Microsoft Teams で課題に点数を付けてレビューする

Microsoft Teams で課題に点数を付けてレビューする

[課題] タブで [レビュー] を使用して、自分の学生が提出した課題をレビューします。各課題の分析ダッシュボードに表示されているカウンターで、課題を表示済みの学生数や課題を提出済みの学生数などのデータを含む、学生の取り組み状況を確認することができます。

リスト ビューで学生の課題を表示するか、学生のドキュメントを選択して、そのドキュメントを開き、全画面表示モードでレビューします。割り当てたスコアとフィードバックは自動的に保存されますが、スコアを投稿するまで学生には公開されません。

  1. 該当するクラスルームの下にある [全般] チャネルに移動して、[課題] を選択します。

    [全般] チャネルで [課題] タブを選択します。
  2. レビューしたい課題に移動してそれを選択します。検索バーを使用してキーワードで課題を検索することもできます。

    ヒント: 全画面モードで操作するには展開アイコン (両端に矢先が付いた斜めの矢印) を選択します。

    [レビュー] を選択して課題をレビューします。
  3. [レビュー] を選択します。

    学生の提出物の詳細を表示します。
  4. 学生が提出したものの詳細を表示します。

    • 分析ダッシュボード: 自分のクラスの学生の中で課題を表示済みの人数と提出済みの人数がわかるカウンターが表示されます。レビューする状態にしたままの課題の数も表示に含まれます。[表示済み]、[提出済み]、または [レビュー対象] を選択すると、それらの属性で課題を並べ替えられます。

      分析ダッシュボードには、作業を表示済みの学生数、提出済みの学生数、レビューする状態にしたままの課題の数のカウンターが表示されます。

    • 学生の作業: 提出するように指定したドキュメントがここに添付されます。ドキュメントを選択して、全画面表示モードで表示します。

    • 提出日: 学生が課題を提出した日付と時刻のスタンプです。作業が遅れた場合、[遅延] の通知が表示されます。課題を提出しなかった学生には、[提出されていません] が表示されます。

  5. [フィードバック] 列のアイコンを選択して、学生へのコメントを追加します。

  6. この課題に付ける点数または小数値がある場合は、学生のスコアを [ポイント] 列に入力します。基準値を超える点数には、追加のクレジットが追加されます。

  7. フィードバックや点数を追加したら、[投稿] を選択します。

    • この操作を行うと、学生に課題がレビューされたことが通知され、学生はフィードバックとスコアを表示することができます。

    • [投稿] を選択すると、入力した変更のみが更新されます。点数を入力しない場合は、その学生には何も投稿されません。

    • スコアが学生に投稿されたら、緑色のチェックマークが [点数] 列の右に表示されます。

    • [Excel にエクスポート] を選択して学生の名前と点数を .csv ファイルとしてエクスポートします。[全般] > [課題] > [レビュー] から選択してクラス全体のデータをエクスポートするか、[全般] > [課題] > 個別の課題 > [レビュー] から選択して 1 つの課題についてのデータをエクスポートします。

注: それぞれの学生のドキュメントを全画面表示で表示するには、学生が提出したドキュメントを選択します。

詳細情報

課題に点数を割り当てずにレビューする

Microsoft Teams で課題を作成する

Microsoft Teams で課題を編集する

教育者のための追加情報

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×