Microsoft Teams で Skype を使用して学生やスタッフと仮想会議を行う

Teams で Skype 会議を使って、学生やスタッフと仮想的に接続します。クラス チーム全体が参加できる会議を作成したり、小さいグループや個人を呼び出します。

クラス チーム全体と接続する

クラス チームの誰でもチーム会議に参加できます。チーム会議には、音声、ビデオ、および画面共有オプションが含まれます。

会議を開始するには、チャネルで新しい会話を開始した後、カメラ アイコンを選択します。クラス チームのメンバーに、適切なチャネルから会話に参加するよう通知されます。

[ビデオ] アイコンを選択する

カメラ アイコンを選んで既存の会話から会議を始めることもできます。

選択して既存の会話から会議を開始する

後で開くチーム会議のスケジュールを設定する

カメラ アイコンを選んでから [スケジュール] を選び、将来のクラス全体会議の日時を設定します。ここから、会議とスケジュールの詳細を選択します。

Skype を使って学生やスタッフと仮想的に会議する

個々の学生または少人数のグループに接続する

音声またはビデオを使って 1 人の学生または学生のグループと接続するには、プライベート チャット内で会います。つまり、クラス チームの他のメンバーは、会議に参加したり会議を見たりできません。

メモ帳アイコンを選んで新しいチャットを開始し、参加に招待する学生の名前を入力ます。次に、カメラまたは電話アイコンを選び、ビデオまたは音声通話を開始します。

後で 1 人または複数の学生との会議をスケジュールするには、[会議] を選び、[スケジュール] を選んで会議をスケジュールします。招待する学生を入力し、詳細を設定して、スケジュールを設定します。

会議のスケジュールを設定します。招待する学生を入力し、詳細を設定して、スケジュールを設定します。

詳細情報

Microsoft Teams でクラスの会話を調整する

クラス全体に対してお知らせまたは通知を行う

教育者のための追加情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×