Microsoft SharePoint Foundation 2010 の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Foundation 2010 (旧 Windows SharePoint Services) を使用すると、アイデアを共有し、情報を整理し、より多くの作業を行うことができるため、生産性が向上します。グループは、社内 Web サイトやワークスペースをすばやく構築して、効率的に共同作業を行うことができます。SharePoint サイトは、小さなチームから世界的な大企業まで、あらゆる規模の組織に柔軟に対応します。

Microsoft SharePoint Foundation には、重要な拡張機能や追加機能がいくつかあります。リボンが導入され、SharePoint サイト、リスト、Wiki、ブログ、およびアクセス許可の操作が強化されたので、Microsoft SharePoint Foundation での作業をより効率的かつ直感的に行うことができます。Microsoft Internet Explorer 7.0 および 8.0、Firefox 3.0、Safari 3.0 など複数のインターネット ブラウザーに対応しています。新しいバージョンの SharePoint Foundation の主な新機能の一部を紹介します。

この記事の内容

新しいユーザー インターフェイス

コラボレーション

サイトの管理とカスタマイズ

Business Connectivity Services

新しいユーザー インターフェイス

新しいリボンを使用して作業に応じて迅速に処理を実行する   

リボンの [ドキュメント] タブ

Microsoft Office Word 2007 や Microsoft Office PowerPoint 2007 などの 2007 Microsoft Office system クライアント アプリケーションを使用している方は、既にリボンを使い慣れています。これらの Office プログラムのリボンと同様に、SharePoint Foundation のリボンは、作業を行うのに必要なコマンドを簡単に見つけることができるように設計されています。コマンドは論理的なグループに整理され、タブの下にまとめて表示されます。各タブは、ドキュメント ライブラリでのドキュメントの操作やページでのテキストの追加と書式設定など、操作の種類に関連しています。SharePoint Foundation のリボンを使用すると、次のような操作を行うことができます。

  • 必要なコマンドおよびツールすべてに 1 か所からアクセスできる。

  • 実行中の作業や目的の作業に応じて、必要なコマンドだけを使用してページ、ドキュメント、およびリストに対して操作を実行できる。

ページの先頭へ

コラボレーション

新しい共同編集機能を使用して、仕事仲間と Word 文書や PowerPoint スライド プレゼンテーションで同時に作業を行う   

  • 複数のユーザーが SharePoint ライブラリの Word 文書またはスライドを同時に編集できます。たとえば、ドキュメントの校閲のために SharePoint ライブラリのドキュメントにリンクを送信することも、すべての校閲者がそのドキュメントに同時にフィードバックを提供することもできます。

  • もう添付ファイルは必要ありません。たとえば、最新のドキュメントをすべてチーム サイトに格納し、そのファイルに対する作業を仕事仲間と同時に行うことができます。

改良された予定表を使用して、会議のスケジュールやスケジュールの管理をより簡単に行う   

次の操作が可能になるため、予定、会議、およびその他のイベントの管理が簡単になります。

  • SharePoint と Exchange の複数の予定表を 1 つのページに表示する。

    SharePoint で複数の予定表を使う

  • 予定表を表示したまま日付をクリックしてイベントの詳細を入力して、予定表にイベントを簡単に追加する。

  • 予定表で予定表アイテムをドラッグ アンド ドロップする。

  • 新しいグループの予定表を使用して、仕事仲間との会議のスケジュールや視聴覚機器や会議室などのリソースのスケジュールを設定する。

新しい Microsoft SharePoint Workspace 2010 を使用して、SharePoint サイト、SharePoint ライブラリ、および SharePoint リストをオフラインで操作し、社内ネットワークに再接続したときに変更を同期する   

SharePoint Workspace を使用すると、社内ネットワークに接続していても接続していなくても、デスクトップ上で SharePoint サイトを操作できます。こうした SharePoint Workspace と SharePoint Foundation の統合の主な利点として次の点が挙げられます。

  • オフライン時に、SharePoint ライブラリのドキュメントやリスト アイテムの表示、追加、編集、および削除をすばやく行うことができます。

  • コンピューターとネットワークとの間の双方向の同期により、ネットワーク接続中に、コンピューターまたはネットワーク上のデータの更新が自動化されます。

  • コンピューターをオフラインにしてからオンラインに戻ると、自動的にコンテンツが同期されます。

強化された Wiki サイトとチーム サイトでより効率的に他のユーザーと情報を共有する   

SharePoint チーム サイト

次の操作が可能になったため、Wiki ページの操作がより効率的になりました。

  • 新しいリッチ テキスト エディターを使用して、ページに直接コンテンツを挿入して書式設定する。

  • 現在のページを表示したまま、ローカル コンピューターやネットワーク上の画像や写真を参照してサイトに挿入する。

サイトへの画像の追加

SharePoint リストで複数のアイテムをより効率的に管理する   

複数ドキュメントのチェックアウト

リストの複数のアイテムを選択してボタンをクリックし、すべてのアイテムに同じ操作を実行できるようになりました。たとえば、複数のドキュメントのチェックインまたはチェックアウトを同時に実行できます。

