元的な通信ハブとなり、他のグループの人々との間で集中的なディスカッションを開催することができます。

  • 生徒たちは Word、Excel、PowerPoint などの Office 365 アプリを使って作成したプロジェクトで簡単にコラボレートすることができます。教職員たちは連絡事項を投稿したり、ディスカッション グループを開いたり、コネクタとボットを使用して生徒に意見を投票させたり、更新情報やリマインダーを送信したりすることもできます。

  • 全員が自分たちのメインの通信センターにおいてコンテンツを共有したり、会議 (または学習セッション) を開催することができます。管理者および教職員は、Office 365 Education スイートに組み込まれたエンタープライズ グレードのセキュリティとコンプライアンスを活用することができます。

  • IT 管理者は、Microsoft Teams へのアクセス権限を個別のレベルで制御できるとともに、チームおよびチャネル内でどのコンテンツを共有するかを管理することもできます。

Microsoft Teams は Education、Education Plus、Education E5、および既存の Education E3 スイートを含む Office 365 Education スイートの一部として利用できます。Microsoft Teams は既定ではオンになっていないため、お客様の IT 管理者またはシステム管理者がオンにする必要があります。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

新しい作成ボックス

拡張された作成ボックスでも同じ書式設定オプションが提供されていますが、カスタム ミームやステッカーの作成や、話題になっている GIF の検索を行うためのスペースがより増えています。また、メッセージの作成や編集の周辺に関連する数多くの操作の感覚や機能性を改善しました。これに伴い、次の操作に対して個別のアイコンが提供されています。

  • メッセージに絵文字を追加する

  • GIF を送信する

  • カスタム ミームまたはステッカーを作成して送信する

  • ファイルの添付

  • 会議をスケジュールする

会議

作成ボックスの下にある会議アイコンをクリックすると、会議フォームに直接移動します。ここでは、チャネルまたはチャットで会話しているあらゆるユーザーとの会議をその場で予約することができます。

会議をスケジュールする

プライベート会議をスケジュールする: 組織内のあらゆるユーザーとのプライベート会議をスケジュールします。ユーザーはアプリの左側にある [会議] をクリックして参加することができます。

スケジュール アシスタント: 新しいスケジュール アシスタントにより、すべての招待された人がいつ会議に参加できるのかが分かります。スケジュール アシスタントは、すべての会議参加者がいつ取り込み中または連絡不可であるかが分かるように、次週のカレンダー ビューも提供します。

ボット

チーム ページの [ボット] タブ: [ボット] タブは、チームに追加されているすべてのボットのリストを提供します。このタブは新しいボットを検出したり、カスタム ボットまたはタブの作成を開始したりする場合にアクセスする場所でもあります。

ボット ギャラリー: ボット ギャラリーは Microsoft Teams で現在使用できるすべてのボットのリストを表示します。[ボット] タブとともに、ボット ギャラリーはどのボットがチームの 1 つに既に追加されているかを知りたい場合にアクセスする場所にもなります。

検索を介してボットを検出する: すべての使用できるボットのリストを表示するには、アプリの上部にある検索バーでクリックして、[ボットを検索] を選択します。ボット上をクリックして 1 対 1 のチャットを開始するか、[追加] をクリックしてチームに追加します。

@メンションを使用してボットを追加する: チャネルにボットを追加するには、作成ボックスに「@」を入力してから、[ボットを追加] を選択します。

カスタム コンポーネント:これで、すばやくして簡単にユーザー設定の結果を追加して、チームの 1 つの外部サービスを統合できます。確立と台本開発者 sideload 結果または] タブの [したり、作成することも、通話を使用してユーザー設定の結果の URL のバックアップを作成します。新しい [コンポーネント] タブに移動し、開始するのには右下にある [リンク] をクリックします。

パブリック チーム

パブリック チームでは、あらゆるユーザーがチームに検索、表示、参加できます。これにより、組織から誰かが [チームを追加する] をクリックすると、参照および参加できるパブリック チームのコレクションが表示されることになります。新しいパブリック チームを作成する場合、その手順を進めていく中で、チーム プライバシーの「パブリック」または「プライベート」の設定を選ぶことができます。

[Wiki] タブ

[Wiki] タブはドキュメントの下書きや編集を行ったり、リアル タイムで通信するための便利な場所です。これは完全に機能するテキスト エディターで、ページ上で直接チームメイトを @メンションしたり、他のユーザーの作業を編集するときにコメントを残したり、フィードバックに応答したりすることができます。

[ファイル] タブ

[ファイル] タブは新しい外観と操作性を備えています。チーム向けの SharePoint サイトを開くオプションを含んだ操作バーも用意しています。さらに、フォルダーへのリンクも提供されるため、Teams 内でファイルを簡単に共有することができます。

その他のタブ

すべてのお気に入りの外部サービスに接続できるように、新しいオプションをタブ ギャラリーに追加しました。Zendesk または Asana のようなサービスを統合するためにタブを追加できるようになりました。何が利用できるかを確認するには、デスクトップ アプリにアクセスしてください。

