Microsoft Skype for Business (Lync) Web Scheduler のプライバシーに関する補足情報

最終更新日: 2013 年 6 月

目次

Microsoft Skype for Business (Lync) Web Scheduler のプライバシーに関する補足情報

Skype for Business (Lync) Web Scheduler

Cookie

Quality of Experience (QoE) データの収集とレポート

Microsoft Lync Web Scheduler のプライバシーに関する補足情報

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の補足情報です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照することをお勧めします。

このプライバシーに関する補足は、ユーザーが所属する企業のデバイスに展開される Microsoft Lync Web Scheduler コミュニケーション ソフトウェアの展開と使用について扱います。オンライン ソリューションまたはサービスの一部として Microsoft Lync を利用している場合 (つまり、Microsoft などのサード パーティが、ソフトウェアを実行しているサーバーをホストしている場合)、情報はそのサード パーティに転送されます。サード パーティに送信されるデータの使用の詳細については、エンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーにお問い合わせください。

Lync Web Scheduler

このツールの機能: Lync Web Scheduler により、エンド ユーザーはオンライン会議のスケジュールや管理ができます。

収集、処理、または送信される情報: 以下の情報が収集されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

  • 開催者名

  • 出席者名

  • 発表者名

  • 電子メール アドレスのリスト

  • 会議の件名、および会議に関するその他の情報 (例、開始/終了時刻、電話会議 ID、パスコード、ユーザーの電話会議の自動案内プロバイダー情報/電話会議のプロバイダー情報)

  • Microsoft Exchange のユーザーのすべてのプロキシ アドレス (X.400-X500 アドレス、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) アドレス、SIP および電話/Exchange UM ボイス メールの URI)

  • 会議の場所情報

情報の用途: 上記の情報は会議のスケジュールや管理に使用されます。情報はメモリ内で処理され、Lync Server に渡されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

注: 情報は、Lync Managed API や Lync Server と共有されます。

選択/制御: エンド ユーザーが上記の情報を Lync Server に渡すかどうかを制御する機能は用意されていません。

Cookie

この機能について: Lync Web Scheduler は、「Cookie」と呼ばれる小さなサイズのテキスト ファイルを使用します。このファイルはハード ディスク ドライブに保存され、ドメイン内の Web サーバーから読み取ることができます。Microsoft では、サインインの効率化のためにユーザー設定を保存したり、サーバー接続やリソースの親和性を維持したりする目的で Cookie を使用することがあります。

収集、処理、または転送される情報: Lync Web Scheduler は、Cookie や Web ビーコンを使ってターゲッティング広告を行ったり、個人情報を収集したりすることはありません。Cookie はすべてブラウザーを終了すると消えるセッション クッキーと呼ばれるものです。

選択/コントロール:

Cookie をブロックするブラウザー コントロール: 多くの Web ブラウザーでは自動的に Cookie を受け入れますが、通常はブラウザーの設定を変更すれば Cookie をブロックできます。たとえば Internet Explorer 9 では、以下の手順に従って Cookie をブロックできます。

  1. [ツール] をクリックして [インターネット オプション] を選びます。

  2. ウィンドウの上部にある [プライバシー] タブをクリックします。

  3. スライダーを上下に動かして、ブロックしたい Cookie の種類を選びます。

他のブラウザーで Cookie をブロックする手順については、http://www.allaboutcookies.org/manage-cookies を参照してください。

Cookie のブロックを選んだ場合、サインインできなくなったり、Cookie を使用する Microsoft サイトやサービスのその他の対話型機能を使えなくなったりする可能性があります。また、Cookie を使用する一部の広告設定が無視されることもあります。

Cookie を削除するブラウザー コントロール: Cookie を受け入れた場合でも、後で Cookie を削除できます。たとえば Internet Explorer 9 では、以下の手順に従って Cookie を削除できます。

  1. [ツール] をクリックして [インターネット オプション] を選びます。

  2. [全般] タブの [閲覧の履歴] で、[削除] ボタンをクリックします。

  3. ポップアップで、[Cookie] の横のボックスをオンにします。

  4. [削除] ボタンをクリックします。

他のブラウザーで Cookie を削除する手順については、http://www.allaboutcookies.org/manage-cookies/ を参照してください。

Cookie の削除を選んだ場合、その Cookie で制御されるあらゆる設定や基本設定は、広告の設定を含めて削除され、もう一度作成する必要があることにご注意ください。

Quality of Experience (QoE) データの収集とレポート

この機能について: Quality of Experience (QoE) データの収集とレポートは、Lync を使って行われたピアツーピア通信と会議のメディア品質を収集し、報告する機能です。報告される統計には、IP アドレス、損失率、使われたデバイス、通話で発生した低品質に起因する問題などが含まれます。

収集、処理、または送信される情報: エンタープライズ管理者が QoE を有効にすると、Lync のピアツーピア通信や会議のメディア品質データが QoE データベースに記録されます。Lync の内容は記録されません。QoE データは、社内に展開されたモニタリング サーバーのバックエンド データベースに保存され、標準のモニタリング サーバー レポートで報告されます。Microsoft に情報が送られることはありません。

情報の用途: エンタープライズ管理者はこの情報にアクセスでき、この情報を使って、システム内でやり取りされるメディアの品質に関するフィードバックを収集できます。この情報にはユーザーの IP アドレスが含まれます。

選択/コントロール: QoE は、既定で有効に設定されていますが、QoE データを収集するには、エンタープライズ管理者がモニタリング サーバーをインストールし、モニタリング サーバーのバックエンド データベースに接続してください。エンタープライズ管理者は標準のモニタリング サーバー レポートを展開したり、モニタリング サーバー データベースに照会してカスタム レポートを作成することができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×