強化された作成用ツールと新しいナビゲーションで、より簡単にブログを作成および管理する   

ブログ作成機能の強化とブログの表示方法の向上により、次の操作が可能になります。

  • 新しいリッチ テキスト エディターを使用して、より簡単かつ直感的にブログを作成する。

    新しいリッチ テキスト エディター

  • ページを表示したまま、ローカル コンピューターやネットワーク上の画像や写真を参照してブログに挿入する。

  • ブログを月別およびカテゴリ別に表示する。各月または各カテゴリの投稿数をリアルタイムで確認できます。新しいアーカイブ リンクを使用すると、ブログ開始以降のすべての月のビューにアクセスでき、各月では、投稿がカテゴリ別に一覧表示されます。

モバイル デバイスから SharePoint の情報を表示して作業する   

小型デバイスの表示用に最適化された SharePoint Web ページで、ドキュメント、スケジュール、バックエンドのビジネス データ、およびサイトを携帯電話で表示して操作できるようになりました。SharePoint の携帯電話に関する新機能では、次のようなことができます。

  • 軽量のインターフェイスとナビゲーションを使用して、SharePoint ドキュメント ライブラリ、リスト、Wiki、ブログ、および Web パーツ ページにアクセスする。

  • 仕事仲間のスケジュールと行き先を確認する。

  • SharePoint のドキュメント、または任意のドキュメント ライブラリやリストに対する変更に関してテキスト メッセージ (SMS) の通知を購読する。

ページの先頭へ

サイトの管理とカスタマイズ

アクセス許可の管理、サイト デザイン、および多言語に対応したユーザー インターフェイスに関連したいくつかの新機能によって、SharePoint サイトとコンテンツの使用、デザイン、およびアクセスの方法が最適化されます。

新しいアクセス許可管理ツールを使用して特定のユーザーまたはグループのアクセス許可レベル (アイテムレベルのアクセス許可など) を表示して調整する   

新しい権限機能

各サイト コレクション、サイト、リスト、またはリスト アイテムから使用できる新しいアクセス許可管理によって、ユーザーやグループの追加または削除、アクセス許可レベルの変更、継承設定の解除、および匿名アクセスの管理を、簡単に実行できます。また、特定のユーザーまたはグループに付与されたすべてのアクセス許可レベルを表示して調整できます。

新しくサポートされるテーマ ファイルを使用してサイトの色やフォントを変更する   

サイトのテーマの設定

新しいテーマ ギャラリーを使用して、SharePoint Foundation に用意されているいくつかのテーマから選択します。Microsoft PowerPoint で独自のテーマ ファイルを生成し、ギャラリーに追加して選択することもできます。

サイトの言語を変更してサイトを各国の言語に対応させる   

適切な言語パックがインストールされていれば、設定ページ、ヘルプ、およびアプリケーション コンテンツ (リストのタイトル、列の名前など) を好みの言語で表示できます。

ページの先頭へ

Business Connectivity Services

Business Connectivity Services (BCS) により、基幹業務アプリケーションなどの外部データと SharePoint の統合が実現します。BCS は、Microsoft Office SharePoint Server 2007 で導入されたビジネス データ カタログ (BDC) テクノロジを基に構築されています。BCS を使用すると、次の操作を行うことができます。

  • XML エディターを使用せずに、SharePoint Designer の視覚的なインターフェイスを使用して外部コンテンツ タイプ (以前は "エンティティ" と呼ばれていました) をより簡単に定義できます。

  • さまざまなデータ ソース (リレーショナル データベース、SAP、Web サービス、およびカスタム アプリケーション) に接続し、作成、読み取り、更新、および削除の完全なサポートなど、これらのデータ ソースを多彩な方法で操作できます。

新しい外部リスト機能を使用して外部のバックエンドのビジネス データをオフラインで操作できます。   

SharePoint の Business Connectivity Services で外部コンテンツ タイプから外部リストを作成して、SharePoint の外部にあるビジネス データを公開します。外部リストの導入により、次の操作を行うことができます。

  • SQL Server や SEIBEL などのバックエンド データベースのビジネス データを SharePoint リストに表示できます (このリストは、後でオフラインにすることができます)。

  • SharePoint の画面から、バックエンド データベースに書き戻すことができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×