フィード

アクティビティ フィードを再設計して、表示される内容についてより透明性を高め、詳細なコントロールができるようにしました。アプリの左側にあるアクティビティ アイコンをクリックすると、フィードに直接移動できます。通知の種類別にフィードをフィルターすることができます (フォローしているチャネルからのメンション、返信、いいね!、ニュースを別個に確認したい場合など)。[チーム アクティビティ] を開くオプションもあります (ここでは、お気に入りのチャネルからの最新ニュースを表示します)。[マイ アクティビティ] は Microsoft Teams で最近自分が行ったすべての操作の一覧を提供します。

Microsoft Teams との電子メール統合

チャネルの電子メール アドレスにより、Microsoft Teams 内のチャネルに、転送メールを投稿できるようになりました。チャネル メニュー内の [電子メール アドレスの取得] オプションをクリックして、チャネルへのメールの送信を開始します。メールが転送されると、会話を直接チャネル内で行えるようになります。メールについてチャネル内に投稿されるコメントやメッセージはすべて、Microsoft Teams からのみ表示できます。チャネルにメールを送信できるユーザーを制限するオプションも利用できます。

Microsoft Teams がアプリ ビュー内に表示される

適切なライセンスを取得している場合、Microsoft Teams はアプリ ビュー内に (すべての他の Office 365 Web アプリとともに) 表示されます。デスクトップからは、Windows キーを押してください。

T-Bot がフランス語を話す

Pour nos utilisateurs francophones, nous sommes heureux d'annoncer que le contenu de T-bot et de l'aide prend désormais en charge le français. 翻訳: フランス語を話すユーザーのために、T-bot およびヘルプ コンテンツがフランス語をサポートするようになりましたので、お知らせいたします。

ファイル タブの機能の改善: [ファイル] タブは新しい外観と操作性を備えています。チーム向けの SharePoint サイトを開くオプションを含んだ操作バーも用意しています。さらに、フォルダーへのリンクも提供されるため、Teams 内でファイルを簡単に共有することができます。

アクセシビリティの向上: Microsoft Teams 全般にわたってアクセシビリティを向上しました。ご不明な点やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

5 つのチャネルをお気に入りに自動追加: 新しいチームをお気に入りに追加するときはいつでも、最も好きな上位 5 つのチャネルが自動的にお気に入りに追加されます。これにより、新しいチーム内で稼働状態になることがより簡単になり、そのチームのチャネル内でのすべての操作の所在がどこであるかが分かります。5 個より少ないチャネルを含んでいるチームをフォローし始めた場合は、新しいチャネルが作成されるときにそれらを自動的にお気に入りに追加します。

通話の転送: お使いの通話ウィンドウで、その他アイコンをクリックして、通話の受信者名の名前を転送ダイアログに入力します。受信者名を選択したら、[転送] をクリックします。

通話を保留状態にする: 通話中または会議中のときにその他アイコンをクリックすると、通話を保留状態にするオプションが表示されます。この操作を行うと、通話を行っている他のユーザー全員に対して保留状態になったことが通知され、保留の間はお客様自身の音声や存在が他のユーザには消えた状態になります。画面の共有の途中であった場合も、対象のコンテンツは、お客様の通話が保留状態の間は表示されなくなります。通話に戻ることができる状態になったら、[もう一度参加する] または [再開] をクリックします。

チーム サイズの増大: 最大 999 人のユーザーを抱えられるチームを作成できるようになりました。

「連絡可能」の状態の時間が拡大: [連絡可能] に状態が設定されると、Microsoft Teams がバックグラウンドで実行しているときでも、その状態のままになります。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

Microsoft Teams のこのリリースでは、次の機能が追加または強化されています。

デスクトップと Web

マークダウン: 詳細については、次のリンクをクリックしてください。

設定: [設定] メニューを再設計して、保存済みのメッセージ、プロフィール写真、状態などを含めるようにしました。将来的には、保存済みのメッセージを検索したり、アバターを更新したり、状態を「退席中」に設定したりする場合に、アプリの左下のプロフィール写真をクリックします。これまでお使いの [設定] メニューに存在していた項目はすべて引き継がれます。

起動時のアプリの動作を管理する: プロフィール写真から、[アプリケーション] をクリックして、コンピューターを起動するときや Microsoft Teams を閉じるときのアプリの動作を管理します。コンピューターの起動時に必ず自動的に Microsoft Teams を起動するようにする設定が追加されています。必要に応じて、Microsoft Teams を自動的に開いてバックグラウンドで実行するようにすることも選択できます。その他にも、ウィンドウを閉じてもアプリを実行し続けるかどうかを決めることができます。

スペル チェック: 綴りの間違いがある場合に、Microsoft Teams はその箇所に赤い下線を付けます。その間違いを右クリックすると、修正候補を示すメニューが表示されます。そのメニューから望む単語を選択して、テキストの該当箇所を上書きすることができます。

IT 管理者

Microsoft Teams のセキュリティとコンプライアンスの向上: アーカイブ、監査ログ、eDiscovery、コンテンツ検索、およびリーガル ホールドの機能は、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターにおいて Microsoft Teams データに対して利用できるようになりました。詳細については、お客様の Office 365 グローバル管理者にお問い合わせください。

ご意見がありましたら、ぜひお知らせください。アプリの下部にあるフィードバック用の電球アイコンをクリックすると、ユーザーのフィードバック ページに移動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×