Microsoft Teams で課題を作成する

Microsoft Teams で課題を作成する

Microsoft Teams で学生の課題を作成します。 課題のタイムライン、手順を管理して、リソースを追加して、その他の機能を有効にします。

  1. 該当するクラスルームの[全般] チャネルに移動して、[課題] を選択します。

  2. [>割り当て作成する] を選択します。

    [作成]、[割り当て] の順に選択します。

  3. この課題のタイトルを入力します。これは必須です。

  4. 課題の他の情報を提供します。 次の手順は、オプション

    です。 課題の作成者。

    • 1つのクラスで複数のクラスまたは個々の学生を選択して、割り当てることができます。

    • 追加の指示を追加します 

    • [リソースの追加] を選択して、リソースを課題に添付します。

      この手順では、個人用の OneDrive またはコンピューターからドキュメントを追加するか、空白の Word、Excel、または PowerPoint ドキュメントを作成して学生に渡します。 学生が自分のコピーを編集する場合は、既定のままにしておきます。同じドキュメントを各学生に配布して、編集して提出することができます。 PDF やリンクなど、参照専用のドキュメントを添付する場合は、[編集できない学生] を選択します。

      注: クラスノートブックページを割り当てる場合は、学生が使用しているOneNote のバージョンを確認して、課題の期限が過ぎた後でその課題ページがロックされるようにします。

      課題にリソースを追加します。

    • 期限の日付と時刻を選択します。

      割り当てのタイムラインオプションの詳細については、[編集] を選択します。 ここでは、課題が学生に投稿されるタイミングと、それが有効になるタイミングをカスタマイズできます。 既定では、[終了日] は選択されません。これにより、学生は課題を遅らせることができます。

      [課題のタイムラインの編集] ウィンドウ。

    • この課題にポイントを付ける場合は、それを選択します。 ポイントは、整数 100 など数字に基づく任意の尺度で使用でき、個別の基準を設定できます。 例: 88/100 や小数 3.7/4.0。

    • [を追加する] を選択して、採点を追加します。

    • カテゴリを追加します。

  5. [割り当て] を選択します。 学生には、指定した日に新しい課題が通知されます。 

  6. [破棄] を選択して、この割り当ての作業を中止するか、[保存] をクリックして課題に戻り、後で編集します。

    注: [タブの展開] (対角線、両側の矢印) を選択して全画面表示モードにします。

詳細情報

課題を編集する

課題を下書きとして保存する

フィードバック ループを使用して課題をレビュー、返却、提出する

教育者のための追加情報

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×