Microsoft StaffHub でユーザー設定の休暇の理由を作成する

Microsoft StaffHub では、スケジュールとアプリに表示される、従業員がリクエストする休暇の理由をマネージャーが編集できます。マネージャーは休暇の理由を追加、編集、または削除することができます。

休暇の理由のカスタマイズを開始する方法

休暇の理由の追加と編集は、とても簡単です。Web 上で Microsoft StaffHub チームにログインしたあと、[チーム] タブに移動します。

チームのページの下部に、[リクエスト] というラベルのセクションがあります。既に使用しているチームのために追加した既定の休暇の理由が表示されます。

新しい理由を追加するには、[ユーザー設定オプションの追加] をクリックします。休暇の理由を入力し、必要に応じてアイコンを選択します。[保存] をクリックするのを忘れないでください。

理由を編集するには、単純にその理由にマウス ポインターを合わせ、編集して [保存] をクリックします。

削除するには、その理由にマウス ポインターを合わせ、[削除] をクリックし、[保存] をクリックします。

これで、Web 上に更新された休暇の理由が表示され、休暇をそのラベルに割り当てることができるようになりました。

従業員にも、Microsoft StaffHub アプリに、リクエストするこれらの新しい休暇の理由が自動的に表示されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×